前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
464件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た落合博満落合博満

    第9回優勝者で、主に中日ドラゴンズ選手時代の落合博満のモノマネを行う。バットは応援用のカンフーバットを使用している。この他にも、第10回では広島東洋カープ時代の江夏豊、第11回では中日監督としての落合を披露するなど、レパートリーも幅広い。近年では、山本昌(第17回、第20回、第22回)、大豊泰昭(第18回、第21回)、横浜監督時代の権藤博(第18回)、楽天監督時代の星野仙一(第18回、第20回)及び野村克也(第20回)、達川光男(第19回,第22回)、小松辰雄 、中日監督時代の近藤貞雄(第21回)、八重樫幸雄(第21回、第22回)、岩瀬仁紀、加藤博一、長嶋茂雄(第22回)を披露するなど、更に幅が広がっている。第3回紅白では、大学時代に似ていると言われていたという経歴を買われ、野球関係者ではない田中康夫のモノマネでも出演した。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 景浦安武

    景浦安武から見た落合博満落合博満

    ライバル球団、阪急ブレーブスの高井保弘に「わいの記録もいずれこいつに破られちまうわい」と言わしめその予言通り1980年には大島康徳のシーズン代打本塁打の日本記録を更新、更新の時の相手捕手はかつての監督である野村克也だった。1982年には代打だけで落合博満と本塁打王を争った。この年には死球の影響と思われる飛蚊症も発症したが、終盤戦までに治っている。また、1981年には西本幸雄監督の推薦でオールスターに出場し3試合連続代打本塁打を打ち、3試合連続でMVPとなっている(オールスター初出場は1976年)。景浦安武 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た落合博満落合博満

    そこでは前年3割を打ったにも関わらず、。開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切り、4月25日の巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦で地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日のオリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満監督(当時)をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た落合博満落合博満

    シーズンオフに星野仙一が監督に就任。牛島、上川、桑田茂、平沼定晴との4対1トレードにより、ロッテオリオンズから2年連続三冠王の落合博満を獲得する。享栄高校から近藤真一がドラフト1位で入団。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た落合博満落合博満

    監督就任4年目、主砲・原辰徳が開幕直前に肉離れを起こして開幕に間に合わず、落合博満を中日ドラゴンズが獲得するなど、チームはかつてない危機を迎えていた。しかし、中日との開幕戦での西本聖の完封勝利でのシーズンが幕を開ける。またウォーレン・クロマティを4番に据え、抑えに回った鹿取義隆と、2年目19歳のエース桑田真澄、復活した江川卓を軸に若手投手陣は躍動する。攻撃面も打撃ベスト10に篠塚利夫、吉村禎章、中畑清、復帰した原とクロマティの5人が3割を記録した強力打線であったため、終わってみれば独走でのリーグ優勝であった。しかし、日本シリーズで西武ライオンズに2勝4敗で敗れ日本一にはなれず、「巨人の監督」としての手腕はあまり高くは評価されなかった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • ベロベロベースボール

    ベロベロベースボールから見た落合博満落合博満

    1992年入団。物凄い性格は謙虚。同姓のオチアイ(落合博満)によく間違えられる。ベロベロベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見た落合博満落合博満

    元ネタは秋田県出身でロッテオリオンズに在籍していた落合博満(元中日ドラゴンズ監督)。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見た落合博満落合博満

    は本塁打を量産し、9月5日の西武戦(西武ドーム)でパ・リーグの外国人で史上初となる50号を放ち(パ・リーグで50本塁打は1986年の落合博満以来15年ぶり、プロ野球の外国人では1985年のランディー・バース以来16年ぶりの快挙となった)、9月8日のダイエー戦(大阪ドーム)で51号と52号の2本塁打を放ち1963年の野村克也、1985年の落合博満の記録に並び、9月9日のダイエー戦(大阪ドーム)でパ・リーグの選手としては史上最多本塁打となる53号を放った。9月12日のロッテ戦(大阪ドーム)でランディー・バースに並ぶ54号を放ってから6試合は本塁打は出なかったが、9月24日の対西武戦(大阪ドーム)で松坂大輔から本塁打を放ち、王貞治以来の当時の日本タイ記録となるシーズン55本塁打を達成してパ・リーグ優勝に貢献、初のMVPにも選出された。日本シリーズでも第2戦で決勝3ラン本塁打を放つなど活躍し、チームは日本一を逃したが打線の不調の中で気を吐き敢闘選手賞を受賞した。なお第4戦でも本塁打を放ったが、日本一を決められた第5戦ではチームは本塁打を打てなかったためローズは近鉄球団の日本シリーズでは最後に本塁打を放った打者となった。には打点王を獲得。は51本塁打を放ち、3度目の本塁打王獲得(当時、外国人選手の受賞回数最多タイ)。また、3年連続ベストナインにも選出された。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 森繁和

    森繁和から見た落合博満落合博満

    1976年のプロ野球ドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受けたが「私にはまだ足らない所がある」と両親や監督を同伴せずひとりで金田正一監督のもとを訪れた上で断りを入れて入団を拒否し、住友金属へ入社。の第48回都市対抗野球大会に出場するが、1回戦で東芝に延長14回の熱戦の末に敗退。同年の社会人野球日本選手権大会では中村裕二とバッテリーを組み4連勝、決勝で電電四国を降し初優勝を飾る。この大会では最高殊勲選手賞を受賞。国際試合では、同年の第3回インターコンチネンタルカップ日本代表に選出された。また、には後に中日で監督とコーチの関係となる落合博満らとともに、第25回アマチュア野球世界選手権日本代表にも選出された。しかし、同年の第49回都市対抗野球大会では1回戦の対日本楽器戦で頭部に死球を受け、骨折するアクシデントに見舞われた。森繁和 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た落合博満落合博満

    落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合の持論により、背番号を7から27に変更した。同年は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。移籍後初のシーズン100安打を打った。川上憲伸と共に2度目となる最優秀バッテリー賞を受賞した。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
464件中 1 - 10件表示

「落合博満」のニューストピックワード