464件中 51 - 60件表示
  • 布施 博

    布施博から見た落合博満落合博満

    悪妻は夫をのばす! 落合博満物語(1993年12月、関西テレビ、花王ファミリースペシャル) - 落合博満布施博 フレッシュアイペディアより)

  • 古田敦也

    古田敦也から見た落合博満落合博満

    2年目の1991年、オールスターゲーム第1戦(東京ドーム)では相手走者の盗塁3度を全て刺し、MVPを受賞。シーズンでは落合博満との競り合いの末、打率.340で首位打者を獲得。首位打者を獲得した捕手は野村以来史上2人目、セントラル・リーグでは史上初であり、捕手による打撃3部門(打率、本塁打、打点)のいずれかのタイトル獲得は野村、田淵幸一に次ぐ史上3人目だった。古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬叔功

    広瀬叔功から見た落合博満落合博満

    1963年オフ、当時あったA級10年選手制度が近かったことから、満額のボーナス目当てに初めて猛練習を自身に課した。後年に「後にも先にもあれほど練習したことは無い」と語るほどの状態で迎えた1964年、3月14日の開幕から安打を量産すると、89試合目まで打率4割を維持(1989年にウォーレン・クロマティに抜かれるまでプロ野球最長記録)した。シーズン前半はしばしば3番打者も務め、2本塁打を含む5打数5安打、7打点を記録した試合もあった。しかしシーズン途中の6月17日、尾崎行雄の速球を打ち返して二塁打にした際に左手首を痛め、以降は腱鞘炎に苦しむようになった。手首を痛めてからはスタメンを外れたが、優勝争いを続けるチームのため、治療を続けながら代走で試合に出場。8月中旬には何とかスタメン復帰したものの、右手一本で打つようなシーンも多くなり、後半戦は調子を落とした。それでも最終的には2位に位置した張本勲の打率.328に大きく差をつける打率.366・72盗塁という自己最高の成績で、首位打者と盗塁王を獲得。打率.366は1985年に落合博満に抜かれるまで長らく右打者の歴代最高打率だった。また、開幕から100安打到達61試合も、1994年イチローの60試合到達まで日本記録だった。日本シリーズでも打率.345を記録するなど活躍し、チームも日本一を達成した。広瀬叔功 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た落合博満落合博満

    1980年代後半からの一時期には、「ノムさんのクール解説」「四郎のホット解説」「東尾のズバリ解説」「若松のジャスト解説」「大下のワイド解説」「ミスター三冠王・オレ流解説」などのように、各人ごとにキャッチコピーが付けられ、山藤章二による似顔絵が添えられていた。スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • 石毛宏典

    石毛宏典から見た落合博満落合博満

    、新人で開幕スタメン(遊撃手)出場を果たし、ロッテオリオンズの落合博満と首位打者争いを演じるなど1年目から活躍。長嶋茂雄以来の、新人打者として規定打席に達しての打率3割を達成し、新人王を獲得。石毛宏典 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た落合博満落合博満

    に肩を故障するまでは、「わかっていても打てない」と言われた最高149km/hの速球が投球の99%を占め、フォークボールやカーブはわずかに投げる程度だった。左腕の球速は右腕の10km/h増に感じるとも言われ、日本ハム時代の落合博満は「完璧に読んでもライト前ヒットが精一杯」と河本の速球を評している。なお、この速球はムーヴィング・ファストボールだったともいう。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 大島洋平

    大島洋平から見た落合博満落合博満

    、外野のレギュラー争いが熾烈な中、当時の監督落合博満から「守備力なら大島」と評価され新人ながら1番・中堅手の開幕スタメンを任される。翌3月27日の対広島戦でプロ初安打を放つ(打球が一塁走者のチェンに当たり守備妨害になるという珍しい結果となった)。しかし、打撃の調子が上がらず、4月12日に二軍落ちする。4月25日に一軍昇格。復帰後しばらくの間は主に6番や7番を打っていたが、5月下旬頃から2番を任されるようになった。6月19日の対巨人戦で死球を受け途中交代、翌日に登録抹消されたが、7月6日の対横浜戦で一軍に昇格して2番・中堅手でスタメン出場した。最終的に104試合に出場して打率.258・0本塁打・17打点をあげたものの、規定打席には届かず、完全にレギュラーを獲得するまでには至らなかった。大島洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た落合博満落合博満

    2007年2月25日、育成枠での中日入団が決定(年俸400万円)。背番号は205。これは中日の育成選手が慣例として200番台を与えられることと、近鉄時代に背番号5を着用していた中村に落合博満が配慮したものである。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤドーム

    ナゴヤドームから見た落合博満落合博満

    開場時のファウルポールは高さ13.2m(グラウンドレベルからの高さは18m)であったが、本塁打かどうかを識別しやすいように2009年8月14日からポール(内側の金網はなし)を継ぎ足し高さを36.2m(グラウンドレベルからの高さは41m)とした。屋根からワイヤーでポール最上部を固定している。これは中日の落合博満監督の発案で、セントラル・リーグが2009年8月より試験的にホームランの判定材料にビデオ記録を導入したことに異論を唱えた落合が、「ビデオって簡単に言うが、野球はアメフットと違いプレーを止めるスポーツではない。それより審判が見やすいように改善するのが先決」として、ポールを高くしたという。解説者の中日OB木俣達彦は「ブランコポール」と名付けている。ナゴヤドーム フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た落合博満落合博満

    は、開幕投手最有力だったがこの年監督に就任した落合博満は川崎憲次郎を起用した。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、リーグ最優秀選手、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得。5月15日の対横浜戦では、7回2死2塁で迎えた打席で2点本塁打を放って両チーム唯一の打点を挙げると、2対0のスコアで完封勝利を挙げた。西武ライオンズとの日本シリーズでは、初戦と第5戦に先発。初戦では、7回2失点と好投したが、敗戦投手になった。チームの2勝2敗で迎えた第5戦では、8回1失点という内容で勝利。しかし、チームは第6・7戦に連敗したため、日本一を逃した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

464件中 51 - 60件表示

「落合博満」のニューストピックワード