332件中 11 - 20件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た野口茂樹

    1996年、史上7人目の通算500号本塁打、史上7人目の通算1500打点を達成。8月31日の対中日戦で野口茂樹から死球を受け、左手首を骨折し戦線離脱。以降の試合は棒に振ったが、日本シリーズには間に合い、第1戦から出場している。シーズンでは打率.301、21本塁打、86打点の成績を収め、。また巨人史上でも、43歳になるシーズンで4番打者を務めた選手は落合以降は現時点では出てきておらず、現在も球団最年長記録である。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た稲尾和久

    、シーズン中盤までブーマー・ウェルズや秋山幸二らとタイトル争いを繰り広げ、最終的に2年連続で3度目の三冠王を獲得(打率:.360、本塁打:50本、打点:116)。2年連続の三冠王は日本プロ野球界において王貞治( - )、ランディ・バース(1985年 - 1986年)、落合の3選手のみで、通算3度獲得は落合のみである。 また2年連続50本塁打はプロ野球史上初だった。同年シーズン終了後、自身の理解者であった稲尾和久が成績不振で監督を解任されると、落合は「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない」と発言した。落合の著書によると稲尾の後監督になった有藤道世が「監督を引き受ける条件の一つに私(落合)をトレードで出すのが条件」と記している。その後、牛島・上川誠二・平沼定晴・桑田茂の4選手との1対4の交換トレードでセントラル・リーグの中日に移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た森繁和

    、母校を訪ねた際に才能を惜しんだ高校時代の恩師の勧めもあって東京芝浦電気の府中工場に臨時工として入社。同工場の社会人野球チーム・東芝府中に加わった。ここでの在籍5年間の公式戦で約70本塁打を放つなど頭角を現す。には中心打者として、東芝府中を創部23年目で初の都市対抗出場に導く。1回戦でデュプロを降し初勝利をあげるが、愛媛相互銀行に完封を喫し敗退。翌年以降も、都市対抗に日本通運、電電東京の補強選手として3年連続出場。には、木田勇、森繁和らとともに第25回アマチュア野球世界選手権日本代表に選出された。この頃の落合は、日中トランジスタラジオの基板を組み立て、夕方から野球の練習をする、という生活を送っていた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た石ノ森章太郎

    石ノ森章太郎の漫画およびアニメ『ミラクルジャイアンツ童夢くん』に実名で中日選手として登場(声優は沢木郁也)。劇中の主人公、新城童夢(ジャイアンツ)の投げる魔球「童夢スペシャル1号・スノーミラージュボール」を初めて打破するなど、実在の選手としては最大のライバルとして童夢に対峙する(他に童夢の魔球と対決するのは架空の人物が主)。アニメのサブタイトルにも「落合、魔球打倒宣言」(第8話)、「対決!落合対童夢」(第9話)などと題される。夫人の信子も劇中に登場した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たテレビ朝日

    引退後は野球解説者として活動。からまではテレビ朝日で専属解説者を務める(キャッチコピーはオレ流解説)。その後はフリーとなっていた が、東海ラジオまたはテレビ朝日時代から通っていた九州朝日放送(KBC)の番組に度々出演していた。また、1999年からの間、日刊スポーツ野球評論家としても活動した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た内藤尚行

    300二塁打:1994年4月16日、対ヤクルトスワローズ2回戦(東京ドーム)、7回裏に内藤尚行から ※史上31人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た広末涼子広末 涼子

    いずれも規定打席に到達したシーズンの中では過去最低の成績に終わったが、44歳になる年での規定打席到達は現在でも日本プロ野球史上最年長記録である。落合は同年のオールスターゲームにも出場し、第2戦では指揮を執っていた仰木彬監督名物の粋な采配で1番打者として先発出場した。その始球式では女優の広末涼子とも対戦しなかなか投げようとしない広末に対し一旦打席をはずして早く投球するようなジェスチャーをして球場が盛り上がるなど、結果的に落合にとって現役最後のオールスターゲーム出場となった。前年優勝争いをして2位だったチーム成績は4位に終わり、自身にとってもチームにとっても不本意なシーズンとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た長嶋一茂

    、監督退任後の『報道ステーション』での長嶋一茂との対談で、統一球の影響については「全く関係ない」と発言し「選手が『統一球は飛ばない』という言葉に逃げた。現に打てなくなった奴はみんなボール球を振っている。それでは打てないのは当然だ」と述べている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た木村拓哉

    富士通(パソコン「FMV」。中日監督時代に木村拓哉と共演)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た有藤通世

    翌にはオールスターゲームに初出場を果たし、監督の西本幸雄に、スタメンの4番打者で起用される。同年に初めて規定打席に到達すると、首位打者のタイトルを獲得。有藤通世、レオン・リー、レロン・リーらとクリーンナップを形成し、日本ハムとのパシフィック・リーグプレーオフでは第4戦に本塁打を放った。落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 11 - 20件表示

「落合博満」のニューストピックワード