294件中 41 - 50件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た福留孝介

    2008年(平成20年)、3位に終わる。監督就任5年目で順位・勝利数・勝率のいずれもワーストとなり、監督として最悪のシーズンとなった。ただし、本拠地・ナゴヤドームへの観客動員数は自身が監督を務めた8年間で最高であった。福留孝介のメジャー移籍や北京五輪で5人の主力選手が抜けたことが響いた。クライマックスシリーズ2ndステージでは巨人に1勝したのみに終わり敗退。オフに球団と新たに3年契約を結んだ。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た伊東勤

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、2006年(平成18年)からは「31」に変更している。2009年(平成21年)には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、2011年(平成23年)から吉川大幾に与えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た川相昌弘

    就任早々、16人の選手の背番号とユニフォームのデザインを変更した。このユニフォームは退任する2011年まで使用された。トレードの凍結を宣言し、主な補強は川相昌弘とドミンゴ・グスマンのみにとどめた。キャンプ初日に紅白戦を実施。2004年(平成16年)、就任1年目にしてリーグ優勝を達成。日本シリーズでは、先に3勝しながらも3勝4敗で敗れ日本一ならず。開幕戦では3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎を開幕投手に起用、川崎は5失点で降板するも逆転勝ちした。エースの川上憲伸を3戦目に先発させ3連敗のリスクを避けると同時に、川崎の開幕起用で補強なしの全選手横一線のチームに刺激を与えることと、先発投手についての情報の漏洩がないかを確かめることが目的と後に語っている(退任後に「外部に漏らしそうなコーチには伝えていなかった」と語っている)。また、投手起用については森繁和投手コーチ(投手チーフコーチ、一軍バッテリーチーフコーチを経て後のヘッドコーチ)がリリーフを含めて全て決めていたが、この川崎の開幕起用のみは落合が決めた。落合が森コーチへ川崎の開幕起用を提案したところ「長いシーズンでは負けてもいい試合がいくつかあるが、開幕戦からいきなり捨てゲームを作るのか」と呆れられたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たトニ・ブランコ

    2010年(平成22年)、監督として3度目のリーグ優勝を達成。井端弘和のケガによる離脱、トニ・ブランコの不調により得点力が大幅に低下し、一時は首位に8ゲーム差をつけられたが、リーグトップの投手陣の働きにより9月10日に首位に立ち、巨人・阪神との激しい三つ巴の争いを制して143試合目にして優勝を達成。クライマックスシリーズ2ndステージで巨人を4勝1敗で破り日本シリーズに進出したが、パ・リーグ3位から勝ち上がってきた千葉ロッテマリーンズに2勝4敗1分で敗れ日本一はならなかった。なお、2010年シーズン終了時点で7年連続で指揮した監督となり、与那嶺要(1972年(昭和47年) - 1977年(昭和52年))と星野仙一(第二次政権時の1996年(平成8年) - 2001年(平成13年))の6年連続を上回り球団歴代1位となった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た金本明博

    2007年(平成19年)、投手として入団した2年目の金本明博を野手へ転向させることを決断。それにより今年中の一軍昇格は無理だと判断したことと、もしもの時に備えて70人ギリギリの選手枠に空きを作りたいということを理由に、ウェーバーにかけた後に他球団から獲得の意思が無ければ育成選手として再契約することを決めた。だが選手会はこの件に関して、「育成選手の意味を都合良く解釈するな」と猛抗議。落合もこれに真っ向から反論。「本人と十分に話し合って同意を得た上で、決められたルールに従ってやったことだ。本来なら金本は、8月には整理リストに入っていても(解雇の候補に挙がっても)おかしくない選手。育成選手枠の存在があるからこそ、金本は今も中日のユニフォームを着ていられるんだ」と発言している。結局は同年5月1日、セ・リーグの豊蔵一会長が金本のウェーバー公示の取り消しを中日球団に通告。「総合的に判断して決めた。ウェーバー公示の一方的な取り消しは規約違反だと分かってはいるが、承知の上」と弁明。だが落合は「正規のルールに従ってやっていることなのに、何故そういうことになるのか」と激怒した上で対応を球団に全て任せるとし、中日球団は法廷闘争も辞さない構えを見せていたが、結局はこの取り消しを承諾。金本は投手から内野手に再登録して支配下登録のまま中日に身を置いていたが、同年10月29日球団から戦力外通告を受け、育成選手としての再契約も断り引退した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た斉藤和巳

    2006年(平成18年)、「斉藤(和巳)こそが日本球界でもっとも優秀な投手」と語るなど、斉藤和巳を絶賛する発言を連発した。斉藤が日本一の投手、メジャーでも活躍できるといった趣旨の発言もしている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た大矢明彦

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、2006年(平成18年)からは「31」に変更している。2009年(平成21年)には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、2011年(平成23年)から吉川大幾に与えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た牛島和彦

    1986年(昭和61年)、シーズン中盤までブーマー・ウェルズや秋山幸二らと熾烈なタイトル争いを繰り広げ、最終的に2年連続で3度目の三冠王を獲得(打率:.360、本塁打:50本、打点:116)。2年連続の三冠王は日本プロ野球界において王貞治(1973年(昭和48年) - 1974年(昭和49年))、ランディ・バース(1985年 - 1986年)、落合の3名のみで、通算3度獲得は落合のみである。 また2年連続50本塁打はプロ野球史上初だった。同年シーズン終了後、自身の理解者であった稲尾和久が成績不振で監督を解任されると、落合は「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない」と発言した。その後、牛島和彦・上川誠二・平沼定晴・桑田茂の4選手との1対4の交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た鉄平 (野球)

    監督就任時の2004年は「この1年は補強を凍結し、個々の選手の能力を10%底上げして日本一を獲る」という公約を掲げ、補強は控えた(なお、戦略的な意味では表ローテとなるドミンゴ・グスマンを獲得している)。2005年(平成17年)のシーズンに向けては凍結を解除し、阪神と競合の上、横浜のタイロン・ウッズを獲得。一方、新規参入にもかかわらず拡張ドラフトが行われずチーム編成もままならなかった楽天に関川浩一、酒井忠晴、小山伸一郎、紀藤真琴の4人を無償でトレード移籍させた。楽天には翌年にも実力がありながら出番に恵まれなかった土谷鉄平を金銭で移籍させている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    2007年(平成19年)にオリックスとの契約交渉がこじれて自由契約になった中村紀洋を、2000年から落合の指導を受けていることもあり育成選手(後に支配下登録)として獲得した(中村とは近鉄時代から交流があり、また落合とも親友で近鉄の監督経験者であった梨田昌孝が間を取り持った)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 41 - 50件表示

「落合博満」のニューストピックワード

  • 無防備で獲られるのも、しゃくじゃない?やれることはやった