前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
408件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た落合博満落合博満

    第9回優勝者で、主に中日ドラゴンズ選手時代の落合博満のモノマネを行う。バットは応援用のカンフーバットを使用している。この他にも、第10回では広島東洋カープ時代の江夏豊、第11回では中日監督としての落合を披露するなど、レパートリーも幅広い。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 景浦安武

    景浦安武から見た落合博満落合博満

    ライバル球団、阪急ブレーブスの高井保弘に「わいの記録もいずれこいつに破られちまうわい」と言わしめその予言通り1980年には大島康徳のシーズン代打本塁打の日本記録を更新、更新の時の相手捕手はかつての監督である野村克也だった。1982年には代打だけで落合博満と本塁打王を争った。この年には死球の影響と思われる飛蚊症も発症したが、終盤戦までに治っている。また、1981年には西本幸雄監督の推薦でオールスターに出場し3試合連続代打本塁打を打ち、3試合連続でMVPとなっている(オールスター初出場は1976年)。景浦安武 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た落合博満落合博満

    1983年、戦力不足からチームは5位に終わり近藤が退任。1984年、山内一弘が監督に就任。初年度は巨人戦に14連勝するなどして2位となったが、その後は1985年・1986年と2年連続5位。山内は1986年シーズン途中で休養に追い込まれ、シーズン終了まで?木守道ヘッドコーチが監督を代行した。 シーズンオフに星野仙一が監督に就任。牛島、上川、桑田茂、平沼定晴との4対1トレードにより、ロッテオリオンズから2年連続三冠王の落合博満を獲得する。享栄高校から近藤真一がドラフト1位で入団。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • ベロベロベースボール

    ベロベロベースボールから見た落合博満落合博満

    1992年入団。物凄い性格は謙虚。同姓のオチアイ(落合博満)によく間違えられる。ベロベロベースボール フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た落合博満落合博満

    落合博満(2012年より・本数契約。フリー)スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • 高木守道

    高木守道から見た落合博満落合博満

    は優勝したヤクルトに前半大差をつけられるも、後半一時は逆転して首位に立った。最終的に2位となる。9月5日の対阪神21回戦で山本昌広を7回、トーマス・オマリーのソロホームラン1点だけで降板させた(点数も7-1)。そこから後続のピッチャーが8回1点、9回に8点を取られて大逆転負けを喫した。高木は試合後「私が悪かった」と選手に頭を下げ、シーズン終了後に「中日がペナントをとれなかったのは、この試合にある」とまでいわれた。また落合博満は後に自著でこの試合を振り返って「勝負ごとでは、おごりは禁物である。誤った采配を招くからである」と、中4日でこの試合でも102球投げていた山本を代えたのはまだしも、当時リリーフエースだった郭源治を出すタイミングを誤ったことに苦言を呈し、「何点勝っていても、手を緩めずに完璧に叩きのめされたことを、相手の記憶に植えつけなければいけない」と述べている。高木守道 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た落合博満落合博満

    前年に引退し、この年から1軍内野守備走塁コーチに就任した木村が亡くなった4月7日の阪神戦で、3回表2死1塁の場面に久保康友から本塁打を放つ。前年までの通算で162打数・37安打・打率.228と、苦手としていた阪神甲子園球場での初本塁打となり、ヒーローインタビューでは「本当に一人一人思うところがあって、そのなかでゲームをしたと思います。そういう意味で全員で勝利を掴みとれました。木村コーチに勝たせてもらったと思います」と語った。その後も好調を維持し、自己最悪の21打席無安打もあったがわかさスタジアム京都(旧西京極)の56年ぶりの試合で4安打2打点1本塁打の活躍から打率を下げることも無く.359 9HR29打点の好成績で通算8度目となる3、4月の月間MVPを授賞。5月30日の対西武戦で、岸孝之から史上24人目の350本塁打を放った。6月4日の対日本ハム戦で、金森敬之からバックスクリーンへ本塁打を放ち、史上18人目となる全球団から本塁打を達成した。最終的には3割30本を記録し、移籍後4年連続の3割30本と、王貞治の17年連続、落合博満の13年連続に次ぐ11年連続のOPS.900以上を達成した。この年で4年契約が終わり、11月29日の契約更改で新たに2年契約を結ぶ。オフには「世界の果てまでイッテQ」に出演。家族が大竹一樹(さまぁ〜ず)演じる「たけじろう先生」のファンであることから、企画への協力を快諾した。この回で行われた実験は「接着剤を万遍に塗ったバットでは、打撃の際にボールがバットにくっつくのか」というものであったが、結果は小笠原が右翼方向に安打性の当たりを放つ。その後接着剤の量を2回増量して再度実験したが、いずれも小笠原が勝ったため、「科学的な接着剤よりも小笠原のフルスイングが上回った」という結果に至った。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た落合博満落合博満

    監督就任4年目、主砲・原辰徳を前年の故障で欠き、落合博満を中日ドラゴンズが獲得するなど、チームはかつてない危機を迎えていた。しかし、中日との開幕戦での西本聖の完封勝利でのシーズンが幕を開ける。またウォーレン・クロマティを4番に据え、抑えに回った鹿取義隆と、2年目19歳のエース桑田真澄、復活した江川卓を軸に若手投手陣は躍動する。攻撃面も打撃ベスト10に篠塚利夫、吉村禎章、中畑清、復帰した原とクロマティの5人が3割を記録した強力打線であったため、終わってみれば独走でのリーグ優勝であった。しかし、日本シリーズで西武ライオンズに2勝4敗で敗れ日本一にはなれず、「巨人の監督」としての手腕はあまり高くは評価されなかった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た落合博満落合博満

    「ハマの大魔神」として抑え専門で活躍した佐々木主浩が全セの先発を担った第1戦は1点を争う好ゲームとなり、全セが1点ビハインドで迎えた8回裏、主砲・落合博満の1発で同点に追いつき、そのまま引き分けに持ち込んだ。続く第2戦も1点を争う展開となるも松井秀喜(巨人)、金本知憲(広島)のバットで7-6でからくも勝利をもぎ取った。1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 里中智

    里中智から見た落合博満落合博満

    プロ入りして初の実戦となったオールスターではブルペンで捕手をしていた土井垣将には「プロ相手に通用する球ではない」と思われた。その土井垣の考え通り、なんとか二死をとったものの、野村謙二郎・落合博満・江藤智を出塁させ、満塁で松井秀喜を迎える。松井への最後の1球で初めてスカイフォークを披露し、空振りさせたものの山田は後逸。振り逃げが適用される状況だったが、松井はスカイフォークの落差に唖然となり走らなかった。里中智 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
408件中 1 - 10件表示

「落合博満」のニューストピックワード