464件中 31 - 40件表示
  • 燃えよドラゴンズ!

    燃えよドラゴンズ!から見たオレ流落合博満

    2006年には、5月28日に燃えドラガール公開オーディションを行い、燃えドラガール(MoeDraGirL)に選ばれた4名の地元出身モデル(木ノ下美由紀・船橋いずみ・平田香織・森夕希子)が2006をリリースした。さらに優勝決定後の10月19日に2006優勝記念盤がリリースされ、歌詞も一部分が通常と違うものになり、初めて「落合監督」が登場した(2004〜2006では「オレ流監督/オレ竜監督」)。しかし、2007からは「オレ竜監督」に戻された。燃えよドラゴンズ! フレッシュアイペディアより)

  • 燃えよドラゴンズ!

    燃えよドラゴンズ!から見た落合博満落合博満

    2006年には、5月28日に燃えドラガール公開オーディションを行い、燃えドラガール(MoeDraGirL)に選ばれた4名の地元出身モデル(木ノ下美由紀・船橋いずみ・平田香織・森夕希子)が2006をリリースした。さらに優勝決定後の10月19日に2006優勝記念盤がリリースされ、歌詞も一部分が通常と違うものになり、初めて「落合監督」が登場した(2004〜2006では「オレ流監督/オレ竜監督」)。しかし、2007からは「オレ竜監督」に戻された。燃えよドラゴンズ! フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た落合博満落合博満

    、守備走塁コーチの末次利光が最終戦で3割前後の選手の打率を1打席ごとに電卓で計算し、3割に乗ったところで交代させたため、打率は3割ジャストであった。この点を指摘された中畑は「3割だけは契約更改の席の印象が変わるので勘弁してほしい。その代わり、もし自分がタイトル争いをしたら絶対休まない」と返答した(実際に中畑は駒澤大学時代に最終戦まで出場して首位打者を逃した経験があった。プロでは1987年に篠塚、正田耕三、落合博満らと一時首位打者争いをしたが、結局タイトルは獲得できなかった)。同年の日本シリーズでは西武ライオンズに3勝4敗と敗れたもの、第3戦で森繁和からサヨナラヒット、第6戦で杉本正から一時は逆転となるタイムリー三塁打を放ち3打点をマークし優秀選手賞に選ばれた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た落合博満落合博満

    前年シーズンオフにそれまで、一塁手のレギュラーだった落合博満がフリーエージェントで巨人へ移籍する。更に、大豊泰昭が左翼手から一塁手に転向したことで外野手のレギュラーに空きが出来たが、彦野利勝の故障からの復帰などもあって、出場機会が激減し、1年間を通して目立った活躍は出来なかった。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 郭源治

    郭源治から見た落合博満落合博満

    、抑え投手の牛島和彦が落合博満との世紀のトレードで前年オフに移籍したというチーム事情があり、新監督の星野仙一は郭をストッパーに指名した。評論家からは精神面での不安を指摘されたが、先発投手が完投したり大差でリードしているケースを除いて勝ちゲームの締めくくりを必ず任せる星野の信頼に応え、最優秀救援投手を獲得する活躍を見せた。また、防御率1.56、被打率.190と投球内容も安定していた。オフには1,800万円増の年俸6,000万円(推定)で契約を更改している。なお、同年獲得したファイアマン賞の賞金100万円は中継ぎの宮下昌己にプレゼントした。郭源治 フレッシュアイペディアより)

  • 牛島和彦

    牛島和彦から見た落合博満落合博満

    オフ、ロッテオリオンズの主砲落合博満と1対4の大型トレードが発表される。最後まで納得せずに抵抗するが、当時監督に就任した星野仙一が自宅に呼んで牛島を説得した。そして、、落合とのトレードで上川誠二・平沼定晴・桑田茂と共にロッテへ移籍した。移籍に当たっては星野が「将来中日の指導者として呼び戻す」と述べたが、結局中日復帰は実現せず口約束で終わっている。牛島和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た落合博満落合博満

    も回復の兆しが見えず、4勝5敗の成績で終わった。16勝を挙げた1998年から2001年までの4年間はいずれも防御率4点台だった。そして共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一などのベテラン勢が引退した。長嶋も監督を勇退した。長嶋政権の晩年は成績を残せなかったが、この時期の桑田のことを落合博満は、後年、自著の中で大きく評価をしている。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 石嶺和彦

    石嶺和彦から見た落合博満落合博満

    は打撃三部門の成績がいずれも前年より上がり、ともに藤井康雄に次ぐチーム2位の24本塁打、77打点の成績を残している。また、同年よりNPBに導入されたFAの権利を取得し、松永浩美、駒田徳広に続くNPB史上3例目のケースとして、11月7日にその行使を宣言した。数年前から他球団でのプレーを希望しており、獲得する球団があるか不安だが悔いを残したくない、と語っている。オリックス以外の球団との交渉が解禁された11月28日には、落合博満の移籍が濃厚な中日球団代表の伊藤一正や、平野謙が退団した西武監督の森祇晶と会談した。両球団ともに年俸はFA規約の上限となる前年比1.5倍の1億200万円(推定)を提示し、西武からは左翼手・クリーンナップでの起用を明言されたという。また、中日からは名古屋の住宅の提供と引退後に中日グループで評論家として便宜を図ること、西武からは関東地方への転居のために支度金3,000万円の提供がそれぞれ約束された。11月30日には松永とジム・パチョレックの抜けた打線を強化したい阪神タイガース監督の中村勝広や球団社長の三好一彦と会談し、同じく年俸1億200万円と外野手・クリーンナップとしての起用を約束された。12月1日には沖縄県で栽弘義にも相談し、15年住んで宝塚市に自宅も買った関西から離れ難く、阪神ファンの熱烈な応援に惹かれた事から12月2日に阪神への入団を決めている。なお、この入団で阪神では初めて年俸が1億円を超える選手となった。またオリックスは石嶺の背番号3をにクリス・ドネルスが入団するまで欠番にしている。石嶺和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た落合博満落合博満

    この一見投げやりにも取れる言葉の裏には、たとえこの試合に負け、さらには優勝を逃したとしても全責任を自分が背負うという強い覚悟が込められていた。試合終了後、中日監督の落合博満に「今日は監督で負けた」とまで言わしめた。結果的にこの戦いを境に阪神は連勝を重ね、亡父の誕生日に当たる9月29日、甲子園球場での対巨人戦でリーグ優勝を達成した。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た落合博満落合博満

    4月7日の阪神戦で久保康友から本塁打を放つ。阪神甲子園球場での初本塁打となり、ヒーローインタビューでは、前年に引退してこの年から一軍内野守備走塁コーチに就任した木村拓也が亡くなった日であることも受けて「本当に一人一人思うところがあって、そのなかでゲームをしたと思います。そういう意味で全員で勝利を掴みとれました。木村コーチに勝たせてもらったと思います」と語った。.359 9HR29打点の好成績で通算8度目となる3、4月の月間MVPを授賞。5月30日の対西武戦で、岸孝之から史上24人目の通算350本塁打を達成。6月4日の対日本ハム戦で金森敬之からバックスクリーンへ本塁打を放ち、史上18人目となる全球団から本塁打を達成した。最終的には3割30本を記録し、移籍後4年連続の3割30本と、王貞治の17年連続、落合博満の13年連続に次ぐ11年連続のOPS.900以上を達成した。この年で4年契約が終わり、11月29日の契約更改で新たに2年契約を結ぶ。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

464件中 31 - 40件表示

「落合博満」のニューストピックワード