464件中 11 - 20件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た落合博満落合博満

    打撃のコツについては、後年、バッターボックスでの構えについて「雨の日の立ち小便」(リラックスしながら腰を落とす)のように構えるとよい、と語ったこともある。現役時代、天才または運と呼ばれたことに対して、「ある日突然バッティングの才能が目覚めるなんてことは絶対ない。半狂乱になってバットを振って振って振りまくった人だけに打撃の極意というものは見えるんです」と語っている。キャンプなどでも張本は布団の横にバットを置いていて、夜もたびたび起き上がって素振りをしていたという。山崎正之は張本とキャンプで相部屋になった際に、張本が毎夜寝ている自分の数十センチ上で素振りを繰り返すため、寝るに寝られず睡眠不足になり、「あれほど不気味な風の音を聞いたことはない」と振り返っている。後年、張本は落合博満が三冠王を獲得した頃に自分の手について「柔らかいでしょう。とてもたくさん素振りしているような手ではないですよね」と語っていることに対して、「あれは落合の謙遜。彼の手は本当にバットを振り込んだ手だ」と述べている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木主浩

    佐々木主浩から見た落合博満落合博満

    はスプリングトレーニングでホセ・メサとクローザーの座を争い、開幕5日前の3月30日にクローザーに指名される。4月5日のボストン・レッドソックス戦でメジャー初登板。この時セーフコフィールドの電光掲示板には「ようこそマリナーズ 大魔神」という日本語の電光文字と共に“DIAMAJIN”と文字が逆に表示されるハプニングもあった。しかし5月10日のテキサス・レンジャーズ戦でデビッド・セギーに(1991年に落合博満に打たれて以来となる)サヨナラ本塁打を浴び、12日のオークランド・アスレチックス戦でもマット・ステアーズにサヨナラ本塁打を浴びて中継ぎに降格。しかしその後クローザーを務めたホセ・メサも23日のボルチモア・オリオールズ戦でサヨナラ本塁打を浴びたため、再びクローザーとして起用される。6月6日のコロラド・ロッキーズ戦では村上雅則と長谷川滋利に並ぶ日本人最多タイの9セーブ目を記録し、12日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で日本人最多の10セーブ目を挙げた。オールスターゲームに選出されることはなかったが、出場選手全員のサインがされた佐々木のユニフォームをアレックス・ロドリゲスから貰い、「一生の宝物です」とコメントした。佐々木主浩 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た落合博満落合博満

    は自身初の開幕4番スタートだったが、5月からは落合博満が4番に返り咲き、松井は3番に戻った。その後チームの上昇と共に成績も上昇し、夏場には7月、8月と2か月連続で月間MVPを獲得するなど、大逆転優勝に大きく貢献。初のセ・リーグMVPを受賞した。リーグ最終戦まで山崎武司、大豊泰昭と本塁打王を争っていたが、山崎に1本リードされて迎えた10月8日シーズン最終戦の中日戦では長嶋の配慮で自身初の1番打者として出場したが、4打席すべてで敬遠されてタイトルを逃した(結果は山崎が39本で本塁打王に輝いた)。観客席の巨人ファンからは罵声が飛び交ったが、松井自身は「しょうがない。タイトルを取れなかったのは、悔しいけど、(高校時代の)五打席連続敬遠の方が悔しかった」と、比較的サバサバした様子だった。それでも、22歳での38本塁打は王貞治に並ぶ年齢別最多本塁打記録。また、同一投手からのシーズン最多本塁打のタイ記録の7本塁打を斎藤隆から放った。この年の斎藤隆との対戦成績は25打数7安打で、安打のすべてが本塁打であった。最終的に130試合に出場し、打率3割1分4厘、38本塁打、99打点の成績を残した。この年は日米野球に出場し、敬遠されたことでも話題になった。尚、この時の松井の敬遠以降は日米野球では日本の打者が敬遠されることは長らくなく、2014年に松田がされるまでなかったという。契約更改では倍増の1億6000万円で一発サインした。高卒選手ではイチローと並ぶ史上最短(当時)の入団4年目で1億円プレーヤーの仲間入りを果たした。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た落合博満落合博満

    清原本人も自分は恵まれすぎていると自認していたが、それだけにジレンマを感じていた事とFAの資格を得て、巨人への移籍が可能になったことから、オフにFA宣言。巨人と阪神が獲得に名乗りを上げた。阪神監督・吉田義男の「(ユニフォームの)縦縞を横縞に変えてでも…」、巨人監督・長嶋茂雄の「僕の胸に飛び込んできなさい」という口説き文句が話題となった。5年契約で念願の巨人に移籍し、背番号は長嶋が自らの永久欠番3を譲る考えも明らかにしたが、「5」に決定(ただし提示された契約金は阪神の方が倍近く高かった。当時阪神で背番号3をつけていた八木裕も清原加入の際は同番号を譲る意思を表明していた)。なお、清原加入により巨人の一塁を守っていた当時43歳の落合博満が出場機会を求め日本ハムに移籍。巨人退団会見にて落合は「清原君と勝負して負けるとは思わないが、(落合と清原の)どちらを使うかで悩む長嶋監督の顔は見たくない」と落合の自著「不敗人生」で記述している。3番・松井秀喜とのコンビは「MK砲」と呼ばれた。後に高橋由伸が加わり「MKT砲」となる。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 野球好きニューススペシャル マル秘メジャー

    野球好きニューススペシャル マル秘メジャーから見た落合博満落合博満

    落合博満(中日ドラゴンズ監督)森繁和(中日ドラゴンズヘッドコーチ)福留孝介(シカゴ・カブス)野球好きニューススペシャル マル秘メジャー フレッシュアイペディアより)

  • ねじめ正一

    ねじめ正一から見た落合博満落合博満

    杉並区立高円寺中学校時代には野球部に入り練習に明け暮れ、かつては草野球チーム「ファウルズ」に所属し、年間数十試合をこなしたほどの野球好きで知られる。また、熱狂的な長嶋茂雄、巨人ファンとしても有名である。2007年頃からは落合博満のファンであると公言。きっかけは、第2次長嶋政権下の巨人時代に落合が移籍してきた際の「長嶋監督を胴上げするためにやってきました」のひとこと・顔の表情を見ているうちに、ねじめ自身と落合が重なる部分が出てきたことにより、より興味が湧いたという。ねじめ正一 フレッシュアイペディアより)

  • 若山かずさ

    若山かずさから見た落合博満落合博満

    1997年、落合博満とのデュエット曲「抱かれて乾杯」をリリース。若山かずさ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の野球

    1996年の野球から見た落合博満落合博満

    7月3日 - 巨人の落合博満が通算500本塁打達成。1996年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 首位打者 (日本プロ野球)

    首位打者 (日本プロ野球)から見た落合博満落合博満

    落合博満:5回(1981年 - 1983年、1985年、1986年 右打者パ・リーグ記録)首位打者 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 城之内邦雄

    城之内邦雄から見た落合博満落合博満

    二度目の引退後はからまでロッテの二軍投手コーチ、からまでスカウトを務め落合博満を担当した。古巣の巨人でからまでスカウト(肩書は編成部専任次長)を務めた。城之内邦雄 フレッシュアイペディアより)

464件中 11 - 20件表示

「落合博満」のニューストピックワード