464件中 61 - 70件表示
  • 高木守道

    高木守道から見た落合博満落合博満

    は優勝したヤクルトに前半大差をつけられるも、後半一時は逆転して首位に立ったが、最終的に2位となる。特に9月5日の対阪神タイガース21回戦ではトーマス・オマリーのソロホームラン1点だけに抑えていた先発の山本昌広を7回で降板させたが(点数も7-1)、そこから後続のピッチャーが8回1点、9回に8点を取られて大逆転負けを喫した。高木は試合後「私が悪かった」と選手に頭を下げ、シーズン終了後には「中日がペナントをとれなかったのは、この試合にある」とまでいわれた。また、落合博満は後に自著でこの試合を振り返って「勝負事では驕りは禁物である。誤った采配を招くからである」と、中4日でこの試合でも102球投げていた山本を代えたのはまだしも、当時リリーフエースだった郭源治を出すタイミングを誤ったことに苦言を呈し、「何点勝っていても、手を緩めずに完璧に叩きのめしたことを、相手の記憶に植えつけなければいけない」と述べている。同年オフには、1991年オフに不祥事を起こして横浜大洋ホエールズ(→当時・横浜ベイスターズ)を解雇され、2年間資格停止処分を受けていた中山裕章を、打撃投手として採用し、翌シーズン途中から選手として現役復帰させた。高木守道 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の野球

    1989年の野球から見た落合博満落合博満

    4月14日 - 中日ドラゴンズの落合博満が対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で日本プロ野球史上初の通算100勝利打点。1989年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • オレ流

    オレ流から見た落合博満落合博満

    オレ流 フレッシュアイペディアより)

  • オレ流監督

    オレ流監督から見た落合博満落合博満

    オレ流監督 フレッシュアイペディアより)

  • ラビット関

    ラビット関から見た落合博満落合博満

    尊敬する人は落合博満、ロバート・キヨサキラビット関 フレッシュアイペディアより)

  • 松原徹

    松原徹から見た落合博満落合博満

    神奈川県川崎市出身。神奈川大学卒業後、1982年にロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)の球団管理部に入社。一軍マネージャーなどを務める。1988年にプロ野球選手の労働組合である日本プロ野球選手会(初代会長は中畑清)が結成された当初より事務局にて勤務する。選手会の業務に携わることになったきっかけは当時、中日ドラゴンズの選手であり、プロ野球選手会副会長の任に在った落合博満に勧められてのものであったという。松原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 安田秀之

    安田秀之から見た落合博満落合博満

    1997年は落合博満の守備固めとして登場することが多く、45打席ながら自己最多の70試合に出場する。しかしシーズン終盤に二軍で本塁打王を獲得した西浦克拓が台頭し、右打者で主に一塁と外野を守る事から安田はタイプが重なってしまったこともあり戦力外通告を受ける。オフに地元の中日ドラゴンズのテストに合格し入団。1998年広島市民球場でのレギュラーシーズン開幕戦では相手先発が42歳の左腕大野豊という事もあり先発メンバー入りも果たした。2軍の公式戦で僅か1イニングのみだが、投手として出場した事もあった。2000年に現役引退。安田秀之 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻良文

    江尻良文から見た落合博満落合博満

    江尻は前述したとおり当初は大毎のファンだった(父親が大洋ホエールズのファンでアンチ巨人であったのが原因)。しかし、巨人担当記者になってからONを「球界の人間国宝」と評するまでになった。また一貫して原辰徳監督には否定的な体裁をとり、長嶋には肯定的な態度をとっていたため、そのため王・長嶋のマスコミに対する姿勢に感化された「ON信者」とされている。原辰徳などの存在は実際には王・長嶋と渡邉の賛美や、落合博満・清原和博・古田敦也批判などのダシに使われている場合が多い。長嶋元監督については脳梗塞発症後は登場が激減している。ただし彼が公の場に姿を現したときは必ず記事になる。彼の脳梗塞発症の原因は落合にあるとしている。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • センチュリーベストナイン

    センチュリーベストナインから見た落合博満落合博満

    二塁手として239試合しか出場していない落合博満が二塁手としてノミネートされていた(落合の場合、もっとも多く出場したのが一塁手であり、2年連続三冠王を達成した年は三塁手での出場が最多であった)。センチュリーベストナイン フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満野球記念館

    落合博満野球記念館から見た落合博満落合博満

    落合博満野球記念館(おちあいひろみつやきゅうきねんかん)は、和歌山県東牟婁郡太地町にある、プロ野球選手・落合博満のプロ野球個人記念館。日本初のプロ野球個人記念館である。落合博満野球記念館 フレッシュアイペディアより)

464件中 61 - 70件表示

「落合博満」のニューストピックワード