1052件中 31 - 40件表示
  • 笑点 大博覧会 DVD-BOX

    笑点 大博覧会 DVD-BOXから見た落語落語

    5代目圓楽が落語に専念するため、番組卒業を記念した大喜利。笑点 大博覧会 DVD-BOX フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮萌果

    雨宮萌果から見た落語落語

    特技は即興ダンス・落語雨宮萌果 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草フランス座演芸場東洋館

    浅草フランス座演芸場東洋館から見た落語落語

    現在はいろもの(漫才、漫談など)を中心とした演芸場。建物を同じくする姉妹館・浅草演芸ホール(落語中心の寄席)とともに、歴史ある浅草お笑い文化の一角を担う存在である。浅草フランス座演芸場東洋館 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た落語落語

    落語に淫して育つ。下町の商人家庭には、小林の世代のインテリ少年の大半が愛読した『少年倶楽部』などはなく、読書も落語の速記本が主であった。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 目黒区

    目黒区から見た落語落語

    目黒区さんままつり:落語「目黒のさんま」にちなんだ行事である。なお、この祭りについては類似の祭りが品川区の目黒駅付近などでも行われる。落語の詳細は目黒のさんま参照。目黒区 フレッシュアイペディアより)

  • 田河水泡

    田河水泡から見た落語落語

    田河 水泡(たがわ すいほう、1899年(明治32年)2月10日 - 1989年(平成元年)12月12日)は、日本の漫画家、落語作家。本名、高見澤 仲太郎(たかみざわ なかたろう)。田河水泡 フレッシュアイペディアより)

  • 下ネタ

    下ネタから見た落語落語

    現在では、艶笑的な話題と、排泄に関わる汚らしさによって笑いを誘う話題を下ネタと総称されているが、本来の寄席用語では艶笑ものを「バレ(ネタ)」として区別しており、下ネタの原義は排泄物をめぐる笑話のことであったと言われている。落語においてはバレネタと下ネタ(狭義)の間には大きな扱いの差があり、バレネタは粋や通を体現するものとして必ずしも低く扱われないのに対し、排泄物をめぐる下ネタは下品で安易な笑いの取り方であるとしてあまり好まれない傾向にある。下ネタ フレッシュアイペディアより)

  • 豆腐

    豆腐から見た落語落語

    江戸時代の日本では、落語の題材になったり、『豆腐百珍』のような料理本まで出るほど、広く庶民の食べ物となっていた豆腐は、比較的加工の度合いも低く、経験さえ積めば誰にでも容易に製造できたため、大正時代から昭和時代の第二次世界大戦前にかけては、一つの町内に一軒ずつ製造業者が存在するほどであった。辺鄙な田舎であることを表すのに「酒屋へ三里 豆腐屋へ二里」という狂歌もある。また、味噌などと同様に、各集落で共同で作られることもしばしばあった。豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • 桃月庵白酒

    桃月庵白酒から見た落語落語

    桃月庵 白酒(とうげつあん はくしゅ)は落語の名跡。当代は3代目を称する。当代以前に名乗った人物は2人ないし3人確認されている。桃月庵白酒 フレッシュアイペディアより)

  • 落語家

    落語家から見た落語落語

    落語家(らくごか)は、落語を演じることを職業とする人。戦前は、寄席がおもな活動の拠点で、グループを組んで地方公演も行っていたが、戦後はその話術を生かしテレビやラジオの司会業、パーソナリティなどを行うことも多かった。話家・噺家・咄家(はなしか)は、「落語家」の古い表現である。落語家 フレッシュアイペディアより)

1052件中 31 - 40件表示

「落語」のニューストピックワード