332件中 41 - 50件表示
  • 落合博満

    落合博満から見たタイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズの藤井秀悟に対する殴打事件による出場停止と交流戦における負け越しにより失速。2位に終わる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た吉川大幾

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た高橋周平

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た谷哲也

    中里篤史や佐藤充など、後がない選手には1年だけ猶予を与えるが、支配下の選手の中で一番下という意味で背番号を「70」に変更させる。結局、中里と佐藤は結果が出せず1年後に戦力外となった。また、この2人以前にも70をつけていた鳥谷部健一()、三澤興一()は移籍して1年でそれぞれ戦力外となっている。ただし、2011年に加入したエンジェルベルト・ソトは例外で、入団当初から「70」をつけていた。GMとして中日復帰後は「70」をつけていたダニエル・カブレラの背番号を「99」に変更させ、谷哲也の背番号を「70」に変更させた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たエンジェルベルト・ソト

    中里篤史や佐藤充など、後がない選手には1年だけ猶予を与えるが、支配下の選手の中で一番下という意味で背番号を「70」に変更させる。結局、中里と佐藤は結果が出せず1年後に戦力外となった。また、この2人以前にも70をつけていた鳥谷部健一()、三澤興一()は移籍して1年でそれぞれ戦力外となっている。ただし、2011年に加入したエンジェルベルト・ソトは例外で、入団当初から「70」をつけていた。GMとして中日復帰後は「70」をつけていたダニエル・カブレラの背番号を「99」に変更させ、谷哲也の背番号を「70」に変更させた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たアレックス・カブレラ

    350本塁打:1990年5月8日、対阪神タイガース3回戦(浜松球場)、3回裏に嶋尾慶一から左越先制3ラン ※史上14人目(歴代2位の1257試合で到達:当時史上最速、後にアレックス・カブレラが更新)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た江夏豊

    落合の採用していた打法は、同じ神主打法を使用する他の選手と比べても独特であった。この打法はプロ入り間もない頃に受けた松沼博久の徹底したインハイ(内角高め)攻めに対応するため、改良を重ねて編み出されたものである。松沼は「最初のうち落合はインハイが全く打てず、ある時を境に苦手なはずのインハイばかり狙って振ってきた。そのうちインコースが投げ難い構え(神主打法)を編み出し、インハイを完璧にカットする技術を身に付けていた」と語っている。これには一軍に定着した頃に江夏豊から「ピッチャーは特定の球種を待たれるのが一番嫌なんだ、お前みたいにコロコロ狙い球を変えていたら一生俺からは打てない」と言われたことが関係しており、以降は狙い球を絞り、インハイの力のある球に振り後れないよう打席ではインハイを待っていたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た森野将彦

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た佐々木主浩

    、引退後にニュースステーションに出演。その中で横浜ベイスターズの佐々木主浩の決め球であるフォークボールに対して、「あれはフォークではなくカーブ」という旨の発言をするなど、佐々木の攻略法を語った。実際に佐々木を苦手とした選手は多く、特に巨人時代の松井秀喜は佐々木を大の苦手にしていたが、そんな中で落合は佐々木をよく打っており、落合の対佐々木通算成績は打率.444(36打数16安打4本塁打)である。また、佐々木はメジャーに移籍するまでの10年間でサヨナラ本塁打を1度しか打たれていないが、その唯一のサヨナラ本塁打を打ったのが中日時代の落合である。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た張本勲

    『原辰徳と落合博満の監督力』(張本勲著、青志社、2011年1月、ISBN 9784905042105)落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 41 - 50件表示

「落合博満」のニューストピックワード