859件中 11 - 20件表示
  • 安楽庵策伝

    安楽庵策伝から見た落語落語

    安楽庵策伝(あんらくあん さくでん、天文23年(1554年) - 寛永19年1月8日(1642年2月7日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての浄土宗西山深草派の僧。父は金森定近とされる。兄に飛騨高山城主金森長近がいる。落語の祖とも言われる。策伝は道号。諱(いみな)は日快、号は醒翁、俗名は平林平太夫。安楽庵策伝 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ぼんち

    ザ・ぼんちから見た落語落語

    最近は落語や講談にも力をいれており、講談は3代目旭堂小南陵(後の4代目旭堂南陵)の勉強会に参加し10席ほど稽古を付けてもらっている。芸名は「旭堂南総里見八犬伝」。ザ・ぼんち フレッシュアイペディアより)

  • 桃月庵白酒

    桃月庵白酒から見た落語落語

    桃月庵 白酒(とうげつあん はくしゅ)は落語の名跡。現在3代目だが過去に名乗った人物が2、3人確認されている。桃月庵白酒 フレッシュアイペディアより)

  • 春華堂

    春華堂から見た落語落語

    7月 記念 落語イベント開催  -  4月のドラマ設定あった1]での落語会を実際に開催。 春風亭昇太ほか春華堂 フレッシュアイペディアより)

  • 落語家

    落語家から見た落語落語

    落語家(らくごか)は、落語を演じて視聴させることを職業とする人。戦前は、寄席がおもな活動の拠点で、グループを組んで地方公演も行っていたが、戦後はその話術を生かしテレビやラジオの司会業、パーソナリティなどの副業をすることも多い。「話家」「噺家」「咄家」(はなしか)は、「落語家」の古い表現である。落語家 フレッシュアイペディアより)

  • 上方落語をきく会

    上方落語をきく会から見た落語落語

    上方落語をきく会(かみがたらくごをきくかい)は、1955年から年に数回大阪で開かれているABCラジオ主催の落語会。現在の上方落語では最古の落語会で、公演の模様を同局で放送することがある。上方落語をきく会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田尚記

    吉田尚記から見た落語落語

    1年浪人して、慶応義塾大学文学部へ進学。大学在学中は落語研究会、クイズ研究会に所属。吉田尚記 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草演芸ホール

    浅草演芸ホールから見た落語落語

    浅草演芸ホール(あさくさえんげいホール)は、東京都台東区浅草の通称「公園六区」と呼ばれる歓楽街の中心に位置する寄席。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心に、漫才、手品などの色物芸が多数執り行われている。東洋興業株式会社の経営。浅草演芸ホール フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七

    島田洋七から見た落語落語

    1970年、うめだ花月で笑福亭仁鶴の落語や、中田カウス・ボタンの漫才を観たのがきっかけで芸人になろうと決意。仁鶴がベンツ(『メントレG』出演時の話ではロールス・ロイス)、中田カウスがポルシェで帰るのを見て「15分笑わせるだけでお金が稼げるなんて、こんないい商売があるのか」と、とても簡単そうに見えたのが決意した理由という。先の先輩が吉本興業の関係者と知り合いで紹介してもらい、うめだ花月の進行係として採用される。当初仁鶴に弟子入りを志願したが言葉の訛りを理由に断られ、次に美人の今喜多代、優しそうな島田洋之介に惚れ弟子入りを願う。しかし同様の理由で弟子入り志願者が多く、毎日師匠の元に通い1ヶ月と4日目に弟子入りを許された。島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 仮名手本忠臣蔵

    仮名手本忠臣蔵から見た落語落語

    落語では、仮名手本忠臣蔵がくすぐりや落ちとして使われることもある。仮名手本忠臣蔵そのものを題材とする場合もある。以下に、段と演題を挙げる。仮名手本忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

859件中 11 - 20件表示

「落語」のニューストピックワード