859件中 31 - 40件表示
  • 池袋演芸場

    池袋演芸場から見た落語落語

    池袋演芸場(いけぶくろえんげいじょう)は、東京都豊島区・池袋駅前・西一番街中央通り入口にある寄席である。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心に、漫才、手品などの色物芸が多数執り行われている。城北興業株式会社の経営である。池袋演芸場 フレッシュアイペディアより)

  • パタリロ!

    パタリロ!から見た落語落語

    作者自身は本作を構成する主要な要素を「宝石・妖怪・落語」の三つであると語っており、実際に作品中ではこれらの要素が頻出する。パタリロ! フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た落語落語

    落語 - 東西の様々な落語家が新作・古典を問わず演じる(春風亭小朝、春風亭柳昇など)。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 平林

    平林から見た落語落語

    落語の演目。下記に記載。平林 フレッシュアイペディアより)

  • 桂藤兵衛

    桂藤兵衛から見た落語落語

    桂 藤兵衛(かつら とうべえ)は落語の名跡。元は上方落語の名跡。当代は3代目を名乗り、東京の落語家。桂藤兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 山根みゆき

    山根みゆきから見た落語落語

    歌舞伎・落語の世界を猫で表現したオリジナルブランド『和福猫(わふくねこ)』を立ち上げる。山根みゆき フレッシュアイペディアより)

  • エブリデイ・マジック

    エブリデイ・マジックから見た落語落語

    作品傾向としては低年齢向けの内容のものが多い。日本では藤子不二雄の漫画作品が代表例である。ただし藤子不二雄作品は、系譜としては、ファンタジーではなくSF系のショートショートや伝統的な落語からの流れを組んでおり、また作品の相当部分が用語としての成立以前に執筆された作品であるため、エブリデイ・マジックに分類するのはあくまでも後付けの分類である。エブリデイ・マジック フレッシュアイペディアより)

  • シブヤらいぶ館

    シブヤらいぶ館から見た落語落語

    漫才・落語・漫談・講談・浪曲などの伝統話芸などを披露する。コーナーとして毎回「師弟競演」「長講一席」「演芸○題」「花の落語家 六人衆」のいずれかが放送される。「師弟競演」は、落語・漫才・講談などの師承と弟子のインタビューと それぞれが演じる演目が披露される。「長講一席」は、一人の演者を招いて 落語・講談・浪曲等をじっくりと放送時間いっぱいに演じてもらい インタビュー等もある。「演芸○題」は 主に漫才・コント他 様々な色物の演芸を数組放送(なので「演芸○題」、「○題」は その時の演者の数による)。「花の落語家六人衆」では、「お笑いブレインバトル」として「六人衆」(桂竹丸、初音家左橋、三遊亭笑遊、9代目春風亭柏枝、6代目立川文都、桂小南治)が「名人」のランク(入替制でランクは下から「見習い」、「前座」、「二ツ目」、「真打ち」、「大看板」、「名人」)を目指し、とんちを利かせた答えを出すというもので(大喜利風な物)、最終的に「名人」のランクにいた落語家が落語を一席披露できるという特典がある。スーパーバイザーとして2代目橘家蔵之助が「お笑いブレインバトル」の手伝い 及び「落語エンタメ塾」を担当。司会進行:中川緑アナ。シブヤらいぶ館 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿松竹文化演芸場

    新宿松竹文化演芸場から見た落語落語

    新宿松竹文化演芸場(しんじゅくしょうちくぶんかえんげいじょう)は、東京新宿角筈にあった演芸場。松竹傍系の松竹第一興行が経営していた。落語定席ではなく、軽演劇と色物芸人(落語家以外の演芸人の通称)主体の興行を行っていた。新宿松竹文化演芸場 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (6代目)

    柳家小さん (6代目)から見た落語落語

    趣味は本人が語ったところによると芝居観賞、ゴルフ、落語。特技も落語であり、得意とするネタは「真二つ」(作:山田洋次)、「ひとり酒盛」など。主に柳家伝統の滑稽噺に力を入れているが、新作落語を演じることもある。柳家小さん (6代目) フレッシュアイペディアより)

859件中 31 - 40件表示

「落語」のニューストピックワード