408件中 91 - 100件表示
  • 2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た落合博満落合博満

    全パ・全セ両軍の監督は前年度にそれぞれリーグ優勝を果たした北海道日本ハムファイターズのトレイ・ヒルマン監督がパシフィック・リーグ、中日ドラゴンズ監督の落合博満がセントラル・リーグを指揮した。2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 古川慎一

    古川慎一から見た落合博満落合博満

    東都大学リーグ通算82試合出場、277打数70安打、打率.253、15本塁打、45打点。ベストナイン2回。4年生秋のリーグで4試合連続本塁打を記録する。1984年ロサンゼルスオリンピックにも出場。プロ初年度より中軸を任され、落合移籍後のロッテ中心打者としての期待がかかるも伸び悩むこととなった。古川慎一 フレッシュアイペディアより)

  • ガッツナイター最前線

    ガッツナイター最前線から見た落合博満落合博満

    2007年度までは試合前の直前情報・解説者から今日の聴きどころ・試合がない日や月曜日には、選手のインタビューを放送したり、スポーツニュースを届けていた。また、デーゲーム中継終了後の放送となった場合は、デーゲームの分析や監督コメントが放送される。ガッツナイター最前線 フレッシュアイペディアより)

  • ボールインプレイ

    ボールインプレイから見た落合博満落合博満

    しかし、球審の橘高淳は、野田が谷繁にタッグしてタッグアウトになったと宣告していた。そのため中日の監督・落合博満は谷繁が先にタッグアウトになったならば二塁はフォースプレイでなく、一塁走者は二塁でアウトになっていないと抗議した。審判団がこの抗議を認めると、次に西武の監督・伊東勤が、二塁塁審がアウトを宣告したのだから二塁はアウトであると抗議した。試合は49分間中断したが、結局二死二塁で再開された。ボールインプレイ フレッシュアイペディアより)

  • 島村俊治

    島村俊治から見た落合博満落合博満

    2000年NHKを定年退職し、フリーとなる。落合博満は週刊ベースボールのコラムに「野球が分かっているアナウンサーがまた一人いなくなる」と執筆している。以後は民放のBS・CS放送を中心にJ SPORTSでのプロ野球中継やWOWOWでのテニス中継などで活躍。柔らかい語り口で今でも人気を得ている。フジテレビONEでは「さらば、愛しきプロ野球」のインタビュアーも務めている。フリーになってからはNHKの番組出演は未だにないものの、2012年にNHKオンライン内の特設サイト「全力応援!ニッポンRoad to London」にあるオリンピックコラムの執筆者(過去にオリンピック中継に携わったアナウンサーや記者)の一人としてNHKから依頼を受けた仕事に携わっている。島村俊治 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田市八橋運動公園硬式野球場

    秋田市八橋運動公園硬式野球場から見た落合博満落合博満

    八橋球場は戦後秋田県内の野球の中心的な存在となり、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が現在に至るまで行われている他、2002年まではプロ野球公式戦も開催された。特にプロ野球では地元・秋田県南秋田郡若美町(現男鹿市)出身の落合博満(前中日ドラゴンズ監督)が現役時代、ロッテオリオンズに在籍していた頃にはロッテ主催のパ・リーグ公式戦がほぼ毎年開催されており、落合にとっては凱旋試合でもあったため、地元から大勢のファンが詰め掛けたという。秋田市八橋運動公園硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 高木大介

    高木大介から見た落合博満落合博満

    入社以来テレビ愛知のスポーツアナウンサーを務めており、同局の中日ドラゴンズ戦中継の実況を担当している。また、2006年からはプロ野球のシーズン開幕前に、中日スポーツの紙面で在名民放各局代表のスポーツアナウンサーがドラゴンズについて語るという企画に参加している。2007年の日本シリーズでは第5戦でドラゴンズ53年ぶりの日本一を中継したこともあり、落合博満監督の優勝インタビューを担当した。2010年10月30日の日本シリーズ第1戦では実況を担当した。これまでの中日ホームゲームの日本シリーズ中継はテレビ東京の主導だったため、高木はそれまでリポーターを務めていたが、この試合はローカル放送(テレビ大阪にネット)だったので実況できた。高木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼定晴

    平沼定晴から見た落合博満落合博満

    落合博満が中日に1対4でトレードされた際、上川誠二、牛島和彦、桑田茂3選手とともにロッテに移籍した。また、1996年には仁村徹、酒井忠晴、山本保司との3対3トレードで前田幸長、樋口一紀とともに中日に復帰。2度の大型トレードによって古巣復帰を果たした珍しい選手である。平沼定晴 フレッシュアイペディアより)

  • エキサイトスタジアム

    エキサイトスタジアムから見た落合博満落合博満

    第11回 12/15 橋本清・落合博満(中日ドラゴンズ監督・ただし橋本とのインタビューの録音を放送する形での出演)・新井麻希(小笠原アナは欠席)エキサイトスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 吉田義人

    吉田義人から見た落合博満落合博満

    秋田工業高校では1年時からレギュラーとなり(名門チームの歴史においては、野球部と掛け持ちしていた落合博満にもできなかった偉業)全国制覇。吉田義人 フレッシュアイペディアより)

408件中 91 - 100件表示

「落合博満」のニューストピックワード