332件中 61 - 70件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た落合福嗣

    20代で1度離婚後、ホステスをしていた9歳年上の信子と再婚した。信子は後にタレント活動をするようになった傍ら、内助の功で落合のFA権の行使や監督就任などを決断させたことでも知られる。2人の間には、1987年8月20日に誕生した長男で2015年に声優となった福嗣がいる。また家族以外では、元プロレスラーのジャイアント落合は甥にあたる(姉の子)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た山本浩二

    に行われた第2回WBCで日本代表が優勝したことに対して、「よかったね、おめでとう。」とあまりにもそっけないコメントを残し 1、同大会の日本代表に選出された中日所属の選手が全員出場を辞退している事と共に自身のWBCへの関心の無さを批判された。また、中日監督辞任後にはの第3回WBCの日本代表監督への就任を期待する声もあったが、落合自身は2012年1月13日に紀伊國屋ホールで開かれた著書『采配』(ダイヤモンド社)刊行記念の講演で「(WBCの監督は)絶対やりません。何でそんな命縮めるようなことわざわざしなくちゃいけないのか。短期決戦が下手なんでしょうね。私がやったら絶対に負けますからね」と発言して否定し、結局は山本浩二が監督に就任した落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た野茂英雄

    シーズンは、前年に引き続き阪神に移籍したパリッシュとの本塁打王争いを繰り広げた。5月8日対阪神戦では、王貞治の1270試合を超える1257試合目の史上最速で350号本塁打に達すると、パリッシュが8月に28本塁打を放ったところで阪神を退団。結果的に落合が追い抜いて34本塁打・102打点で本塁打王と打点王を獲得。両リーグ本塁打王は史上初だった。また、最高出塁率も獲得し、セ・リーグ移籍後初となるタイトル三冠を手中にした。この年、鳴り物入りでプロ入りし快進撃を続けていた近鉄バファローズの野茂英雄について、オールスター戦の前にコメントを求められた落合は。そしてオールスター第2戦で落合は野茂が投じた高めのストレートを狙い打ち、本塁打を放った。。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たランディ・バース

    、シーズン中盤までブーマー・ウェルズや秋山幸二らとタイトル争いを繰り広げ、最終的に2年連続で3度目の三冠王を獲得(打率:.360、本塁打:50本、打点:116)。2年連続の三冠王は日本プロ野球界において王貞治( - )、ランディ・バース(1985年 - 1986年)、落合の3選手のみで、通算3度獲得は落合のみである。 また2年連続50本塁打はプロ野球史上初だった。同年シーズン終了後、自身の理解者であった稲尾和久が成績不振で監督を解任されると、落合は「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない」と発言した。落合の著書によると稲尾の後監督になった有藤道世が「監督を引き受ける条件の一つに私(落合)をトレードで出すのが条件」と記している。その後、牛島・上川誠二・平沼定晴・桑田茂の4選手との1対4の交換トレードでセントラル・リーグの中日に移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た藤井秀悟

    、タイロン・ウッズの藤井秀悟に対する殴打事件による出場停止と交流戦における負け越しにより失速。2位に終わる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た与那嶺要

    、監督として3度目のリーグ優勝を達成。井端弘和のケガによる離脱、トニ・ブランコの不調により得点力が大幅に低下し、一時は首位に8ゲーム差をつけられたが、ホームゲームにおいて勝率.746と無類の強さを発揮し、9月10日に首位に立ち、巨人・阪神との激しい三つ巴の争いを制して143試合目にして優勝を達成。クライマックスシリーズ2ndステージで巨人を4勝1敗で破り日本シリーズに進出したが、パ・リーグ3位から勝ち上がってきた千葉ロッテマリーンズに2勝4敗1分で敗れ日本一はならなかった。なお、2010年シーズン終了時点で7年連続で指揮した監督となり、与那嶺要(1972年 - 1977年)と星野仙一(第二次政権時の1996年 - 2001年)の6年連続を上回り球団歴代1位となった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た読売ジャイアンツ

    選手時代はからにかけてロッテオリオンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ(巨人)、日本ハムファイターズに在籍し、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成。からまで中日の監督として指揮を執り、すべての年でAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝、1度の日本一を達成。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た正力松太郎賞

    、ペナントレースでは連覇を逃し2位。同年から導入されたクライマックスシリーズで阪神に2連勝、巨人に3連勝と勝ち進み、日本シリーズに出場し、前年に続き日本ハムと戦い4勝1敗で日本一を奪取。53年ぶり2度目の日本一であり、更にその後行われたアジアシリーズでもチームをアジアチャンピオンに導いた。これらの功績が認められ、自身にとって、また中日の監督・選手として初となる正力松太郎賞を受賞。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た東京ヤクルトスワローズ

    2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。同年シーズンは前半戦に肉離れを起こし、大事を取り打撃三部門のトップに立った時点で1ヵ月程戦線離脱をした。結果、打率.340・37本塁打・91打点で本塁打王を獲得。打率は古田敦也に3毛差(古田.3398、落合.3395)、打点は広沢克己に8打点差で及ばず、それぞれリーグ2位だった。打率に関しては、最終戦で6打数5安打を記録し一度は首位打者の古田を逆転したものの、最後は古田が最終戦で1打数1安打を放ったことで、タイトル争いに敗れた。この過程で古田のいるヤクルトスワローズとの最終戦では勝負を避けられ、1試合6四球の日本記録を作ったが、落合はヤクルトとの試合後に。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た沢木郁也

    石ノ森章太郎の漫画およびアニメ『ミラクルジャイアンツ童夢くん』に実名で中日選手として登場(声優は沢木郁也)。劇中の主人公、新城童夢(ジャイアンツ)の投げる魔球「童夢スペシャル1号・スノーミラージュボール」を初めて打破するなど、実在の選手としては最大のライバルとして童夢に対峙する(他に童夢の魔球と対決するのは架空の人物が主)。アニメのサブタイトルにも「落合、魔球打倒宣言」(第8話)、「対決!落合対童夢」(第9話)などと題される。夫人の信子も劇中に登場した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

332件中 61 - 70件表示

「落合博満」のニューストピックワード