294件中 21 - 30件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た野本圭

    監督時は、全権監督として球団と契約を行なっており、チーム全体の編成権やドラフト会議においても積極的に介入した。例えば、2006年は平田良介、2009年には野本圭の1位指名を熱望し、それぞれ1位指名し獲得した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た張本勲

    1979年(昭和54年)、プロ入り当時のロッテの監督・山内一弘はレベルスイングの本尊といえる人物でもあり、アッパースイングだった落合のバッティングフォームの矯正に取り掛かった。「ホースで水を撒く感じで打て」などのアドバイスを貰ったものの、落合自身は後年「当時の自分には山内さんの高度な打撃理論が理解できなかった」と述べている通り、山内から教わった打法ではボールが前に飛ばない状況であったという。そのため、ベテラン捕手・土肥健二の非常に柔らかいリスト(手首)を使ってボールをはじき返すフォームに注目し、それを真似し、我流のフォーム改造を狙った。土肥のほか、得津高宏の左バッター特有のうまいボールの捕らえ方も参考にした。また打撃コーチの高畠康真は、落合のこのリストワークが気に入り、にロッテに移籍して来た張本勲のもとへ落合を連れていった。張本はレベル&アッパーの打撃理論を主張する打者だが、意外なことに「素晴らしい。このままのスイングで打てる」と絶賛した。落合は高畠から球種を読むテクニックを教わった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た古田敦也古田 敦也

    1991年(平成3年)2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。同年シーズンは終盤まで三冠王を狙える位置にいたが、三冠王を獲得するため本塁打狙いにいった結果打率が伸びず、打率.340・37本塁打・91打点で本塁打王のみに終わる。打率は古田敦也に3毛差(古田.3398、落合.3395)、打点は広沢克己に8打点差で及ばず、それぞれリーグ2位だった。打率に関しては、最終戦で6打数5安打という驚異的な追い上げで1度は首位打者の古田を逆転したものの、最後は古田が最終戦で1打数1安打を放ったことで、タイトル争いに敗れた。この過程で古田のいるヤクルトスワローズとの最終戦では勝負を避けられ、1試合6四球の日本記録を作ったが、落合はヤクルトとの試合後に「こんなレベルで争ってる俺が悪い。歩かされたくなかったら自分が圧倒的な成績を残せば良いだけの話。」と発言している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た山本昌

    2008年(平成20年)8月4日、山本昌が完投で通算200勝を達成した際には先述の日本シリーズの件を引き合いに「代えられません! 日本シリーズとは違います。日本シリーズはチームの記録。きょうのは本人の記録です。」と発言して記者たちの笑いを誘った。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た金田正一

    入団当初、キャンプに来ていた評論家は皆落合のフォームを酷評し、特に前監督・金田正一は面と向かって落合の打撃を酷評した。落合はこの時の思いを「オレは社会人もやってプロ入りしたから何とも無かったが、もし高校出の若い選手が、あんな偉い人からプロに入っていきなり言われたら潰れるだろ」など、度々口に出した。この事は後に金田が会長を務めていた名球会への入会拒否の一因となり、プロ入り2年目ごろには「将来、たとえ2000本安打とか打てたとしても、名球会には入らない」と断言した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た星野仙一

    愛甲猛、清原和博、宇野勝、中村紀洋など新旧のスラッガーに信奉者は数多い。星野仙一も「大変優しい選手だ」とコメントしている。マスコミなどがいないところでは進んでコーチ役も買って出ていたという。また、評論家時代にも、技術向上に励んでいた金本知憲やスランプに陥っていた松中信彦などが落合にアドバイスを求めるなど、選手からの信頼は非常に高い。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た野口茂樹

    1996年(平成8年)、史上7人目の通算500号本塁打、史上7人目の通算1500打点を達成。シーズン終盤に差し掛かるまでは打点王を争っていたが、8月31日の中日戦で野口茂樹から死球を受け、左手首を骨折し戦線離脱。以降の試合は棒に振ったものの、同年の誕生日で43歳になるシーズンにも関わらず、打率.301・21本塁打・86打点・OPS.924という好成績を収めた。日本シリーズ第1戦から復帰。オフに清原和博が巨人へ入団したため、出場機会を求めて球団に自由契約を申し出る。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た金剛弘樹

    中日新聞の読む野球のコーナーで「00」は意味がないという理由で2011年(平成23年)から欠番とすることになった。2007年から2012年まで在籍していた金剛弘樹がつけている「0」も背番号ではないとコメントしている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中込伸

    1000得点:1992年4月26日、対阪神タイガース5回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に中込伸からソロ本塁打を放ち達成 ※史上24人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た西本幸雄

    翌1981年(昭和56年)にはオールスターゲームに初出場を果たし、西本幸雄監督に「これから先、10年・15年、日本プロ野球を背負う男だ」と認められ、スタメンの4番打者で起用される。同年に初めて規定打席に到達すると、早くも首位打者のタイトルを獲得した。有藤道世、レオン・リー、レロン・リーらと強力クリーンナップを形成し、日本ハムとのパシフィック・リーグプレーオフでは第4戦に本塁打を放つなど、球団史上最後となる20世紀中のポストシーズンでの勝利に貢献した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 21 - 30件表示

「落合博満」のニューストピックワード