464件中 121 - 130件表示
  • 富士シリシア化学

    富士シリシア化学から見た落合博満落合博満

    元々のきっかけは、1985年に当時ロッテオリオンズのコーチだった広野功から「バットを湿気から守りたい」という相談を受けたのが最初で、同社ではその相談を受けてバットの含水率を常に8%程度に保つ調湿剤とケースをセットで提供した。その第1号利用者となったのが当時ロッテ所属だった落合博満である。落合が同年と翌1986年に2年連続でパリーグの三冠王を獲得したことから、一気にその有用性がプロ野球界で広まったと言われる。富士シリシア化学 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1980年のパシフィック・リーグプレーオフから見た落合博満落合博満

    近鉄は1回・4回・6回と全て本塁打による得点でリードを奪う。近鉄先発の井本は4回に落合博満のタイムリーで1点を失ったのみで完投勝ちし、近鉄が先勝。1980年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の中日ドラゴンズ

    1992年の中日ドラゴンズから見た落合博満落合博満

    星野仙一から高木守道に監督が替わった中日は開幕戦で開幕投手の郭源治が4回途中にふくらはぎに痙攣を起こし65球で降板、また3番打者として7回に決勝本塁打を打った立浪和義も太腿の故障で戦列を離脱し、いきなり投打の主力を失う異常事態。さらに開幕3連勝と好調だった今中慎二も4月19日の巨人戦で打球が左手首を直撃し骨折、長期離脱を余儀なくされる。それでも6月上旬までは勝率5割前後と健闘していたが、6月中旬に4連敗を喫すると徐々に成績が下降、7月には落合博満の腰痛による登録抹消が響きついに最下位に転落し、8月にも8連敗・6連敗と負けが込み5位大洋に引き離される。8月末にようやく今中がローテーションに復帰し、チームも9月に6連勝を記録したが時すでに遅く、10月6日に12年ぶりの最下位が決定した。1992年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ドラゴンズ

    月刊ドラゴンズから見た落合博満落合博満

    一軍・二軍の試合記録〔スコア、寸評、オレ流語録(中日スポーツで掲載されているものと同様。但し全試合分ではなく、一部試合のみ)〕などが記載される。二軍の場合は所属するウエスタン・リーグの各種記録(順位表、個人投手10傑)・ドラゴンズ二軍の投打成績も合わせて記載される。月刊ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤政隆

    遠藤政隆から見た落合博満落合博満

    ''は不調で22試合の登板に終わった。この年は新監督に落合博満が就任し、チームも5年ぶりにリーグ優勝したが、自身は全く力になれなかった。遠藤政隆 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津木妙子

    宇津木妙子から見た落合博満落合博満

    プロ野球中日ドラゴンズ(特に立浪和義選手)との親交が深く、ソフトボール日本代表やルネサス高崎が中日の沖縄キャンプで合同練習を行っている。2006年の沖縄キャンプでは2月22日に訪れ、宇津木自らが中日の野手に約2時間、約1000本の速射ノックを浴びせ、中日の選手達はそれぞれ井端弘和が「(自分達の)落合博満監督よりきつい、本当にいやらしい」、立浪和義が「(一緒に受けた)あの子(三科真澄)はタフですよ」、柳田殖生が「左右に振られてばっかり、(それまでのキャンプ中で)今日が一番きつかった」などと異口同音に驚いたが、宇津木自身は「前は3時間ぐらい打ったけど、年で体力が落ちてきて、きょうは全部で1000本ぐらいかな。距離があるし、力がなくなってきている。もうちょっとトレーニングしないと。」のコメントを残している。宇津木妙子 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハード打線

    ダイハード打線から見た落合博満落合博満

    試合数減少の影響もあり、リーグ総本塁打数は若干減少したもののリーグ平均打率.277と前年同様打高の年となったシーズン。リーグ平均打率が上昇した一方でダイエーは打率は.292と前年を下回ったもの、本塁打数は前年を上回る183本塁打を記録。特に松中は1986年の落合博満以来となる三冠王に輝き、2度目のシーズンMVPも受賞した。ペナントレースはレギュラーシーズンは1位で通過したもののプレーオフで敗退し2位となった。また、この年のオフにバルデスが戦力外通告を受け退団。ダイハード打線 フレッシュアイペディアより)

  • 宇井昇

    宇井昇から見た落合博満落合博満

    その53年後、自身が実況して以来53年ぶりの日本一となる2007年の日本シリーズ第5戦の模様を東京都江戸川区の自宅で観戦、「これまで『中日の日本一を見るまでは死ねない』と言っていた私ですが、思い残すことはありません。落合よ、落合よ。よくぞやってくれた」と感慨に浸った。その4か月半後に宇井は火災で焼死した。宇井昇 フレッシュアイペディアより)

  • 山内壮馬

    山内壮馬から見た落合博満落合博満

    には、7月21日にプロ入り後初の出場選手登録を果たすと、2日後の23日に地元・ナゴヤドームでの対広島東洋カープ戦で救援投手として一軍公式戦初登板。8月3日の登録抹消を経て、9月14日に再び登録されると、同日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で一軍での先発デビューを果たした。しかし、横浜打線に3本の本塁打を許すなど、4回裏までに4点を失って降板。降板の直後には、試合が続いていたにもかかわらず、一軍監督の落合博満から名古屋への帰還を命じられた。結局、わずか1日で再び登録を抹消されると、そのまま二軍でシーズンを終えた。山内壮馬 フレッシュアイペディアより)

  • 首位打者

    首位打者から見た落合博満落合博満

    最多本塁打、最多打点はそれぞれ本塁打、打点が減ることがない記録であり、打席数の多い選手ほど有利であるのに対し、首位打者は打率が増減するため、必ずしも打席数の多い選手が有利とはならない(3度の三冠王に輝いた落合博満も、三冠のタイトルで一番難しいのは打率と述べている)。そのため、僅差の首位打者争いがシーズン終盤まで続くと、首位打者をキープしている選手を打率が下がらないよう欠場させたり、守備をさせるだけですぐにベンチに下げたりして打席に立たせず、さらにはライバルと相対した時に四球で歩かせて打率を上げさせないようにすることがあり、物議を醸すことがある。詳細は故意四球を参照。また逆に、僅差の首位打者争いで勝負すると美談として取り上げられることもある。首位打者 フレッシュアイペディアより)

464件中 121 - 130件表示

「落合博満」のニューストピックワード