前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
294件中 1 - 10件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た王貞治

    1953年(昭和28年)、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)にて7人兄弟の末っ子として生まれる。長嶋茂雄や王貞治に憧れて野球を始め、小学生の頃は雑誌などに載っている長嶋のバッティングフォームをよく真似していた。中学・高校時代は、年間100本もの映画を観賞するほどの映画少年で、特に『マイ・フェア・レディ』は7回見に行き、劇中歌の歌詞(英語)を覚えたほどだった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た落合信子

    1987年(昭和62年)、2年連続三冠王としてセ・リーグでデビュー。8月20日に妻信子との間に長男の福嗣が誕生した。同年シーズンは篠塚利夫・正田耕三らと首位打者争いを繰り広げ、首位と2厘差のリーグ3位の打率.331を記録する。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た長嶋茂雄

    1953年(昭和28年)、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)にて7人兄弟の末っ子として生まれる。長嶋茂雄や王貞治に憧れて野球を始め、小学生の頃は雑誌などに載っている長嶋のバッティングフォームをよく真似していた。中学・高校時代は、年間100本もの映画を観賞するほどの映画少年で、特に『マイ・フェア・レディ』は7回見に行き、劇中歌の歌詞(英語)を覚えたほどだった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中村紀洋

    2009年(平成21年)、2位に終わる。クライマックスシリーズ2ndステージでも巨人に1勝したのみに終わり敗退。川上憲伸・タイロン・ウッズ・中村紀洋がチームを去り、谷繁元信がケガで離脱したこともあり、4月は負け越して開幕ダッシュに失敗。しかし、その後は巻き返し、7月には首位巨人に1.5ゲーム差まで迫ったが失速し、最終的に首位と12ゲーム差をつけられた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たタイロン・ウッズ

    2005年(平成17年)、タイロン・ウッズの殴打事件による出場停止と交流戦における負け越しにより失速。2位に終わる。マスコミには「交流戦」にかけて「降竜戦」と揶揄されたが、次年からは安定して好成績を残している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たアレックス・カブレラ

    日本球界での「真」のホームランバッターとして、田淵幸一と秋山幸二の2人だけを挙げ、「自分も王(貞治)さんも違う」と語っている。また、2000年(平成12年)時点で、自らの現役時の記録において誇れるのは「3度の三冠王と2年連続50本塁打だけだ」と述べていた(どちらも当時、日本プロ野球界唯一の記録。2年連続50本塁打以上は2002年・2003年にアレックス・カブレラも達成した)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た稲尾和久

    1986年(昭和61年)、シーズン中盤までブーマー・ウェルズや秋山幸二らと熾烈なタイトル争いを繰り広げ、最終的に2年連続で3度目の三冠王を獲得(打率:.360、本塁打:50本、打点:116)。2年連続の三冠王は日本プロ野球界において王貞治(1973年(昭和48年) - 1974年(昭和49年))、ランディ・バース(1985年 - 1986年)、落合の3名のみで、通算3度獲得は落合のみである。 また2年連続50本塁打はプロ野球史上初だった。同年シーズン終了後、自身の理解者であった稲尾和久が成績不振で監督を解任されると、落合は「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない」と発言した。その後、牛島和彦・上川誠二・平沼定晴・桑田茂の4選手との1対4の交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た桑田真澄

    1990年(平成2年)、34本塁打・102打点で本塁打王と打点王を獲得。両リーグ本塁打王は史上初だった。また、最高出塁率も獲得していた為、結果的にはセ・リーグ移籍後初となるタイトル三冠を手中にしている。この年、鳴り物入りでプロ入りし快進撃を続けていた近鉄バファローズ(当時)の野茂英雄について、オールスター前にコメントを求められた落合は「フォークでしか勝負できないんだろう。若いのにオジン臭い投手だ」と酷評。そしてオールスター第2戦で落合と野茂の対決が実現すると、落合は野茂が投じた高めのストレートを狙い打ち、本塁打を放った。全パを指揮していた森祇晶は野茂にフォークの多投を進言していたが、野茂はこの対戦で1球しかフォークを投げておらず、完全に落合の挑発に乗った形になってしまった。桑田真澄や今中慎二にも同様のエピソードがある。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た落合福嗣

    1987年(昭和62年)、2年連続三冠王としてセ・リーグでデビュー。8月20日に妻信子との間に長男の福嗣が誕生した。同年シーズンは篠塚利夫・正田耕三らと首位打者争いを繰り広げ、首位と2厘差のリーグ3位の打率.331を記録する。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た山内一弘

    1979年(昭和54年)、プロ入り当時のロッテの監督・山内一弘はレベルスイングの本尊といえる人物でもあり、アッパースイングだった落合のバッティングフォームの矯正に取り掛かった。「ホースで水を撒く感じで打て」などのアドバイスを貰ったものの、落合自身は後年「当時の自分には山内さんの高度な打撃理論が理解できなかった」と述べている通り、山内から教わった打法ではボールが前に飛ばない状況であったという。そのため、ベテラン捕手・土肥健二の非常に柔らかいリスト(手首)を使ってボールをはじき返すフォームに注目し、それを真似し、我流のフォーム改造を狙った。土肥のほか、得津高宏の左バッター特有のうまいボールの捕らえ方も参考にした。また打撃コーチの高畠康真は、落合のこのリストワークが気に入り、にロッテに移籍して来た張本勲のもとへ落合を連れていった。張本はレベル&アッパーの打撃理論を主張する打者だが、意外なことに「素晴らしい。このままのスイングで打てる」と絶賛した。落合は高畠から球種を読むテクニックを教わった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
294件中 1 - 10件表示

「落合博満」のニューストピックワード

  • 無防備で獲られるのも、しゃくじゃない?やれることはやった