464件中 101 - 110件表示
  • 松本豊

    松本豊から見た落合博満落合博満

    ドラフト外で横浜大洋ホエールズに入団。には先発投手陣の一角を占め7勝をあげる。同じ秋田県出身の強打者落合博満に強く、当時の横浜大洋ホエールズの投手コーチ稲川誠によれば、「真っすぐが速く、真っすぐで落合(中日)を抑えられたのは松本だけでした」松本豊 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地恭一

    菊地恭一から見た落合博満落合博満

    卒業後は東芝に入社。都市対抗野球の常連として活躍し、社会人ベストナインにも2度選出される。1978年の都市対抗では3本塁打を放ち、チームの優勝に貢献。同年、当時のロッテオリオンズからドラフト2位指名されたが入団を拒否。この時の3位指名が落合博満だったが、社会人時代は同じ会社の別事業所チーム所属だった落合よりも評価が高かった。1981年の都市対抗でも2試合連続本塁打を放ち準優勝。同年、当時の横浜大洋ホエールズからドラフト2位指名され「(1981年にパ・リーグ首位打者を獲得した)落合さんがあれだけやれるなら」とプロ入りを決意する。菊地恭一 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪部貴大

    諏訪部貴大から見た落合博満落合博満

    『中日スポーツ』によると、諏訪部指名は中日スカウトの意志ではなく、当時監督の落合博満の意向で、ドラフト会議前日に急遽指名することになったという。諏訪部貴大 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ホワイト (野球)

    フランク・ホワイト (野球)から見た落合博満落合博満

    までは最多でも11本塁打であったが、徐々に長打力がつき、には17本塁打、には22本塁打を放つ。この年チームはALCSでトロント・ブルージェイズ相手に1勝3敗の不利な状態から3連勝してリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでもセントルイス・カージナルス相手に1勝3敗から3連勝して、球団創設以来初のワールドチャンピオンに輝く。にも22本塁打、自己最多の84打点を記録し、36歳にしてシルバースラッガー賞を受賞。この年出場したオールスターでは、マイク・スコットから本塁打を打った。出場するにあたって、チームのリー・メイ打撃コーチ(南海でプレーしたカルロス・メイの兄)から、「せっかく出るのならホームランを狙ってこい」と言われていた。開催地ヒューストン・アストロズのスコットに0ボール2ストライクと追い込まれたが、地元のファンが三球三振を望んでスコットに大声援を送っており、これにこたえて3球勝負をしてくると読み、思いっきり振ったところ、本塁打になったという。また同年オフには、メジャーリーグオールスターの一員として日米野球で来日。このシリーズではトニー・ペーニャ捕手(当時ピッツバーグ・パイレーツ)が座ったまま二塁に牽制球を投げて、落合博満を刺したプレーが有名になったが、この時の二塁手はホワイトであった。チームどころかリーグまで異なる選手との見事なコンビネーションであった。フランク・ホワイト (野球) フレッシュアイペディアより)

  • パロ野球ニュース

    パロ野球ニュースから見た落合博満落合博満

    第9巻 - 落合博満篇 - 1991年5月発売 - 落合博満(中日ドラゴンズ内野手)パロ野球ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のアジアシリーズ

    2007年のアジアシリーズから見た落合博満落合博満

    KONAMI CUP アジアシリーズ 2007(コナミカップ アジアシリーズ2007)は、2007年11月8日から11月11日まで日本の東京ドームで行われたプロ野球のアジアチャンピオン決定戦の大会である。落合博満監督が率いる日本代表の中日ドラゴンズが優勝し、日本代表チームが3年連続でアジアシリーズを制覇した。最優秀選手(MVP)には井端弘和内野手が選ばれた。2007年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東芝府中硬式野球部

    東芝府中硬式野球部から見た落合博満落合博満

    落合博満(内野手) - ドラフト3位でロッテオリオンズに入団東芝府中硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本透

    岡本透から見た落合博満落合博満

    初奪三振:同上、2回裏に落合博満から岡本透 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美徹也

    宇佐美徹也から見た落合博満落合博満

    上記の例が示す通り、数字の上で従来の記録を上回っても内実が伴わない記録や、「作為的に狙って作られた記録」「自チーム選手にタイトルを取らせるためのライバル選手への敬遠」等には批判的であった。1984年に阪神タイガースの福間納が、1961年に稲尾和久が作ったシーズン登板記録(78試合)を上回りそうになった時には、阪神の監督だった安藤統男に「稲尾の記録は400イニング以上を投げて作られたもので、中継ぎ登板だけで形だけの記録を作るべきではない」という趣旨の手紙を送っている。これが功を奏したかは不明ながら、福間の記録は稲尾に1試合少ないセリーグ記録(当時)の77試合に留まった。2001年に広島東洋カープの菊地原毅がワンポイントリリーフ中心に登板を重ねて稲尾と並ぶシーズン最多登板記録を達成した時にも「ただ数で並んだだけで、稲尾と比べればお話にならない」と断じた。また、首位打者争いの際、終盤の消化試合で打率1位と2位の選手が所属するチームが対戦する時「試合の勝敗も無視して打率1位の自軍選手を出場させず打率2位の相手選手を強引に全打席敬遠」という首位打者狙いの戦法については「(タイトルを)何としてでもとりたいし、とらせてやりたい気持ちもわからないではない。しかし、プロ野球選手は入場料を払って見に来たお客さんに最高のプレイを見せる義務がある。休んでまでタイトルを取ろうとする選手など減俸ものだし、休ませたりする監督など最低でどちらもプロとはいえない。そもそも折角の見せ場を自ら摘み取るようなことをして果たして興行といえるのか、そのような行為を『温情』という言葉で美化しているマスコミに至っては何をか言わんやだ」と切り捨て、その結果として生まれた松永浩美の11打席連続四球や、落合博満の1試合6四球のような記録に対しては「先人たちが汗と努力で築き上げた偉大な記録がこのような形で作られたものに取って変わられてしまうのは何とも悲しい限り」と著書で述べている。特に勝敗がセ・リーグ優勝チームを左右する試合でもあった1982年10月18日の大洋対中日戦で、大洋ベンチが打率1位の長崎啓二を出場させず、打率2位の中日・田尾安志を勝敗を度外視する形で全打席敬遠したことについては「明らかに敗退行為に当たり、マスコミやコミッショナーもこの事を殆ど問題提起しなかったのは不思議でならない」「巨人はこの試合の取り消し、再試合を要求するべきだった」と痛烈に批判している。宇佐美徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 平松一宏

    平松一宏から見た落合博満落合博満

    落合博満が新監督に就任した。この年は前年ケガでシーズンをほとんど棒に振った川上憲伸の復活や、横浜ベイスターズから移籍してきたドミンゴの活躍もあり、わずか3試合で1勝を挙げるに留まった。平松一宏 フレッシュアイペディアより)

464件中 101 - 110件表示

「落合博満」のニューストピックワード