332件中 21 - 30件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た川崎憲次郎

    、シーズン前に「この1年は補強を凍結し、個々の選手の能力を10%底上げして日本一を獲る」という公約を掲げ、宣言通り就任初年度にしてリーグ優勝を達成した。日本シリーズでは、先に3勝しながらも3勝4敗で敗れ日本一ならず。リーグ開幕戦では3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎を開幕投手に起用、川崎は5失点で降板するも逆転勝ちした。エースの川上憲伸を3戦目に先発させ3連敗のリスクを避けると同時に、川崎の開幕起用で補強なしの全選手横一線のチームに刺激を与えることと、先発投手についての情報の漏洩がないかを確かめることが目的と後に語っている(退任後に「外部に漏らしそうなコーチには伝えていなかった」と語っている)。また、投手起用については投手コーチの森繁和(投手チーフコーチ、一軍バッテリーチーフコーチ、一軍ヘッドコーチを経て後の中日ドラゴンズ監督)がリリーフを含めて全て決めていたが、この川崎の開幕起用のみは落合が決めた。落合が森に対し、川崎の開幕起用を提案したところ「長いシーズンでは負けてもいい試合がいくつかあるが、開幕戦からいきなり捨てゲームを作るのか」と呆れられたという。また、守備面においてはアライバコンビを使い続け、落合もこのコンビを重宝していた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た香川伸行

    、5試合連続本塁打のイースタン・リーグ記録を作って後期に一軍に戻ると、57試合で15本塁打を放った。西武ライオンズ球場でのジュニアオールスターゲームにもオールイースタン選抜で出場し、オールウェスタンの高卒新人バッテリー牛島和彦・香川伸行からタイムリー記録。同年の近鉄バファローズとのパシフィック・リーグプレーオフに出場し、自身初のポストシーズンを体験した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た篠塚和典

    篠塚利夫や正田耕三らと首位打者争いを繰り広げ、首位と2厘差のリーグ3位の打率.331を記録する。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たレオン・リー

    翌にはオールスターゲームに初出場を果たし、監督の西本幸雄に、スタメンの4番打者で起用される。同年に初めて規定打席に到達すると、首位打者のタイトルを獲得。有藤通世、レオン・リー、レロン・リーらとクリーンナップを形成し、日本ハムとのパシフィック・リーグプレーオフでは第4戦に本塁打を放った。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た松井秀喜

    、引退後にニュースステーションに出演。その中で横浜ベイスターズの佐々木主浩の決め球であるフォークボールに対して、「あれはフォークではなくカーブ」という旨の発言をするなど、佐々木の攻略法を語った。実際に佐々木を苦手とした選手は多く、特に巨人時代の松井秀喜は佐々木を大の苦手にしていたが、そんな中で落合は佐々木をよく打っており、落合の対佐々木通算成績は打率.444(36打数16安打4本塁打)である。また、佐々木はメジャーに移籍するまでの10年間でサヨナラ本塁打を1度しか打たれていないが、その唯一のサヨナラ本塁打を打ったのが中日時代の落合である。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た金剛弘樹

    中日新聞の読む野球のコーナーで「00」は意味がないという理由で2011年から欠番とすることになったが、GM復帰後のからまではアンダーソン・エルナンデスが使用した。2007年からまで在籍していた金剛弘樹がつけている「0」も背番号ではないとコメントしている。なお、2017年現在は「00」と「0」は誰も使用していない(2017年7月10日より、岩崎達郎が「0」を着用する)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た黒木知宏

    消化試合という寂しいシーズン最終戦となった10月7日の対ロッテ戦(ダブルヘッダー第2戦)での代打出場が、現役最終打席となった(対戦相手は黒木知宏。結果は一ゴロ)。落合は当日、上田監督からの先発出場の打診を断り、自らプロ入り初打席と同じ代打での最後の出場を選んだという。そのシーズン終了後、現役を引退した(任意引退ではなく自由契約での引退)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中込伸

    1000得点:1992年4月26日、対阪神タイガース5回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に中込伸からソロ本塁打を放ち達成 ※史上24人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中村美律子中村 美律子

    「恋の広小路」(1990年12月12日)中村美律子とデュエット落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た前田智徳

    元広島東洋カープの前田智徳の打撃センスを評価しており、打撃指導の時は「広島の前田を参考にしろ」と言う事が多い。また、リトルリーグの指導をする時も「プロの真似をするなら広島の前田の真似をしなさい」と言う。自身の現役時代のフォームの真似については「(非常に高い打撃技術がない限り)真似るとスランプに陥る可能性があるので絶対にやめなさい」と述べている。落合自身の打撃法について「俺と同じ打撃が出来るのは石嶺和彦だけ」と語っており、特に石嶺の内角打ちを高く評価していた。落合は中日の監督に就任すると同時に石嶺を中日の打撃コーチに迎え、石嶺は落合が監督在任した8年間、一貫して打撃コーチとしてチームを支えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 21 - 30件表示

「落合博満」のニューストピックワード