294件中 91 - 100件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た沢木郁也

    石ノ森章太郎の漫画およびアニメ『ミラクルジャイアンツ童夢くん』に実名で中日選手として登場(声優は沢木郁也)。劇中の主人公、新城童夢(ジャイアンツ)の投げる魔球「童夢スペシャル1号・スノーミラージュボール」を初めて打破するなど、実在の選手としては最大のライバルとして童夢に対峙する(他に童夢の魔球と対決するのは架空の人物が主)。アニメのサブタイトルにも「落合、魔球打倒宣言」(第8話)、「対決!落合対童夢」(第9話)などと題される。信子夫人も劇中に登場した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た橋本清

    3500塁打:1993年8月15日、対読売ジャイアンツ18回戦(東京ドーム)、8回表に橋本清から単打 ※史上18人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た仲田幸司

    300本塁打:1988年10月2日、対阪神タイガース23回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に仲田幸司から右越決勝ソロ ※史上19人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た峰竜太

    峰竜太(現役時代から落合と交流がある。自身もドラゴンズファンであることから、優勝時のビールかけに参加したり、自身が司会を務めるドラゴンズHOTスタジオでは民放在名テレビ局で唯一、毎年キャンプ前に峰と落合のインタビューを放送している)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た近鉄バファローズ

    1980年(昭和55年)、5試合連続本塁打のイースタン・リーグ記録を作って後期に一軍に戻ると、57試合だけで15本塁打を放ち、レギュラーを掴む。同年の近鉄バファローズとのパシフィック・リーグプレーオフに出場し、自身初のポストシーズンを体験した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た今中慎二今中 慎二

    1990年(平成2年)、34本塁打・102打点で本塁打王と打点王を獲得。両リーグ本塁打王は史上初だった。また、最高出塁率も獲得していた為、結果的にはセ・リーグ移籍後初となるタイトル三冠を手中にしている。この年、鳴り物入りでプロ入りし快進撃を続けていた近鉄バファローズ(当時)の野茂英雄について、オールスター前にコメントを求められた落合は「フォークでしか勝負できないんだろう。若いのにオジン臭い投手だ」と酷評。そしてオールスター第2戦で落合と野茂の対決が実現すると、落合は野茂が投じた高めのストレートを狙い打ち、本塁打を放った。全パを指揮していた森祇晶は野茂にフォークの多投を進言していたが、野茂はこの対戦で1球しかフォークを投げておらず、完全に落合の挑発に乗った形になってしまった。桑田真澄や今中慎二にも同様のエピソードがある。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た山沖之彦

    100本塁打:1983年8月31日、対阪急ブレーブス20回戦(阪急西宮球場)、9回表に山沖之彦から左越先制3ラン ※史上127人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た得津高宏

    1979年(昭和54年)、プロ入り当時のロッテの監督・山内一弘はレベルスイングの本尊といえる人物でもあり、アッパースイングだった落合のバッティングフォームの矯正に取り掛かった。「ホースで水を撒く感じで打て」などのアドバイスを貰ったものの、落合自身は後年「当時の自分には山内さんの高度な打撃理論が理解できなかった」と述べている通り、山内から教わった打法ではボールが前に飛ばない状況であったという。そのため、ベテラン捕手・土肥健二の非常に柔らかいリスト(手首)を使ってボールをはじき返すフォームに注目し、それを真似し、我流のフォーム改造を狙った。土肥のほか、得津高宏の左バッター特有のうまいボールの捕らえ方も参考にした。また打撃コーチの高畠康真は、落合のこのリストワークが気に入り、にロッテに移籍して来た張本勲のもとへ落合を連れていった。張本はレベル&アッパーの打撃理論を主張する打者だが、意外なことに「素晴らしい。このままのスイングで打てる」と絶賛した。落合は高畠から球種を読むテクニックを教わった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た村田兆治

    ロッテ時代、ある日の打撃練習にて、バットの芯を外れた内野ゴロばかり打っていた。その姿を見た村田兆治が声をかけると、落合は「ヒットでなくても三塁走者を帰せるよう”芯を外す練習”をしている」と答えた。村田は呆れつつも感心したという。また、現役時代の落合は口では「記録を出せば給料が上がる」と個人プレーに徹するような発言をしていたが、宇野勝が「落合さんが中日に来て、初めてチームバッティングとはどういうものかを教わった」と発言しているように、落合の打撃は状況に応じて安打、本塁打を狙い分けるものでチームの勝利第一であり、記録はその結果付いてきたものであった。実際、試合に勝つためにノーサインで突如送りバントを成功させ、周囲を驚かせたこともあった(シーズン終了後に「あれは勝つための判断」と説明)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た若山かずさ

    抱かれて乾杯(1997年3月20日)若山かずさとデュエット落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 91 - 100件表示

「落合博満」のニューストピックワード

  • 無防備で獲られるのも、しゃくじゃない?やれることはやった