859件中 21 - 30件表示
  • 手拭

    手拭から見た落語落語

    職業においても薬売りや読売り(瓦版)などの物売りと、米屋や材木屋など糠や木屑をかぶる職種などでもその手拭を利用した被り方に差異が生まれ、また古典芸能の落語や日本舞踊の見立てとしての小道具としても使用されたり、祭りなどの衣装として、その特徴付けや役割によって被り方などが、多岐になっていった。歌舞伎で被り物や衣装としても、様々な場面や役柄で使われ、庶民に与えた影響も大きく、名称のない被り方が、歌舞伎に由来して名付けられたり、また歌舞伎の演目で使われた被り方が、その演目の話(心中、駆け落ちもの)と同じことが世相に反映した結果、被り方(道行など)までが流行ったとされている。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 下ネタ

    下ネタから見た落語落語

    現在では、艶笑的な話題と、排泄に関わる汚らしさによって笑いを誘う話題を下ネタと総称されているが、本来の寄席用語では艶笑ものを「バレ(ネタ)」として区別しており、下ネタの原義は排泄物をめぐる笑話のことであったと言われている。落語においてはバレネタと下ネタ(狭義)の間には大きな扱いの差があり、バレネタは粋や通を体現するものとして必ずしも低く扱われないのに対し、排泄物をめぐる下ネタは下品で安易な笑いの取り方であるとしてあまり好まれない傾向にある。下ネタ フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野敦

    小谷野敦から見た落語落語

    二人兄弟の長男として生まれる。父は時計職人、母は煙草屋の看板娘であった。小学校2年生のとき交通事故で入院。同じころ父親が転職したためもあり、小学校3年生のとき埼玉県越谷市に転居。転校先の越谷市立出羽小学校でいじめを受ける。同校4年生の時、国語の教科書に載っていたシェイクスピアの『リア王』の児童向けリライト版冒頭部分に影響され、学級新聞に小説『新・リア王』を連載したことがある。12歳のとき、NHKの人形劇『新八犬伝』に夢中になったことから日本の古典や時代物小説を読むようになる。越谷市立富士中学校在学中は落語研究会所属で漫画家志望だったが、絵を描く能力に関してイラストレーターの叔父から疑念を表明され漫画の道を断念、高校時代に大江健三郎や太宰治を読むようになると小説家志望へ転じる。高校受験では埼玉県立浦和高等学校を受験したが失敗し、海城高等学校に進学。同校ではなかなか友人ができず、いじめっ子集団の標的にされ、成績は平均よりも下を低迷していた。このいじめは、2年生になって成績が向上するまで続いた。陰惨な環境の男子校だったため「男性的なもの」を激しく嫌悪し、女性的なものに憧れて『キャンディ・キャンディ』に熱中した。幼い頃からクラシック音楽に惹かれ、その延長線上でバレエ音楽『コッペリア』『くるみ割り人形』の原作者E・T・A・ホフマンに関心を寄せ、そのため「大学ではドイツ文学科へ進もうと思っていた」こともあるという。小谷野敦 フレッシュアイペディアより)

  • 目黒区

    目黒区から見た落語落語

    2010年9月18日締結。魚のサンマにまつわる縁(気仙沼は一大産地であり、東京の目黒区は落語の演目「目黒のさんま」の由来地)によって友好都市協定が締結され、締結式として「目黒のさんま祭」が行われた。また東日本大震災においては、目黒区によって「友好都市・気仙沼市被災募金」が行われるなど関係を深めている。目黒区 フレッシュアイペディアより)

  • 豆腐

    豆腐から見た落語落語

    江戸時代の日本では、落語の題材になったり、『豆腐百珍』のような料理本まで出るほど、広く庶民の食べ物となっていた豆腐は、比較的加工の度合いも低く、経験さえ積めば誰にでも容易に製造できたため、大正時代から昭和時代の第二次世界大戦前にかけては、一つの町内に一軒ずつ製造業者が存在するほどであった。辺鄙な田舎であることを表すのに「酒屋へ三里 豆腐屋へ二里」という狂歌もある。また、味噌などと同様に、各集落で共同で作られることもしばしばあった。豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • 中村仲蔵 (初代)

    中村仲蔵 (初代)から見た落語落語

    落語で現在も口演される人情噺「中村仲蔵」の主人公。落語「淀五郎」では主人公の澤村淀五郎を励ます役で登場する。中村仲蔵 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • おから

    おからから見た落語落語

    落語の「千早振る」には、知ったかぶりの隠居が在原業平の歌の意味を聞かれて、「唐紅」(からくれない)を「おからをくれない」とする珍解釈を語る場面がある。おから フレッシュアイペディアより)

  • 文七元結

    文七元結から見た落語落語

    文七元結(ぶんしち もっとい)は、三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ。登場人物が多く、長い演目であり、情の中におかし味を持たせなくてはならないという理由から、難しい一題とされ、逆に、これができれば一人前ともいわれる。『人情噺文七元結』(にんじょうばなし ぶんしち もっとい)として歌舞伎でも演じられる。文七元結 フレッシュアイペディアより)

  • 中島らも

    中島らもから見た落語落語

    1987年、独立を申し出た中島に宮前は快諾を与え、日広エージェンシーを退社。フリーの身となってから有限会社中島らも事務所を設立し作家活動を本格化、宝塚の家には全く帰らなくなり事務所で寝泊りするようになる。戯曲、エッセイ、小説、落語、バラエティ番組の脚本やコントなど、多数執筆。その「ひねくれたユーモア感覚」で、「関西独特のおかしさ」や「市井の奇人や奇現象」などを描き、多くの読者、ファンを獲得。元来、責任感が強い上に営業マン時代のクセで依頼された仕事を片っ端から引き受けていた中島は「仕事を断る仕事」として女性を電話番に雇う。中島らも フレッシュアイペディアより)

  • 舟崎克彦

    舟崎克彦から見た落語落語

    杉浦茂や馬場のぼるの漫画や、柳亭痴楽、林家三平、古今亭志ん生らの落語からも大きな影響を受けた。小学校4?5年のとき、東京の民間人で5台目といわれる米国ベンディックス社のテレビ受像機を父が購入。トニー谷、フランキー堺、三木のり平らのコメディ番組に夢中になった。舟崎克彦 フレッシュアイペディアより)

859件中 21 - 30件表示

「落語」のニューストピックワード