332件中 91 - 100件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た峰竜太

    峰竜太 - 俳優・タレント。現役時代から落合と交流がある。自身もドラゴンズファンであることから、優勝時のビールかけに参加したり、自身が司会を務めるドラゴンズHOTスタジオでは民放在名テレビ局で唯一、毎年キャンプ前に峰と落合のインタビューを放送している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た嶋尾康史嶋尾 康史

    350本塁打:1990年5月8日、対阪神タイガース3回戦(浜松球場)、3回裏に嶋尾慶一から左越先制3ラン ※史上14人目(歴代2位の1257試合で到達:当時史上最速、後にアレックス・カブレラが更新)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た今井雄太郎

    200本塁打:1986年5月31日、対阪急ブレーブス8回戦(川崎球場)、2回裏に今井雄太郎から中越先制ソロ ※史上48人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た大阪近鉄バファローズ

    、5試合連続本塁打のイースタン・リーグ記録を作って後期に一軍に戻ると、57試合で15本塁打を放った。西武ライオンズ球場でのジュニアオールスターゲームにもオールイースタン選抜で出場し、オールウェスタンの高卒新人バッテリー牛島和彦・香川伸行からタイムリー記録。同年の近鉄バファローズとのパシフィック・リーグプレーオフに出場し、自身初のポストシーズンを体験した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た九州朝日放送

    引退後は野球解説者として活動。からまではテレビ朝日で専属解説者を務める(キャッチコピーはオレ流解説)。その後はフリーとなっていた が、東海ラジオまたはテレビ朝日時代から通っていた九州朝日放送(KBC)の番組に度々出演していた。また、1999年からの間、日刊スポーツ野球評論家としても活動した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た東海ラジオ放送

    引退後は野球解説者として活動。からまではテレビ朝日で専属解説者を務める(キャッチコピーはオレ流解説)。その後はフリーとなっていた が、東海ラジオまたはテレビ朝日時代から通っていた九州朝日放送(KBC)の番組に度々出演していた。また、1999年からの間、日刊スポーツ野球評論家としても活動した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たダイヤモンド社

    に行われた第2回WBCで日本代表が優勝したことに対して、「よかったね、おめでとう。」とあまりにもそっけないコメントを残し 1、同大会の日本代表に選出された中日所属の選手が全員出場を辞退している事と共に自身のWBCへの関心の無さを批判された。また、中日監督辞任後にはの第3回WBCの日本代表監督への就任を期待する声もあったが、落合自身は2012年1月13日に紀伊國屋ホールで開かれた著書『采配』(ダイヤモンド社)刊行記念の講演で「(WBCの監督は)絶対やりません。何でそんな命縮めるようなことわざわざしなくちゃいけないのか。短期決戦が下手なんでしょうね。私がやったら絶対に負けますからね」と発言して否定し、結局は山本浩二が監督に就任した落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た名古屋テレビ放送

    、日刊スポーツ評論家に復帰した。解説者としてはフリー。初解説は2012年4月15日に甲子園で行われた阪神対中日のテレビ中継だった(メ〜テレ制作)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た今中慎二今中 慎二

    落合が在籍した - の3年間、長嶋茂雄が率いるチームの2度(1994年、1996年)のリーグ優勝に4番打者として貢献した。1994年は左脇腹や左手手首に死球を受けて不調に苦しみながら、10.8決戦で今中慎二から先制ホームランを放って優勝に貢献した。のシーズンは首位打者争いを繰り広げ8月31日時点では打率.332、最終的にシーズン打率.311(リーグ4位)を残し、17本塁打、65打点をマークした。同年4月に2000本安打も達成したが、名球会入りを辞退している。41歳4か月での2000本安打達成は自身がロッテ時代その打撃技術に一目置いていた新井宏昌の40歳2か月を抜き、当時の日本プロ野球史上最年長記録となった(その後、2012年5月に宮本慎也が41歳5か月で記録して更新)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たオマール・リナレス

    1978年7月にオランダで開催されたハーレムベースボールウィークの第11回大会に出場した落合はキューバの伝説の豪速球投手ブラウディリオ・ビネンから死球を受け、あえなく退場してしまう。それ以来、キューバの選手に対してはあまり良いイメージを持っていなかったという。しかし1995年にキューバの選手が日本を訪問したおりにオマール・リナレスの手形を落合博満野球記念館に貰えないかという話になり、リナレスはこれを快諾。アントニオ・パチェコやビクトル・メサと共に車で世田谷にある落合邸を訪問した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 91 - 100件表示

「落合博満」のニューストピックワード