265件中 61 - 70件表示
  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たコサキン

    コサキン二人が言うには、当時ゴールデンタイムはドラマ、ドキュメント、音楽番組の三つ巴で、バラエティというジャンルでゴールデンに入ってきたのは、萩本でこれにより現在のゴールデンのバラエティの飽和状態を招いたのは萩本に責任がある、としている。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た志賀勝

    萩本は一般の素人や、芸人以外の著名人などを積極的に番組に起用し、コメディーの才能を見抜いて引き出すことに長けていた。志穂美悦子(女優でスタントもこなす)、前川清(歌手、元々はクールな二枚目キャラクター)、内山田洋とクール・ファイブ(ムード歌謡グループ)、中原理恵(若手歌謡曲歌手)、真屋順子(元は正統派の舞台女優)、志賀勝(悪役俳優)など、それまでお笑いに縁がなかった面々を自分の世界に引き込み、世間に新たな側面を見出させた。さらに「欽どこ」で若原一郎を、「オールスター家族対抗歌合戦」で近江俊郎を人気復活に導き、タレントとしての才能を発揮させ、歌手時代を知らない若い世代にも知名度を広げた。また萩本はおしゃれカンケイに出演した際かつて司会を務めたスター誕生!の裏話として山口百恵が実は不合格だったが他の出演者がオーディションを行っている間、山口百恵は後ろの席に座ったまま身動き1つせずじっと他の出演者のオーディションを見ていた。その姿勢を見た萩本が『彼女(百恵)は必ず大物になる』とプロダクション側に訴えた結果不合格が合格になったと話した。その後山口百恵は1970年代を代表するアイドルへ成長することになる。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た萩本企画

    東京都台東区出身。浅井企画、佐藤企画(業務提携として所属)、萩本企画(個人事務所だが浅井企画の関連会社)所属。身長164cm、体重65kg。血液型はA型。駒込高等学校卒業。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たニッポン放送

    コント55号で人気絶頂期の頃の1971年、日本テレビ『スター誕生!』の初代司会者(司会は初めての経験)としてソロ活動を始める。ソロでも人気は安定であり、それ以降の主演のレギュラーにも結びついていく。翌1972年にはニッポン放送のラジオ番組『欽ちゃんのドンといってみよう!!』が開始。聴取者からのハガキ投稿が基本の番組で人気が上昇、1975年にニッポン放送と同じフジサンケイグループのフジテレビにて『欽ちゃんのドンとやってみよう!』として公開テレビ番組となる。当時同局で司会を担当していた『オールスター家族対抗歌合戦』(1972年?1986年、ただし萩本は1984年6月限りで司会を降板)で編み出したともいわれる、ゲストの家族や素人出演者へのツッコミぶり(いわゆる「素人いじり」)は、「欽ドン!」では素人主体で結成された「欽ドン劇団」や、ロケ先で道行く人々をも巻き込み大きく開花し、のちの番組においても一連の素人扱いぶりは天才的な至芸を極めた。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た浅井企画

    東京都台東区出身。浅井企画、佐藤企画(業務提携として所属)、萩本企画(個人事務所だが浅井企画の関連会社)所属。身長164cm、体重65kg。血液型はA型。駒込高等学校卒業。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た横浜スタジアム

    茨城GG監督勇退後の2011年4月12日に行われたプロ野球開幕戦「横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)対中日ドラゴンズ」戦(横浜スタジアム)にて、林文子横浜市長とともに始球式に登場。萩本は横浜のユニフォーム(背番号55)を着用し、おなじみの欽ちゃん走りで登場するなり、集まったファンの爆笑と拍手喝采を誘った。また同日、横浜の応援団長就任を宣言した(こちらも参照)。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た常田久仁子

    常田久仁子(元フジテレビプロデューサーで、「欽ドン!」のプロデューサーを務めた人物。萩本も母のような人と慕っていた。2010年11月3日逝去。)萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た齋藤太朗

    萩本は大のアドリブ嫌いと言われることが多い。コント55号のコントでもアドリブを連発する坂上二郎に対し、舞台裏では「二郎さんが台本通りやってくれない」と毎回楽屋で泣いていたという逸話がある。しかし齋藤太朗(日本テレビディレクター)の「台本どおりのコントをやって欲しい」との要求に対し「演者には演者としてのプライドがある」と反発し、舞台ではアドリブを連発していたとのエピソードもあり、決してアドリブ否定派だったわけではない。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た近江俊郎

    萩本は一般の素人や、芸人以外の著名人などを積極的に番組に起用し、コメディーの才能を見抜いて引き出すことに長けていた。志穂美悦子(女優でスタントもこなす)、前川清(歌手、元々はクールな二枚目キャラクター)、内山田洋とクール・ファイブ(ムード歌謡グループ)、中原理恵(若手歌謡曲歌手)、真屋順子(元は正統派の舞台女優)、志賀勝(悪役俳優)など、それまでお笑いに縁がなかった面々を自分の世界に引き込み、世間に新たな側面を見出させた。さらに「欽どこ」で若原一郎を、「オールスター家族対抗歌合戦」で近江俊郎を人気復活に導き、タレントとしての才能を発揮させ、歌手時代を知らない若い世代にも知名度を広げた。また萩本はおしゃれカンケイに出演した際かつて司会を務めたスター誕生!の裏話として山口百恵が実は不合格だったが他の出演者がオーディションを行っている間、山口百恵は後ろの席に座ったまま身動き1つせずじっと他の出演者のオーディションを見ていた。その姿勢を見た萩本が『彼女(百恵)は必ず大物になる』とプロダクション側に訴えた結果不合格が合格になったと話した。その後山口百恵は1970年代を代表するアイドルへ成長することになる。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た山本圭一

    しかし、2006年7月19日に遠征先の北海道にて所属選手の山本圭一(極楽とんぼ・当時)の17歳女性への性的暴行疑惑および吉本興業契約解除という一連の事件が起こった翌朝、集まった報道陣の前で『ことがことだけに山本だけが責められる問題ではない。野球を始めたのは僕なので、大好きな野球だけど辞めることにしました。ごめんなさい』と涙ながらにゴールデンゴールズ球団を解散することを発表したが、事件について言及されても一切語らず、コメントの締めに『野球、大好きだった』と自身のことだけを語り、その場にいた記者団から失笑されてしまった。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

265件中 61 - 70件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード