332件中 51 - 60件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た広澤克実広澤 克実

    2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。同年シーズンは前半戦に肉離れを起こし、大事を取り打撃三部門のトップに立った時点で1ヵ月程戦線離脱をした。結果、打率.340・37本塁打・91打点で本塁打王を獲得。打率は古田敦也に3毛差(古田.3398、落合.3395)、打点は広沢克己に8打点差で及ばず、それぞれリーグ2位だった。打率に関しては、最終戦で6打数5安打を記録し一度は首位打者の古田を逆転したものの、最後は古田が最終戦で1打数1安打を放ったことで、タイトル争いに敗れた。この過程で古田のいるヤクルトスワローズとの最終戦では勝負を避けられ、1試合6四球の日本記録を作ったが、落合はヤクルトとの試合後に。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た古田敦也

    2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。同年シーズンは前半戦に肉離れを起こし、大事を取り打撃三部門のトップに立った時点で1ヵ月程戦線離脱をした。結果、打率.340・37本塁打・91打点で本塁打王を獲得。打率は古田敦也に3毛差(古田.3398、落合.3395)、打点は広沢克己に8打点差で及ばず、それぞれリーグ2位だった。打率に関しては、最終戦で6打数5安打を記録し一度は首位打者の古田を逆転したものの、最後は古田が最終戦で1打数1安打を放ったことで、タイトル争いに敗れた。この過程で古田のいるヤクルトスワローズとの最終戦では勝負を避けられ、1試合6四球の日本記録を作ったが、落合はヤクルトとの試合後に。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た西本幸雄

    翌にはオールスターゲームに初出場を果たし、監督の西本幸雄に、スタメンの4番打者で起用される。同年に初めて規定打席に到達すると、首位打者のタイトルを獲得。有藤通世、レオン・リー、レロン・リーらとクリーンナップを形成し、日本ハムとのパシフィック・リーグプレーオフでは第4戦に本塁打を放った。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中里篤史

    中里篤史や佐藤充など、後がない選手には1年だけ猶予を与えるが、支配下の選手の中で一番下という意味で背番号を「70」に変更させる。結局、中里と佐藤は結果が出せず1年後に戦力外となった。また、この2人以前にも70をつけていた鳥谷部健一()、三澤興一()は移籍して1年でそれぞれ戦力外となっている。ただし、2011年に加入したエンジェルベルト・ソトは例外で、入団当初から「70」をつけていた。GMとして中日復帰後は「70」をつけていたダニエル・カブレラの背番号を「99」に変更させ、谷哲也の背番号を「70」に変更させた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た新井宏昌

    落合が在籍した - の3年間、長嶋茂雄が率いるチームの2度(1994年、1996年)のリーグ優勝に4番打者として貢献した。1994年は左脇腹や左手手首に死球を受けて不調に苦しみながら、10.8決戦で今中慎二から先制ホームランを放って優勝に貢献した。のシーズンは首位打者争いを繰り広げ8月31日時点では打率.332、最終的にシーズン打率.311(リーグ4位)を残し、17本塁打、65打点をマークした。同年4月に2000本安打も達成したが、名球会入りを辞退している。41歳4か月での2000本安打達成は自身がロッテ時代その打撃技術に一目置いていた新井宏昌の40歳2か月を抜き、当時の日本プロ野球史上最年長記録となった(その後、2012年5月に宮本慎也が41歳5か月で記録して更新)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た桑田真澄

    1500本安打:1990年9月5日、対読売ジャイアンツ22回戦(東京ドーム)、9回表に桑田真澄から左越3ラン ※史上59人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た西本聖

    250本塁打:1987年5月19日、対読売ジャイアンツ7回戦(ナゴヤ球場)、6回裏に西本聖から中越2ラン ※史上27人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た高木守道

    2011年シーズンをもって監督を退任したが、これに関しては、落合に勝たれては困ると思っていた球団幹部が存在し、さらに同年9月の巨人戦で負けた際、その幹部にガッツポーズをされたことを明かしている。また、翌2012年のファンクラブ会報誌(1月臨時号)には「高木守道新監督のファンサービスぶりはすでに前任者をはるかに凌駕している」「前任の監督は『勝てばファンはついてくる』といい、勝つこと以外でのファンサービスには熱心ではなかった」などといった露骨な落合批判の文が掲載された。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た岡田彰布

    岡田彰布は落合とオフに会話した折、これからはウッズ・和田など他球団の強力な主軸をマネーゲームで取る野球ではなく、選手を育成して勝利するという強い執念を感じたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た仰木彬

    いずれも規定打席に到達したシーズンの中では過去最低の成績に終わったが、44歳になる年での規定打席到達は現在でも日本プロ野球史上最年長記録である。落合は同年のオールスターゲームにも出場し、第2戦では指揮を執っていた仰木彬監督名物の粋な采配で1番打者として先発出場した。その始球式では女優の広末涼子とも対戦しなかなか投げようとしない広末に対し一旦打席をはずして早く投球するようなジェスチャーをして球場が盛り上がるなど、結果的に落合にとって現役最後のオールスターゲーム出場となった。前年優勝争いをして2位だったチーム成績は4位に終わり、自身にとってもチームにとっても不本意なシーズンとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 51 - 60件表示

「落合博満」のニューストピックワード