294件中 31 - 40件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た中村美律子中村 美律子

    恋の広小路(1990年12月12日)中村美律子とデュエット落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た前田智徳

    広島東洋カープの前田智徳の打撃センスを評価しており、打撃指導の時は「広島の前田を参考にしろ」と言う事が多い。また、リトルリーグの指導をする時も「プロの真似をするなら広島の前田の真似をしなさい」と言う。ちなみに自身の現役時代のフォームの真似については「(非常に高い打撃技術がない限り)真似るとスランプに陥る可能性があるので絶対にやめなさい」と述べている。落合自身の打撃法について「俺と同じ打撃が出来るのは石嶺和彦だけ」と語っており、特に石嶺の内角打ちを高く評価していた。落合は中日の監督に就任すると同時に石嶺を中日の打撃コーチに迎え、石嶺は落合が監督在任した8年間、一貫して打撃コーチとしてチームを支えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中里篤史

    中里篤史や佐藤充など、後がない選手には1年だけ猶予を与えるが、支配下の選手の中で一番下という意味で背番号を「70」に変更させる。結局、中里と佐藤は結果が出せず1年後に戦力外となった。また、この2人以前にも70を着けていた鳥谷部健一(2006年(平成18年))、三澤興一(2007年(平成19年))は移籍して僅か1年でそれぞれ戦力外となっている。ただし2011年に加入したエンジェルベルト・ソトは例外で、入団当初から「70」をつけていた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た新井宏昌

    長嶋茂雄監督率いるチームの2度(1994年(平成6年)、1996年(平成8年))のリーグ優勝に4番打者として貢献。1995年(平成7年)4月に2000本安打を達成したが、先述のような経緯もあり、名球会入りを拒否した。41歳4ヶ月での2000本安打達成は自身がロッテ時代その打撃技術に一目置いていた新井宏昌の40歳2ヶ月を抜き当時の日本プロ野球史上最年長記録となった(その後、2012年(平成24年)5月に宮本慎也が41歳5ヶ月で記録して更新)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た広沢克己広澤 克実

    1991年(平成3年)2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。同年シーズンは終盤まで三冠王を狙える位置にいたが、三冠王を獲得するため本塁打狙いにいった結果打率が伸びず、打率.340・37本塁打・91打点で本塁打王のみに終わる。打率は古田敦也に3毛差(古田.3398、落合.3395)、打点は広沢克己に8打点差で及ばず、それぞれリーグ2位だった。打率に関しては、最終戦で6打数5安打という驚異的な追い上げで1度は首位打者の古田を逆転したものの、最後は古田が最終戦で1打数1安打を放ったことで、タイトル争いに敗れた。この過程で古田のいるヤクルトスワローズとの最終戦では勝負を避けられ、1試合6四球の日本記録を作ったが、落合はヤクルトとの試合後に「こんなレベルで争ってる俺が悪い。歩かされたくなかったら自分が圧倒的な成績を残せば良いだけの話。」と発言している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た西本聖

    250本塁打:1987年5月19日、対読売ジャイアンツ7回戦(ナゴヤ球場)、6回裏に西本聖から中越2ラン ※史上27人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た立浪和義

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、2006年(平成18年)からは「31」に変更している。2009年(平成21年)には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、2011年(平成23年)から吉川大幾に与えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た関川浩一

    監督就任時の2004年は「この1年は補強を凍結し、個々の選手の能力を10%底上げして日本一を獲る」という公約を掲げ、補強は控えた(なお、戦略的な意味では表ローテとなるドミンゴ・グスマンを獲得している)。2005年(平成17年)のシーズンに向けては凍結を解除し、阪神と競合の上、横浜のタイロン・ウッズを獲得。一方、新規参入にもかかわらず拡張ドラフトが行われずチーム編成もままならなかった楽天に関川浩一、酒井忠晴、小山伸一郎、紀藤真琴の4人を無償でトレード移籍させた。楽天には翌年にも実力がありながら出番に恵まれなかった土谷鉄平を金銭で移籍させている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た金本知憲金本 知憲

    愛甲猛、清原和博、宇野勝、中村紀洋など新旧のスラッガーに信奉者は数多い。星野仙一も「大変優しい選手だ」とコメントしている。マスコミなどがいないところでは進んでコーチ役も買って出ていたという。また、評論家時代にも、技術向上に励んでいた金本知憲やスランプに陥っていた松中信彦などが落合にアドバイスを求めるなど、選手からの信頼は非常に高い。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た岡田彰布

    岡田彰布は落合と2008年(平成20年)オフに会話した折、これからはウッズ・和田など他球団の強力な主軸をマネーゲームで取る野球ではなく、選手を育成して勝利するという強い執念を感じたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 31 - 40件表示

「落合博満」のニューストピックワード