1052件中 21 - 30件表示
  • 桂小枝

    桂小枝から見た落語落語

    桂 小枝(かつら こえだ)は、上方落語の名跡。過去3人ほど「小枝」を名乗った落語家が存在する。また東京落語で2代目桂枝太郎門下の桂枝助が前座名で名乗った。桂小枝 フレッシュアイペディアより)

  • 理美容

    理美容から見た落語落語

    無精床 - 床屋を題材にした落語理美容 フレッシュアイペディアより)

  • B&B (お笑いコンビ)

    B&B (お笑いコンビ)から見た落語落語

    1980年1月、澤田隆治プロデュースによる「花王名人劇場」(関西テレビ)「激突!漫才新幹線」に大抜擢され出演。この番組はゴールデンタイムの1時間枠をMC無しで、B&Bとやすしきよし、星セント・ルイスの三組が、おのおの10数分間の持ち時間で漫才のみをする、という当時としても画期的で、勿論現在のゴールデンでも見られない形態のものだった。当時のテレビでの漫才は、お昼の演芸番組(『大正テレビ寄席』など)や、正月の寄席中継、タレントのかくし芸等で3分とか5分とかにコマ切れして見せるもので、この頃はコントが非常に人気があり、特に東京では漫才はコントや落語に比べて影が薄い、古臭いイメージだったのである。関西でも同様で、極端にいえば、漫才は年寄りの娯楽に過ぎないイメージで、当時は演芸番組自体が激減していて、大阪でも漫才だけという番組はなく、テレビ局全体で週1〜2本が細々と残っているだけという状況でゴールデンではほとんど漫才は無かった。ましてや若手漫才師が全国ネットのゴールデンに出演することなど無かった。吉本興業の木村政雄は「若者はゴールデンタイムに漫才なんて見たことがなかったと思う」と述べている。また漫才と言えば、スーツや派手なタキシード、蝶ネクタイ等を着用し、年期の入った掛け合いを見せる、というものだったが、TシャツにGパン、長髪の今風の若者が、掛け合いを無視したボケの一方的なしゃべりで、広島や岡山など地方をネタにした郷土ギャグを、体を使ったオーバーアクション、一発芸を駆使してみせるという高速漫才は、従来の漫才とは違うとても新鮮なもので、やすきよにも一歩も引かない姿は大きな反響を巻き起こした。"16ビート"の"マシンガン漫才"が初めて全国のお茶の間に届けられた。B&B (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬和生

    広瀬和生から見た落語落語

    広瀬 和生(ひろせ かずお、1960年5月1日 - )は、日本の雑誌編集者・音楽評論家、落語評論家、プロデューサー。広瀬和生 フレッシュアイペディアより)

  • 荻生徂徠

    荻生徂徠から見た落語落語

    落語や講談・浪曲の演目で知られる「徂徠豆腐」は、将軍の御用学者となった徂徠と、貧窮時代の徂徠の恩人の豆腐屋が赤穂浪士の討ち入りを契機に再会する話。荻生徂徠 フレッシュアイペディアより)

  • クドー・シュンサク

    クドー・シュンサクから見た落語落語

    総合格闘技と落語が好きと公言していて、テレビ神奈川のチャンネルオープンヨコハマに出演した際も、試食したパスタの味を総合格闘技に例えており、ラジオ番組のレギュラーでもよく落語の演目名で言葉遊びをする。クドー・シュンサク フレッシュアイペディアより)

  • 上方落語をきく会

    上方落語をきく会から見た落語落語

    上方落語をきく会(かみがたらくごをきくかい)は、1955年から年に数回大阪で開かれているABCラジオ主催の落語会。現在の上方落語では最古の落語会で、公演の模様を同局で放送することがある。上方落語をきく会 フレッシュアイペディアより)

  • 都々逸坊扇歌

    都々逸坊扇歌から見た落語落語

    都々逸坊 扇歌(どどいつぼう せんか)は、都々逸、落語の名跡。現在は空き名跡となっている。都々逸坊扇歌 フレッシュアイペディアより)

  • パタリロ!

    パタリロ!から見た落語落語

    作者自身は本作を構成する主要な要素を「宝石・妖怪・落語」の三つであると語っており、実際に作品中ではこれらの要素が頻出する。パタリロ! フレッシュアイペディアより)

  • 田代 沙織

    田代沙織から見た落語落語

    田代 沙織(たしろ さおり、1984年7月8日 - )は、日本のタレント、アマチュア落語家、「なぞかけクイーン」。生島企画室所属。田代沙織 フレッシュアイペディアより)

1052件中 21 - 30件表示

「落語」のニューストピックワード