464件中 91 - 100件表示
  • 1981年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1981年のパシフィック・リーグプレーオフから見た落合博満落合博満

    日本ハムは初回、2つの犠飛で2点を先制。その裏ロッテはこの年の首位打者、落合博満のタイムリーヒットで1点を返し、2回庄司のタイムリーと押し出し四球で逆転。6回にも追加点を挙げて2点差とした。2点差で迎えた9回、日本ハムは村井英司と井上弘昭のタイムリーヒットで追いつき、結局9回時間切れ引き分けとなった。試合時間5時間17分は9イニングの試合としてはプロ野球で公式に行われた試合の中で最長記録。1981年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 村越茶美雄

    村越茶美雄から見た落合博満落合博満

     そのほかの主なエピソードとしては1984年4月3日西武球場で行われた西武対ロッテの試合で右翼外野審判を務めていたが、ロッテ落合博満の打球がフェンスに当たった後村越の顔面に直撃し担架で運ばれて退場した。村越茶美雄 フレッシュアイペディアより)

  • 参稼報酬調停

    参稼報酬調停から見た落合博満落合博満

    1993年の高木豊選手の際には、2年前の落合博満選手の際との理由の違いに批判が出た。落合の際は下位球団の経営安定の必要性を強調して球団提示額どおりとなったが、高木の際には「弱い責任はチームにもある」「上位球団でも下位球団でも契約金額に不均衡が生じないように努めること」といった理由が挙げられ、球団提示額より500万円以上増額の結果となったためである。参稼報酬調停 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ベースボール

    週刊ベースボールから見た落合博満落合博満

    2000年代前半に連載。落合博満・梨田昌孝・江夏豊がそれぞれの野球哲学について語る、交代制のコラム欄。週刊ベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 一本列島

    一本列島から見た落合博満落合博満

    それでも建設したからには使用しなければ無駄になるということで、分割民営化の翌年になる1988年(昭和63年)に両路線を予定通り在来線の海峡線(津軽海峡線)・本四備讃線(瀬戸大橋線)として開通させる事が決定、前者は3月13日、後者は4月10日に開業した。この時JRグループの作ったキャッチコピーが、「レールが結ぶ、一本列島。」であった。後にも先にもJRグループ全体でダイヤ改正をPRしたテレビCMを放映したのはこの時だけであり(各社が独自に製作したCMも別にあり、JR東海では当時中日ドラゴンズの主力選手であった落合博満を起用したりもしていた)、以後はJR各社が独自にダイヤ改正をアピールするテレビCMを制作することとなった。一本列島 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良原浩

    奈良原浩から見た落合博満落合博満

    二軍内野守備走塁コーチを務めたのち、より二軍野手コーチとなった。同年をもって落合博満が監督を辞任すると、10月6日付でヘッドの森繁和ら他の8人のコーチとともに退団が発表された。奈良原浩 フレッシュアイペディアより)

  • 昼神温泉

    昼神温泉から見た落合博満落合博満

    中日ドラゴンズで監督を務めた落合博満が、中日の選手時代に自主トレをこの地で行った。昼神温泉 フレッシュアイペディアより)

  • マイスポーツ

    マイスポーツから見た落合博満落合博満

    落合博満(当時ロッテ内野手)マイスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 美津和タイガー

    美津和タイガーから見た落合博満落合博満

    1970年代からは、阪神の主力選手(江夏豊・藤田平・掛布雅之)や、NPBの球史を彩る他球団の著名選手(落合博満・太田幸司・外木場義郎など)とアドバイザリースタッフ契約を締結。掛布は一時、当社のテレビCMにも出演していた。美津和タイガー フレッシュアイペディアより)

  • 早川和夫

    早川和夫から見た落合博満落合博満

    落合博満の著書「采配」では監督就任の8年間で監督の考えを理解し1番成長したコーチは早川和夫であり、12球団どこにいっても指導者として通用するまでになったと評価されている。早川和夫 フレッシュアイペディアより)

464件中 91 - 100件表示

「落合博満」のニューストピックワード