294件中 61 - 70件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た正力松太郎賞

    2007年(平成19年)、ペナントレースでは連覇を逃し2位。同年から導入されたクライマックスシリーズで阪神に2連勝、巨人に3連勝と勝ち進み、日本シリーズに出場し、昨年に続き日本ハムと戦い4勝1敗で日本一を奪取。本人いわく「プレーオフチャンピオン(価値のあるリーグ制覇を経ない日本シリーズ優勝)」ながらも、公式記録上53年ぶり2度目の日本一であり、更にその後行われたアジアシリーズでもチームをアジアチャンピオンに導いた。これらの功績が認められ、自身にとって、また中日の監督・選手として初となる正力松太郎賞を受賞。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た東京ヤクルトスワローズ

    1991年(平成3年)2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。同年シーズンは終盤まで三冠王を狙える位置にいたが、三冠王を獲得するため本塁打狙いにいった結果打率が伸びず、打率.340・37本塁打・91打点で本塁打王のみに終わる。打率は古田敦也に3毛差(古田.3398、落合.3395)、打点は広沢克己に8打点差で及ばず、それぞれリーグ2位だった。打率に関しては、最終戦で6打数5安打という驚異的な追い上げで1度は首位打者の古田を逆転したものの、最後は古田が最終戦で1打数1安打を放ったことで、タイトル争いに敗れた。この過程で古田のいるヤクルトスワローズとの最終戦では勝負を避けられ、1試合6四球の日本記録を作ったが、落合はヤクルトとの試合後に「こんなレベルで争ってる俺が悪い。歩かされたくなかったら自分が圧倒的な成績を残せば良いだけの話。」と発言している。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た千葉ロッテマリーンズ

    1978年のドラフト会議でロッテオリオンズに3位指名されて入団。同年の誕生日で既に25歳という非常に遅いプロ入りとなった(通算2000本安打達成者の中で最も遅いプロ入り)。落合をスカウトした城之内邦雄によると、指名理由は「変化球に強く、投手が苦手とするタイプの打者」という一点のみだった(城之内は投手としての視点から、落合の資質を見抜いていた)。なお、巨人は落合をドラフト2位で指名する予定であったが、江川事件によりドラフト会議自体をボイコットしたため、指名は実現しなかった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た2009年

    2009年(平成21年)、2位に終わる。クライマックスシリーズ2ndステージでも巨人に1勝したのみに終わり敗退。川上憲伸・タイロン・ウッズ・中村紀洋がチームを去り、谷繁元信がケガで離脱したこともあり、4月は負け越して開幕ダッシュに失敗。しかし、その後は巻き返し、7月には首位巨人に1.5ゲーム差まで迫ったが失速し、最終的に首位と12ゲーム差をつけられた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たフジテレビジョン

    ボールを運ぶ巧みなバットコントロールは、数々の逸話を生んだ。ロッテ時代、1986年シーズン終盤の打撃練習中にて、マスコミのカメラがグラウンドにたくさん来ていた。カメラが目の前を通るため、落合は「危ないよ」と何度も警告を出した。しかしそれでもカメラマンが居座ったため、打席に立った落合は「じゃあ、そこ、狙うから」と言い、1球目を右に流し打ちしてフジテレビカメラマンの手持ちカメラのレンズへ直撃させた。だが時価1000万円するカメラのレンズを割られたそのカメラマンは、「良い映像を撮った」という理由で後日に社長賞を受賞し、落合にお礼を言いにきたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た富士通

    富士通(パソコン「FMV」。木村拓哉と共演)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た小学館

    勝負の方程式(小学館 1994年(平成6年)6月 ISBN 4093871213)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た東芝

    1974年(昭和49年)、才能を惜しんだ高校時代の恩師の勧めもあって東京芝浦電気の府中工場に臨時工として入社。同工場の社会人野球チーム・東芝府中に加わった。ここでの在籍5年間の公式戦で約70本塁打を放つなど頭角を現し、1978年(昭和53年)アマチュア野球全日本代表に選出(森繁和も選ばれている)された。この頃の落合は、日中はトランジスタラジオの基板をコツコツと組み立て、夕方から野球の練習をする、という生活を送っていた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中日新聞社

    2009年(平成21年)のシーズン中、親会社が新聞社なのにも関わらず、記者団のインタビューで「当分俺からは野球の話はない。マスコミを使って選手にメッセージを伝えるのはやめた。新聞を読んでない選手もいるから」と発言。これが中日新聞社の大島寅夫社長の怒りを買い、中日新聞上でコラム『読む野球』を書かされることとなった。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たテレビ朝日

    引退後は解説者として活動。1999年(平成11年) - 2001年(平成13年)、テレビ朝日で解説者を務める(キャッチコピーはオレ流解説)。その後はフリーとなっていたが、テレビ朝日時代から通っていた九州朝日放送には度々登場していた。2001年(平成13年)2月、森祇晶監督時代の横浜ベイスターズのキャンプで臨時打撃コーチを務めた。また、1999年(平成11年) から 2003年(平成15年)の間、日刊スポーツ評論家としても活動した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 61 - 70件表示

「落合博満」のニューストピックワード

  • 無防備で獲られるのも、しゃくじゃない?やれることはやった