前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1052件中 1 - 10件表示
  • 本田久作

    本田久作から見た落語落語

    2002年 国立演芸場台本募集で落語「仏の遊び」佳作入選本田久作 フレッシュアイペディアより)

  • 浪曲

    浪曲から見た落語落語

    落語は「噺す」、講談は「読む」、浪曲は「語る」芸能と言われるように、聴かせ所が異なり、三味線入りである浪曲は、都市中心に盛んになった講談・落語と比べ、鉄道網の発達と軌を一にするように、当時の最新メディアである、レコードやラジオを媒介として、都市部から地方部に至るまで全国的人気を保った。歌謡浪曲から演歌へ、人気は連綿と続く。そのため演歌と共に、「田舎臭い」「通俗的」と軽蔑的に評されることもあった。反面、伝統的叙情や鎮魂の力が備わっているとも言える。浪曲 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た落語落語

    『禁酒番屋』(落語) - 酒の持込禁止をするために設けられた番屋の目をごまかそうと努力する様子が面白い。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 名跡

    名跡から見た落語落語

    名跡の襲名は歌舞伎や落語等の寄席演芸、家元制度を採る各種の芸能、芸道に多く見られる、日本独特の制度・慣習の一種である。能楽、狂言、人形浄瑠璃、邦楽(能や歌舞伎から大衆的な津軽三味線まで)、日本舞踊と、日本の芸能のいずれの分野にも名跡襲名が存在する(日本共産党と関係を持つ劇団前進座、現代劇であるはずの新派・松竹新喜劇なども)。名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭晃瓶

    笑福亭晃瓶から見た落語落語

    通いで西宮市で3年間修行し、修行中は主に料理と車の運転を担当。初舞台は十三の鰻屋の2階。元々漫談志向だったが、師匠鶴瓶が2002年頃から落語に力を入れ始めたため、晃瓶含め鶴瓶の弟子全員が落語に熱心に取り組む。スパゲッティ屋(イタリアン)に集まって、「これからはやっぱり落語や。俺がお前らを落語で食えようにしたる。俺がやるからお前らもやれ。稽古はお前ら勝手に自分らでやれ、テープで覚えなさい」と命を受ける。笑福亭晃瓶 フレッシュアイペディアより)

  • おから

    おからから見た落語落語

    荻生徂徠が若い頃、あまりに貧しいため、近くの豆腐屋からおからを分けてもらい、飢えをしのいだといわれる。講談や落語の有名な演目のひとつ(「徂徠豆腐」)である。また、泉鏡花も貧乏時代にはおからで食いつないでいた。おから フレッシュアイペディアより)

  • 南原 清隆

    南原清隆から見た落語落語

    お笑い芸人として活動する傍ら、スポーツキャスターや記者としても活動。また落語や狂言などの古典芸能の舞台にも出演している。南原清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 池崎浩士

    池崎浩士から見た落語落語

    池崎浩士(いけざきひろし、1980年11月11日 - )は、滋賀県出身のシンガーソングライター。一人芝居と歌を組み合わせたライブと、落語ブルースバンドで活動中の「自転車で景色を運ぶ音楽屋さん。」池崎浩士 フレッシュアイペディアより)

  • 無精床

    無精床から見た落語落語

    無精床(ぶしょうどこ)は落語の演目の一つ。無精床 フレッシュアイペディアより)

  • みゆき (画家)

    みゆき (画家)から見た落語落語

    歌舞伎・落語の世界を猫で表現したオリジナルブランド『和福猫(わふくねこ)』を立ち上げる。みゆき (画家) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1052件中 1 - 10件表示

「落語」のニューストピックワード