332件中 31 - 40件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た立浪和義

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た小笠原道大

    選手との契約更改にGMとして同席し、退団し巨人に入団した井端弘和と、FA宣言してソフトバンクに移籍した中田賢一を除く中日選手は年俸提示に同意し、総年俸から総額推定8億円超のコストカットを実現した。補強面では巨人からFAで小笠原道大を、ロッテから戦力外となっていた工藤隆人を補強したが、Bクラスが続き、2016年には19年ぶりの最下位と不振に終わった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た伊東勤

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た川相昌弘

    2003年10月8日、中日の監督に就任することが発表された(3年契約)。就任早々、16人の選手の背番号とユニフォームのデザインを変更した。このユニフォームは退任する2011年まで使用された。トレードの凍結を宣言し、外部からの補強は川相昌弘とドミンゴ・グスマンと筒井正也のみにとどめた。キャンプ初日に紅白戦を実施。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たトニ・ブランコ

    、監督として3度目のリーグ優勝を達成。井端弘和のケガによる離脱、トニ・ブランコの不調により得点力が大幅に低下し、一時は首位に8ゲーム差をつけられたが、ホームゲームにおいて勝率.746と無類の強さを発揮し、9月10日に首位に立ち、巨人・阪神との激しい三つ巴の争いを制して143試合目にして優勝を達成。クライマックスシリーズ2ndステージで巨人を4勝1敗で破り日本シリーズに進出したが、パ・リーグ3位から勝ち上がってきた千葉ロッテマリーンズに2勝4敗1分で敗れ日本一はならなかった。なお、2010年シーズン終了時点で7年連続で指揮した監督となり、与那嶺要(1972年 - 1977年)と星野仙一(第二次政権時の1996年 - 2001年)の6年連続を上回り球団歴代1位となった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た大矢明彦

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た牛島和彦

    、5試合連続本塁打のイースタン・リーグ記録を作って後期に一軍に戻ると、57試合で15本塁打を放った。西武ライオンズ球場でのジュニアオールスターゲームにもオールイースタン選抜で出場し、オールウェスタンの高卒新人バッテリー牛島和彦・香川伸行からタイムリー記録。同年の近鉄バファローズとのパシフィック・リーグプレーオフに出場し、自身初のポストシーズンを体験した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た清原和博

    同年オフに清原和博が自身と同じ一塁手として巨人に入団してきたため、球団に自由契約を申し出る。退団会見は監督の長嶋が同席のもとで行われた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た宮本慎也

    落合が在籍した - の3年間、長嶋茂雄が率いるチームの2度(1994年、1996年)のリーグ優勝に4番打者として貢献した。1994年は左脇腹や左手手首に死球を受けて不調に苦しみながら、10.8決戦で今中慎二から先制ホームランを放って優勝に貢献した。のシーズンは首位打者争いを繰り広げ8月31日時点では打率.332、最終的にシーズン打率.311(リーグ4位)を残し、17本塁打、65打点をマークした。同年4月に2000本安打も達成したが、名球会入りを辞退している。41歳4か月での2000本安打達成は自身がロッテ時代その打撃技術に一目置いていた新井宏昌の40歳2か月を抜き、当時の日本プロ野球史上最年長記録となった(その後、2012年5月に宮本慎也が41歳5か月で記録して更新)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た岩瀬仁紀

    2007年11月1日、日本ハムとの日本選手権シリーズ第5戦で球団として53年ぶりの日本一を成し遂げた。その一方で8回表まで完全試合投球を続けていた先発の山井大介を9回表に岩瀬仁紀へ交代させた采配には、賛否両論が巻き起こった(2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投を参照)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 31 - 40件表示

「落合博満」のニューストピックワード