294件中 51 - 60件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た宮本慎也

    長嶋茂雄監督率いるチームの2度(1994年(平成6年)、1996年(平成8年))のリーグ優勝に4番打者として貢献。1995年(平成7年)4月に2000本安打を達成したが、先述のような経緯もあり、名球会入りを拒否した。41歳4ヶ月での2000本安打達成は自身がロッテ時代その打撃技術に一目置いていた新井宏昌の40歳2ヶ月を抜き当時の日本プロ野球史上最年長記録となった(その後、2012年(平成24年)5月に宮本慎也が41歳5ヶ月で記録して更新)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た野茂英雄

    1990年(平成2年)、34本塁打・102打点で本塁打王と打点王を獲得。両リーグ本塁打王は史上初だった。また、最高出塁率も獲得していた為、結果的にはセ・リーグ移籍後初となるタイトル三冠を手中にしている。この年、鳴り物入りでプロ入りし快進撃を続けていた近鉄バファローズ(当時)の野茂英雄について、オールスター前にコメントを求められた落合は「フォークでしか勝負できないんだろう。若いのにオジン臭い投手だ」と酷評。そしてオールスター第2戦で落合と野茂の対決が実現すると、落合は野茂が投じた高めのストレートを狙い打ち、本塁打を放った。全パを指揮していた森祇晶は野茂にフォークの多投を進言していたが、野茂はこの対戦で1球しかフォークを投げておらず、完全に落合の挑発に乗った形になってしまった。桑田真澄や今中慎二にも同様のエピソードがある。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た岩瀬仁紀

    2007年(平成19年)11月1日、日本ハムとの日本選手権シリーズ第5戦で平田良介が打った犠牲フライによる1点を守りきり、球団として53年間達成できなかった日本一を成し遂げた。その一方で8回表まで完全試合投球を続けていた先発の山井大介を9回表に岩瀬仁紀へ交代させた采配には、他球団ファンや在京マスコミを中心として賛否両論が巻き起こった(2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た篠塚利夫

    1987年(昭和62年)、2年連続三冠王としてセ・リーグでデビュー。8月20日に妻信子との間に長男の福嗣が誕生した。同年シーズンは篠塚利夫・正田耕三らと首位打者争いを繰り広げ、首位と2厘差のリーグ3位の打率.331を記録する。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た石ノ森章太郎

    石ノ森章太郎の漫画およびアニメ『ミラクルジャイアンツ童夢くん』に実名で中日選手として登場(声優は沢木郁也)。劇中の主人公、新城童夢(ジャイアンツ)の投げる魔球「童夢スペシャル1号・スノーミラージュボール」を初めて打破するなど、実在の選手としては最大のライバルとして童夢に対峙する(他に童夢の魔球と対決するのは架空の人物が主)。アニメのサブタイトルにも「落合、魔球打倒宣言」(第8話)、「対決!落合対童夢」(第9話)などと題される。信子夫人も劇中に登場した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た吉川大幾

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、2006年(平成18年)からは「31」に変更している。2009年(平成21年)には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、2011年(平成23年)から吉川大幾に与えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たランディ・バース

    1986年(昭和61年)、シーズン中盤までブーマー・ウェルズや秋山幸二らと熾烈なタイトル争いを繰り広げ、最終的に2年連続で3度目の三冠王を獲得(打率:.360、本塁打:50本、打点:116)。2年連続の三冠王は日本プロ野球界において王貞治(1973年(昭和48年) - 1974年(昭和49年))、ランディ・バース(1985年 - 1986年)、落合の3名のみで、通算3度獲得は落合のみである。 また2年連続50本塁打はプロ野球史上初だった。同年シーズン終了後、自身の理解者であった稲尾和久が成績不振で監督を解任されると、落合は「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない」と発言した。その後、牛島和彦・上川誠二・平沼定晴・桑田茂の4選手との1対4の交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中田賢一

    中日を代表する投手が代々着用し伝統となっていた“中日のエースナンバーは「20」”という考え方にも否定的で、2004年(平成16年)の川崎憲次郎が引退後に入団した中田賢一に「20」を与えた。「オレの中では18がエース番号。だれかがあれ(20)をつけないと番号が足りない」と説明している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た与那嶺要

    2010年(平成22年)、監督として3度目のリーグ優勝を達成。井端弘和のケガによる離脱、トニ・ブランコの不調により得点力が大幅に低下し、一時は首位に8ゲーム差をつけられたが、リーグトップの投手陣の働きにより9月10日に首位に立ち、巨人・阪神との激しい三つ巴の争いを制して143試合目にして優勝を達成。クライマックスシリーズ2ndステージで巨人を4勝1敗で破り日本シリーズに進出したが、パ・リーグ3位から勝ち上がってきた千葉ロッテマリーンズに2勝4敗1分で敗れ日本一はならなかった。なお、2010年シーズン終了時点で7年連続で指揮した監督となり、与那嶺要(1972年(昭和47年) - 1977年(昭和52年))と星野仙一(第二次政権時の1996年(平成8年) - 2001年(平成13年))の6年連続を上回り球団歴代1位となった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た松中信彦

    愛甲猛、清原和博、宇野勝、中村紀洋など新旧のスラッガーに信奉者は数多い。星野仙一も「大変優しい選手だ」とコメントしている。マスコミなどがいないところでは進んでコーチ役も買って出ていたという。また、評論家時代にも、技術向上に励んでいた金本知憲やスランプに陥っていた松中信彦などが落合にアドバイスを求めるなど、選手からの信頼は非常に高い。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 51 - 60件表示

「落合博満」のニューストピックワード