294件中 81 - 90件表示
  • 落合博満

    落合博満から見た中日ドラゴンズ

    落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年(昭和28年)12月9日 - )は、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球監督。2004年(平成16年)から2011年(平成23年)まで中日ドラゴンズ監督として指揮を執った。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た福岡ソフトバンクホークス

    中日ドラゴンズ監督時代は「(プロ野球チームは)勝つことが最大のファンサービスである」と口にしている。ただし、2004年(平成16年)のプロ野球再編問題 (2004年)の時は例外で、同年の中日は首位を走っていたが、プロ野球ストライキ前には、井端弘和選手会長を呼び、「選手会として、徹底的に戦ってこい。優勝や日本シリーズがなくなってもかまわない。世の中にはそれ以上に大切なことがある」と言ったという。また、スト決行後は取材に対し「経緯を考えてみろ。選手会もやりたくてストをやったわけじゃない。(日本野球機構側に)やりようならいくらでもある。時間もまだあるじゃないか」「長年、この世界にいるから経営者側、選手会側の言い分も分かる。ただ赤字が続くというなら赤字を減らす努力をなぜしないんだ」と、この問題は機構・経営側に主たる責任があるという見解を示した。この時点でパ・リーグ首位のダイエー・王貞治監督は、「今の時代は企業も伸びたり、縮んだりしている。選手会が雇用の枠を譲れないというのだけでは、まかり通らない」と選手会を批判しており、好対照の発言となった。2008年(平成20年)に放映された、その球界再編問題をとりあげたNHKのドラマ仕立てのドキュメンタリーでは、中心的人物のひとりとして取り上げられた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た日本野球機構

    中日ドラゴンズ監督時代は「(プロ野球チームは)勝つことが最大のファンサービスである」と口にしている。ただし、2004年(平成16年)のプロ野球再編問題 (2004年)の時は例外で、同年の中日は首位を走っていたが、プロ野球ストライキ前には、井端弘和選手会長を呼び、「選手会として、徹底的に戦ってこい。優勝や日本シリーズがなくなってもかまわない。世の中にはそれ以上に大切なことがある」と言ったという。また、スト決行後は取材に対し「経緯を考えてみろ。選手会もやりたくてストをやったわけじゃない。(日本野球機構側に)やりようならいくらでもある。時間もまだあるじゃないか」「長年、この世界にいるから経営者側、選手会側の言い分も分かる。ただ赤字が続くというなら赤字を減らす努力をなぜしないんだ」と、この問題は機構・経営側に主たる責任があるという見解を示した。この時点でパ・リーグ首位のダイエー・王貞治監督は、「今の時代は企業も伸びたり、縮んだりしている。選手会が雇用の枠を譲れないというのだけでは、まかり通らない」と選手会を批判しており、好対照の発言となった。2008年(平成20年)に放映された、その球界再編問題をとりあげたNHKのドラマ仕立てのドキュメンタリーでは、中心的人物のひとりとして取り上げられた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たオリックス・バファローズ

    2007年(平成19年)にオリックスとの契約交渉がこじれて自由契約になった中村紀洋を、2000年から落合の指導を受けていることもあり育成選手(後に支配下登録)として獲得した(中村とは近鉄時代から交流があり、また落合とも親友で近鉄の監督経験者であった梨田昌孝が間を取り持った)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た読売ジャイアンツ

    1993年(平成5年)、史上初の両リーグ200本塁打を達成。同年オフ、導入されたばかりのフリーエージェント(FA)制度を行使してFAを宣言し、巨人に移籍した。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た北海道日本ハムファイターズ

    1997年(平成9年)、ヤクルトスワローズの誘いを断り、2年契約を提示した上田利治監督率いる日本ハムファイターズに移籍。背番号は「3」。大杉勝男に次ぐプロ野球史上二人目の両リーグ1000本安打を達成するものの、打率.262、本塁打3、打点43はいずれもレギュラーになって以降最低の成績で、年齢から来る衰えが顕著になった。44歳になる年での規定打席到達は現在でも日本プロ野球史上最年長記録である。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た阪神タイガース

    監督就任時の2004年は「この1年は補強を凍結し、個々の選手の能力を10%底上げして日本一を獲る」という公約を掲げ、補強は控えた(なお、戦略的な意味では表ローテとなるドミンゴ・グスマンを獲得している)。2005年(平成17年)のシーズンに向けては凍結を解除し、阪神と競合の上、横浜のタイロン・ウッズを獲得。一方、新規参入にもかかわらず拡張ドラフトが行われずチーム編成もままならなかった楽天に関川浩一、酒井忠晴、小山伸一郎、紀藤真琴の4人を無償でトレード移籍させた。楽天には翌年にも実力がありながら出番に恵まれなかった土谷鉄平を金銭で移籍させている。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た広島東洋カープ

    広島東洋カープの前田智徳の打撃センスを評価しており、打撃指導の時は「広島の前田を参考にしろ」と言う事が多い。また、リトルリーグの指導をする時も「プロの真似をするなら広島の前田の真似をしなさい」と言う。ちなみに自身の現役時代のフォームの真似については「(非常に高い打撃技術がない限り)真似るとスランプに陥る可能性があるので絶対にやめなさい」と述べている。落合自身の打撃法について「俺と同じ打撃が出来るのは石嶺和彦だけ」と語っており、特に石嶺の内角打ちを高く評価していた。落合は中日の監督に就任すると同時に石嶺を中日の打撃コーチに迎え、石嶺は落合が監督在任した8年間、一貫して打撃コーチとしてチームを支えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た嶋尾慶一嶋尾 康史

    350本塁打:1990年5月8日、対阪神タイガース3回戦(浜松球場)、3回裏に嶋尾慶一から左越先制3ラン ※史上14人目(歴代2位の1257試合で到達:当時史上最速、後にアレックス・カブレラが更新)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た今井雄太郎

    200本塁打:1986年5月31日、対阪急ブレーブス8回戦(川崎球場)、2回裏に今井雄太郎から中越先制ソロ ※史上48人目落合博満 フレッシュアイペディアより)

294件中 81 - 90件表示

「落合博満」のニューストピックワード

  • 無防備で獲られるのも、しゃくじゃない?やれることはやった