294件中 11 - 20件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た清原和博

    1996年(平成8年)、史上7人目の通算500号本塁打、史上7人目の通算1500打点を達成。シーズン終盤に差し掛かるまでは打点王を争っていたが、8月31日の中日戦で野口茂樹から死球を受け、左手首を骨折し戦線離脱。以降の試合は棒に振ったものの、同年の誕生日で43歳になるシーズンにも関わらず、打率.301・21本塁打・86打点・OPS.924という好成績を収めた。日本シリーズ第1戦から復帰。オフに清原和博が巨人へ入団したため、出場機会を求めて球団に自由契約を申し出る。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た内藤尚行ギャオス内藤

    300二塁打:1994年4月16日、対ヤクルトスワローズ2回戦(東京ドーム)、7回裏に内藤尚行から ※史上31人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た木村拓哉

    富士通(パソコン「FMV」。木村拓哉と共演)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たテリー伊藤

    ねじめ正一、テリー伊藤 - 両者とも落合に関する著書を出している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たエンジェルベルト・ソト

    中里篤史や佐藤充など、後がない選手には1年だけ猶予を与えるが、支配下の選手の中で一番下という意味で背番号を「70」に変更させる。結局、中里と佐藤は結果が出せず1年後に戦力外となった。また、この2人以前にも70を着けていた鳥谷部健一(2006年(平成18年))、三澤興一(2007年(平成19年))は移籍して僅か1年でそれぞれ戦力外となっている。ただし2011年に加入したエンジェルベルト・ソトは例外で、入団当初から「70」をつけていた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た江川卓 (野球)

    江川卓の才能を高く評価している。現役時代にセ・リーグへ移籍した際には、「セ・リーグで対戦したい投手は江川だけ」と評した。引退後も江川からのインタビューは一度も断らずに受けており、退任発表後として初めての単独インタビューを了承した相手も江川であった。また、対談をする度に江川に「早くユニフォーム着ろ」と監督になることを薦めており、その対談の際には「監督になった時に参考にして」と自分なりのアドバイスも贈っている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た江夏豊

    落合の採用していた打法は、同じ神主打法を使用する他の選手と比べても独特であった。これはプロ入り間もない頃に受けた松沼博久投手の徹底したインハイ(内角高め)攻めに対応するため、改良を重ねて編み出されたものである。松沼は「最初のうち落合はインハイが全く打てず、ある時を境に苦手なはずのインハイばかり狙って振ってきた。そのうちインコースが投げ難い構え(神主打法)を編み出し、インハイを完璧にカットする技術を身に付けていた」と語っている。これには一軍に定着した頃に江夏豊からの「同じ球を待ち続ける打者が一番怖い」と言われ、その後はインハイの力のある球に振り後れないよう打席ではインハイを待っていたというエピソードがある。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たレオン・リー

    翌1981年(昭和56年)にはオールスターゲームに初出場を果たし、西本幸雄監督に「これから先、10年・15年、日本プロ野球を背負う男だ」と認められ、スタメンの4番打者で起用される。同年に初めて規定打席に到達すると、早くも首位打者のタイトルを獲得した。有藤道世、レオン・リー、レロン・リーらと強力クリーンナップを形成し、日本ハムとのパシフィック・リーグプレーオフでは第4戦に本塁打を放つなど、球団史上最後となる20世紀中のポストシーズンでの勝利に貢献した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た佐々木主浩

    1998年(平成10年)、引退後にニュースステーションに出演。その中で横浜ベイスターズの佐々木主浩の決め球であるフォークボールに対して、「あれはフォークではなくカーブ」という旨の発言をするなど、佐々木の攻略法を語った。実際、他の選手が佐々木を苦手とした中、落合は佐々木をよく打っていた。落合の対佐々木通算成績は打率.444(36打数16安打4本塁打)である。また、佐々木はメジャーに移籍するまでの10年間でサヨナラ本塁打を1度しか打たれていないが、その唯一のサヨナラ本塁打を打ったのが中日時代の落合である。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た前田章宏

    2010年10月2日、セ・リーグ8回目の優勝を果たした後、「一旦一軍の選手全員の出場選手登録を抹消する。クライマックスシリーズ、日本シリーズは最も調子のいい選手を起用する」と発言したのがその象徴と言える(抹消してから10日間は一軍への再登録が出来ないが、発言からクライマックスシリーズまでには18日あり影響はない。そして10月4日付で出場選手登録抹消を実行した。)。ただし出場選手登録の抹消に伴いFA資格の取得日数に影響することと、堂上直倫・前田章宏など当時若手で年俸が低かった選手はその間の追加参稼報酬を受け取れないことになるため、「若手選手がかわいそう」との批判もある。尚このことがきっかけとなり2011年に制度が改正され、クライマックスシリーズ出場が決まったチームはレギュラーシーズン終了からクライマックスシリーズまで10日以上の間隔がある場合に限り、出場選手登録を自動的に抹消され、ポストシーズン開催時に再び出場登録された際には、抹消期間も出場選手登録期間として数えられるようになった。これにより2010年に出場選手登録を抹消された中日の選手全員も、抹消された期間を遡って出場選手登録期間として数えられることになった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 11 - 20件表示

「落合博満」のニューストピックワード