1052件中 91 - 100件表示
  • 沙石集

    沙石集から見た落語落語

    日本・中国・インドの諸国に題材を求め、霊験談・高僧伝から、各地を遊歴した無住自身の見聞を元に書いた諸国の事情、庶民生活の実態、芸能の話、滑稽譚・笑話まで実に多様な内容を持つ。その通俗で軽妙な語り口は、『徒然草』をはじめ、後世の狂言・落語に多大な影響を与えた。沙石集 フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭柏枝

    春風亭柏枝から見た落語落語

    春風亭 柏枝(しゅんぷうてい はくし)は落語の名跡。10名前後確認されている。柳派の落語家が主に二つ目に昇進する時やその前後で名乗っている。その他にも小燕枝、小柳枝もそれにあたる。春風亭柏枝 フレッシュアイペディアより)

  • こたつやみかん

    こたつやみかんから見た落語落語

    『こたつやみかん』は秋山はるによる日本の漫画。高校生による落語を題材としている。2012年に『月刊アフタヌーン』(講談社)で読みきりとして前後編が掲載された後、2013年2月号から2014年6月号まで連載。こたつやみかん フレッシュアイペディアより)

  • 大丸屋騒動

    大丸屋騒動から見た落語落語

    大丸屋騒動(だいまるやそうどう)は上方落語の演目の一つである。安永年間に実際に京で起こった事件がモデルで、講釈ネタを落語化したものである。上方落語には珍しい人情噺(厳密にはサゲがあるので、狭義の人情噺ではなく落とし噺だが)で、前半部の宗三郎と番頭の軽妙なやりとり、富永町で悲劇へたたみかける演出、後半部の芝居噺風の演出などかなり手が込んでいる。サゲは地口落ち。大丸屋騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 深夜のみぶ

    深夜のみぶから見た落語落語

    番組パーソナリティの俳優みぶ真也による自作自演のナレーション・ドラマ。怪談が中心だが、内容は心霊、ゾンビ、吸血鬼、宇宙人、怪獣、サイコ・サスペンス、落語、おとぎ話等、幅広いジャンルに渡る。深夜のみぶ フレッシュアイペディアより)

  • 堪忍袋

    堪忍袋から見た落語落語

    堪忍袋(かんにんぶくろ)は、落語の演目のひとつ。堪忍袋 フレッシュアイペディアより)

  • 一輪亭花蝶・松原勝美

    一輪亭花蝶・松原勝美から見た落語落語

    漫才(万歳)の母胎ともいわれる、軽口、仁輪加、落語のネタを取り入れた。一輪亭花蝶・松原勝美 フレッシュアイペディアより)

  • 赤井御門守

    赤井御門守から見た落語

    「妾馬」「火焔太鼓」「粗忽の使者」「目黒のさんま」といったに登場する。赤井御門守 フレッシュアイペディアより)

  • 赤井御門守

    赤井御門守から見た落語落語

    赤井御門守(あかいごもんのかみ)は、落語に登場する架空の人物である。御大名の御殿様であることをしめしている。石高は「12万3,456石7斗8升9合1つかみ半分」とされることが多い。三太夫と共に行動することが多いが、現代の時代劇もしくは時代劇をもとにしたコントの「殿様と家老」の原型であるという指摘がある。赤井御門守 フレッシュアイペディアより)

  • 杉平柾目正

    杉平柾目正から見た落語落語

    杉平柾目正(すぎだいらまさめのしょう)は、落語に登場する架空の人物である。御大名の御殿様であることをしめしている。杉平柾目正 フレッシュアイペディアより)

1052件中 91 - 100件表示

「落語」のニューストピックワード