294件中 71 - 80件表示
  • 落合博満

    落合博満から見たロッテ

    ロッテ 「木の葉」(スナック菓子。1983年)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た講談社

    なんと言われようとオレ流さ(講談社 1986年(昭和61年)4月 ISBN 4062026295)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たアートネイチャー

    アートネイチャー「若露」(育毛剤。1983年)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た紀藤真琴

    監督就任時の2004年は「この1年は補強を凍結し、個々の選手の能力を10%底上げして日本一を獲る」という公約を掲げ、補強は控えた(なお、戦略的な意味では表ローテとなるドミンゴ・グスマンを獲得している)。2005年(平成17年)のシーズンに向けては凍結を解除し、阪神と競合の上、横浜のタイロン・ウッズを獲得。一方、新規参入にもかかわらず拡張ドラフトが行われずチーム編成もままならなかった楽天に関川浩一、酒井忠晴、小山伸一郎、紀藤真琴の4人を無償でトレード移籍させた。楽天には翌年にも実力がありながら出番に恵まれなかった土谷鉄平を金銭で移籍させている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たドミンゴ・グスマン

    就任早々、16人の選手の背番号とユニフォームのデザインを変更した。このユニフォームは退任する2011年まで使用された。トレードの凍結を宣言し、主な補強は川相昌弘とドミンゴ・グスマンのみにとどめた。キャンプ初日に紅白戦を実施。2004年(平成16年)、就任1年目にしてリーグ優勝を達成。日本シリーズでは、先に3勝しながらも3勝4敗で敗れ日本一ならず。開幕戦では3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎を開幕投手に起用、川崎は5失点で降板するも逆転勝ちした。エースの川上憲伸を3戦目に先発させ3連敗のリスクを避けると同時に、川崎の開幕起用で補強なしの全選手横一線のチームに刺激を与えることと、先発投手についての情報の漏洩がないかを確かめることが目的と後に語っている(退任後に「外部に漏らしそうなコーチには伝えていなかった」と語っている)。また、投手起用については森繁和投手コーチ(投手チーフコーチ、一軍バッテリーチーフコーチを経て後のヘッドコーチ)がリリーフを含めて全て決めていたが、この川崎の開幕起用のみは落合が決めた。落合が森コーチへ川崎の開幕起用を提案したところ「長いシーズンでは負けてもいい試合がいくつかあるが、開幕戦からいきなり捨てゲームを作るのか」と呆れられたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た宇野勝

    ロッテ時代、ある日の打撃練習にて、バットの芯を外れた内野ゴロばかり打っていた。その姿を見た村田兆治が声をかけると、落合は「ヒットでなくても三塁走者を帰せるよう”芯を外す練習”をしている」と答えた。村田は呆れつつも感心したという。また、現役時代の落合は口では「記録を出せば給料が上がる」と個人プレーに徹するような発言をしていたが、宇野勝が「落合さんが中日に来て、初めてチームバッティングとはどういうものかを教わった」と発言しているように、落合の打撃は状況に応じて安打、本塁打を狙い分けるものでチームの勝利第一であり、記録はその結果付いてきたものであった。実際、試合に勝つためにノーサインで突如送りバントを成功させ、周囲を驚かせたこともあった(シーズン終了後に「あれは勝つための判断」と説明)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た谷繁元信

    2009年(平成21年)、2位に終わる。クライマックスシリーズ2ndステージでも巨人に1勝したのみに終わり敗退。川上憲伸・タイロン・ウッズ・中村紀洋がチームを去り、谷繁元信がケガで離脱したこともあり、4月は負け越して開幕ダッシュに失敗。しかし、その後は巻き返し、7月には首位巨人に1.5ゲーム差まで迫ったが失速し、最終的に首位と12ゲーム差をつけられた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た川崎憲次郎

    就任早々、16人の選手の背番号とユニフォームのデザインを変更した。このユニフォームは退任する2011年まで使用された。トレードの凍結を宣言し、主な補強は川相昌弘とドミンゴ・グスマンのみにとどめた。キャンプ初日に紅白戦を実施。2004年(平成16年)、就任1年目にしてリーグ優勝を達成。日本シリーズでは、先に3勝しながらも3勝4敗で敗れ日本一ならず。開幕戦では3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎を開幕投手に起用、川崎は5失点で降板するも逆転勝ちした。エースの川上憲伸を3戦目に先発させ3連敗のリスクを避けると同時に、川崎の開幕起用で補強なしの全選手横一線のチームに刺激を与えることと、先発投手についての情報の漏洩がないかを確かめることが目的と後に語っている(退任後に「外部に漏らしそうなコーチには伝えていなかった」と語っている)。また、投手起用については森繁和投手コーチ(投手チーフコーチ、一軍バッテリーチーフコーチを経て後のヘッドコーチ)がリリーフを含めて全て決めていたが、この川崎の開幕起用のみは落合が決めた。落合が森コーチへ川崎の開幕起用を提案したところ「長いシーズンでは負けてもいい試合がいくつかあるが、開幕戦からいきなり捨てゲームを作るのか」と呆れられたという。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た森繁和

    1974年(昭和49年)、才能を惜しんだ高校時代の恩師の勧めもあって東京芝浦電気の府中工場に臨時工として入社。同工場の社会人野球チーム・東芝府中に加わった。ここでの在籍5年間の公式戦で約70本塁打を放つなど頭角を現し、1978年(昭和53年)アマチュア野球全日本代表に選出(森繁和も選ばれている)された。この頃の落合は、日中はトランジスタラジオの基板をコツコツと組み立て、夕方から野球の練習をする、という生活を送っていた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た森祇晶

    1990年(平成2年)、34本塁打・102打点で本塁打王と打点王を獲得。両リーグ本塁打王は史上初だった。また、最高出塁率も獲得していた為、結果的にはセ・リーグ移籍後初となるタイトル三冠を手中にしている。この年、鳴り物入りでプロ入りし快進撃を続けていた近鉄バファローズ(当時)の野茂英雄について、オールスター前にコメントを求められた落合は「フォークでしか勝負できないんだろう。若いのにオジン臭い投手だ」と酷評。そしてオールスター第2戦で落合と野茂の対決が実現すると、落合は野茂が投じた高めのストレートを狙い打ち、本塁打を放った。全パを指揮していた森祇晶は野茂にフォークの多投を進言していたが、野茂はこの対戦で1球しかフォークを投げておらず、完全に落合の挑発に乗った形になってしまった。桑田真澄や今中慎二にも同様のエピソードがある。落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 71 - 80件表示

「落合博満」のニューストピックワード