408件中 21 - 30件表示
  • 高畠導宏

    高畠導宏から見た落合博満落合博満

    しかし1977年、野村監督解任に伴い江夏豊、柏原純一と共に球団に反旗を翻し、選手専念となった野村と共にロッテオリオンズに移籍。野村はわずか1年でロッテを退団するが、高畠はその後もロッテに残り、1988年までの12年間で落合博満や水上善雄らを育成。選手から多大なる信頼を得る。当時のロッテからは落合をはじめ高沢秀昭(1988年)、西村徳文(1990年)など多くの首位打者が生まれた。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • ねじめ正一

    ねじめ正一から見た落合博満落合博満

    2007年頃からは落合博満のファンであると公言。きっかけは、第2次長嶋政権下の巨人時代に落合が移籍してきた際の「長嶋監督を胴上げするためにやってきました」のひとこと・顔の表情を見ているうちに、ねじめ自身と落合が重なる部分が出てきたことにより、より興味が湧いたという。また、2004年に落合が中日ドラゴンズの監督に就任してからは、他球団もバランスよく試合を見るようになったと同時に、2002年オフにニューヨーク・ヤンキースへ移籍した松井秀喜の代わりの選手を育成しようとせず、ヤクルトスワローズから安易にロベルト・ペタジーニを獲得した巨人のやり方を疑問視し、自然と自分の好きな巨人を厳しい目で見るようになったという。ねじめ正一 フレッシュアイペディアより)

  • 今中 慎二

    今中慎二から見た落合博満落合博満

    握りが浅くなるためフォークは改良がしにくく、練習ではほとんど投げなかった。フォーク自体は痛打されることが多く、首脳陣から試合で投げるなと言われたりもしたが、ストレートやカーブを活かすためにも投げ続けた。から対戦するようになった落合博満にも、フォークの存在が非常に大きいと評されている。今中慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤道郎

    佐藤道郎から見た落合博満落合博満

    選手生活晩年の横浜大洋時代、当時ロッテの二軍で燻っていた落合博満とイースタン・リーグの試合で対戦し、本塁打を浴びた。落合は自著(野球人)の中で、衰えたとはいえ一流投手の佐藤から放ったこの本塁打を、自分のプロ野球人生の転機の一つとしてあげている。佐藤道郎 フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た落合博満落合博満

    1984年のオールスターゲーム第3戦では8連続奪三振を記録(このとき対戦した落合博満は「球は現役投手で一番速い。なぜこれほどの投手が打たれるのかわからない」と述懐している)。しかし9人目に迎えた打者・大石大二郎にカーブを投げて当てられてしまい、二塁ゴロとなり9者連続はならなかった。江川は、3回で10人連続三振を狙っており、9人目の大石を2ストライクまで追い込んだので、暴投を投げて振り逃げ三振を狙い、次打者で10三振の予定であったが、球場の雰囲気に呑まれて10三振を忘れてしまい、通常の投球をして大石にゴロを打たれている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た落合博満落合博満

    は春季キャンプにおいて、ほぼ毎日3時間かけて1562スイングと荒行を成し遂げるも、落合博満監督は「これから毎日だよ。足りなけりゃ4時間でも5時間でもいい。長くなってくるよ。限界?限界なんてあるか」と発言。藤井の目標は「総合アップさせたい。1日1600スイングで鍛える」であった。前年よりもスタメンの機会も増えて、プロ初打点・初本塁打を記録したが、前年同様に守備固め・代走としての出場が多かった。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た落合博満落合博満

    日本通運では入社1年目のから外野のレギュラーの座を確保して活躍し、都市対抗野球・日本選手権に出場。同年台湾で行なわれたIBAFワールドカップにもアマ日本代表として選出され、アマチュア日本代表の外野手の座を不動のものとする。もチームの主力として、、都市対抗野球・日本選手権の両大会に出場し、JABA北海道大会ではMVPに選出された。日本通運在籍中の2年間で体重が5kg増加し、トーナメント戦での一発勝負の厳しさを学んだことで精神面も成長。プロからは即戦力として高く評価された。同年のドラフト会議で、中日ドラゴンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの1位指名が競合。抽選の末に中日が交渉権を獲得した。その後、12月4日に中日と契約金1億円(出来高払い5000万円)、年俸1500万円(いずれも金額は推定)で仮契約し、入団。中日は落合博満監督(当時)が直々に1位指名を命じたと言われている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た落合博満落合博満

    、守備走塁コーチの末次利光が最終戦で3割前後の選手の打率を1打席ごとに電卓で計算し、3割に乗ったところで交代させたため、打率は3割ジャストであった。この点を指摘された中畑は「3割だけは契約更改の席の印象が変わるので勘弁してほしい。その代わり、もし自分がタイトル争いをしたら絶対休まない」と返答した(実際に中畑は駒澤大学時代に最終戦まで出場して首位打者を逃した経験があった。プロでは1987年に篠塚、正田耕三、落合博満らと一時首位打者争いをしたが、結局タイトルは獲得できなかった)。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 燃えよドラゴンズ!

    燃えよドラゴンズ!から見たオレ流落合博満

    2006年には、5月28日に燃えドラガール公開オーディションを行い、燃えドラガール(MoeDraGirL)に選ばれた4名が2006をリリースした。さらに優勝決定後の10月19日に2006優勝記念盤がリリースされ、歌詞も一部分が通常と違うものになり、初めて「落合監督」が登場した(2004?2006では「オレ流監督/オレ竜監督」)。しかし、2007からは「オレ竜監督」に戻された。燃えよドラゴンズ! フレッシュアイペディアより)

  • 根本陸夫

    根本陸夫から見た落合博満落合博満

    落合博満が引退の翌年ダイエーのキャンプに取材に行った時に根本は落合に「落合、現役終わって次は監督、コーチになるなあ。」すると落合は「いやあ、そんな物好きはいませんよ。」と言う落合に根本は「いや、必ずそういう時代がくる。実績残しているし、そういうのを求める人は必ずあらわれるから、そうしたらおまえ、がんばれよ。」と言いコーチに森繁和を使うと面白いと落合にアドバイスした。落合は2004年に中日監督に就任した際に森を投手コーチとして招聘しその後森はバッテリーチーフコーチ、ヘッドコーチを歴任し、2004年の開幕投手に川崎憲次郎を指名した以外は落合は森に投手起用すべて任せた。根本陸夫 フレッシュアイペディアより)

408件中 21 - 30件表示

「落合博満」のニューストピックワード