408件中 11 - 20件表示
  • 牛島和彦

    牛島和彦から見た落合博満落合博満

    オフ、ロッテオリオンズの主砲落合博満と1対4の大型トレードが発表される。最後まで納得せずに抵抗するが、星野仙一新監督が自宅に出向き牛島を説得した。そして、、落合とのトレードで上川誠二・平沼定晴・桑田茂と共にロッテへ移籍した。移籍に当たっては当時の星野監督が「将来中日の指導者として呼び戻すから」と言ったが、結局中日復帰は実現せず口約束で終わっている。牛島和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た落合博満落合博満

    に肩を故障するまでは、「わかっていても打てない」と言われた最高149km/hの速球が投球の99%を占め、フォークボールやカーブはわずかに投げる程度だった。左腕の球速は右腕の10km/h増に感じるとも言われ、日本ハム時代の落合博満は「完璧に読んでもライト前ヒットが精一杯」と河本の速球を評している。なお、この速球はムーヴィング・ファストボールだったともいう。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た落合博満落合博満

    オリックスは、第1戦のイチローの決勝本塁打で勢いが付いた。また、ニールも2点適時打を3本放つなどチャンスに強いバッティングで勝利に貢献し(第2戦は勝利打点を挙げる)、シリーズMVPを獲得。守備面も、特に試合後半における小刻みかつ積極的な継投と、本西を筆頭とした鉄壁の守備固めなど、シーズンそのままの安定した試合運びで巨人に付け入る隙を与えなかった。特に第2戦までに、試合終盤で松井秀には野村貴仁を、落合博満には鈴木平を当てる継投の方程式を確立したことが最大の勝因となった。なお、この継投の方程式を確立したのは、現役時代に日本シリーズで「(ON有する川上)巨人に敗れ(特に1971年)、そして(第一次長嶋)巨人を倒した(1976年・1977年)」阪急(オリックスの前身)のエースであった山田久志(本シリーズでは、オリックス投手コーチ)であったが、山田は日本シリーズでの勝利後に辞意退団してしまった。1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 石嶺和彦

    石嶺和彦から見た落合博満落合博満

    は打撃三部門の成績がいずれも前年より上がり、ともに藤井康雄に次ぐチーム2位の24本塁打、77打点の成績を残している。また、同年よりNPBに導入されたFAの権利を取得し、松永浩美、駒田徳広に続くNPB史上3例目のケースとして、11月7日にその行使を宣言した。数年前から他球団でのプレーを希望しており、獲得する球団があるか不安だが悔いを残したくない、と語っている。オリックス以外の球団との交渉が解禁された11月28日には、落合博満の移籍が濃厚な中日球団代表の伊藤一正や、平野謙が退団した西武監督の森祇晶と会談した。両球団ともに年俸はFA規約の上限となる前年比1.5倍の1億200万円(推定)を提示し、西武からは左翼手・クリーンナップでの起用を明言されたという。また、中日からは名古屋の住宅の提供と引退後に中日グループで評論家として便宜を図ること、西武からは関東地方への転居のために支度金3,000万円の提供がそれぞれ約束された。11月30日には松永とジム・パチョレックの抜けた打線を強化したい阪神タイガース監督の中村勝広や球団社長の三好一彦と会談し、同じく年俸1億200万円と外野手・クリーンナップとしての起用を約束された。12月1日には沖縄県で栽弘義にも相談し、15年住んで宝塚市に自宅も買った関西から離れ難く、阪神ファンの熱烈な応援に惹かれた事から12月2日に阪神への入団を決めている。なお、この入団で阪神では初めて年俸が1億円を超える選手となった。またオリックスは石嶺の背番号3をにクリス・ドネルスが入団するまで欠番にしている。石嶺和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た落合博満落合博満

    その後は中継ぎで起用され、特に、は防御率1点台でシーズンを終えるなど、首脳陣の信頼を勝ち取っていく。には落合博満より抑えに指名されるが、開幕直前に自宅の浴室で転倒して左足小指を骨折。その影響もあってか前半戦は不調が続いたが、2勝3敗22セーブの成績でチームの5年ぶりの優勝に貢献した。8月に行われたアテネオリンピック野球日本代表にも選出された。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た落合博満落合博満

    7月20日 - ガリバーオールスターゲーム2007第1戦が東京ドームで行われ、オールセントラルがオールパシフィックを4?0で降した。MVPには先制2ランホームランを放ったアレックス・ラミレス外野手(ヤクルト)が選ばれた。なお、オールセントラルの落合博満監督(中日)は、1イニングごとに投手を代え、9投手を登板させた。オールスターでの1チーム1試合最多登板投手は従来8人だったが、これを9人に塗り替えた。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の野球

    1996年の野球から見た落合博満落合博満

    7月3日 - 巨人の落合博満が通算500本塁打達成。1996年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 野口茂樹

    野口茂樹から見た落合博満落合博満

    にプロ初完投勝利を含む5勝全てを完投であげる。8月11日の東京ドームでの対巨人戦では四死球を6個与えながらもノーヒットノーランを達成(リードした捕手は矢野輝弘)。8月31日ナゴヤ球場での巨人戦で相手の四番落合博満に死球を与え、骨折させてしまった。野口茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た落合博満落合博満

    本項では、2007年の日本シリーズ第5戦において、中日ドラゴンズ監督の落合博満・投手コーチの森繁和が行った完全試合目前だった山井大介から岩瀬仁紀への継投について記述する。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • 平田良介

    平田良介から見た落合博満落合博満

    大阪桐蔭高では1年夏から6番でレギュラー、秋から4番を任され、落合博満ばりの神主打法で高校通算70本塁打を放つ。高校時代は辻内崇伸と同期で、2学年後輩に中田翔がいた。平田、辻内に加えて近大附の鶴直人、履正社の岡田貴弘らの4人は「浪速の四天王」とも呼ばれ、全員がドラフトの目玉として注目された。平田良介 フレッシュアイペディアより)

408件中 11 - 20件表示

「落合博満」のニューストピックワード