859件中 51 - 60件表示
  • 神田山陽

    神田山陽から見た落語落語

    神奈川県横浜市の生まれ、16歳で3代目神田伯山の門下となり伯英、1922年に山陽と改名。多くの演目を滑稽に仕立て直し落語より面白いと言わしめた。初代神田ろ山、三代目神田伯治、五代目神田伯龍と共に四天王と呼ばれた。享年52(51没)。神田山陽 フレッシュアイペディアより)

  • KAWAI

    KAWAIから見た落語落語

    KAWAI(かわい)は、日本の音楽ユニットである。自称「フォーク落語デュオ」。KAWAI フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓丸

    三遊亭圓丸から見た落語落語

    三遊亭 圓丸(さんゆうてい えんまる)は、落語の名跡。当代は2代目(本人のオフィシャルHPのプロフィールやその他資料では3代目となっているが、落語芸術協会のHPでは2代目となっている)。三遊亭圓丸 フレッシュアイペディアより)

  • 六根清浄

    六根清浄から見た落語落語

    かつては登山の際に掛け声としても用いられ、落語の「大山詣り」などにもその様子が描写されている。戦前までは富士山への登山の際にも掛け声として用いられたことが知られている。六根清浄 フレッシュアイペディアより)

  • 偕老同穴

    偕老同穴から見た落語落語

    この他、落語の中で使用される例が多い。偕老同穴 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄本多劇場

    相鉄本多劇場から見た落語落語

    横浜駅に至近の立地であり、そのアクセスの良さから観客動員が見込めるため、積極的に利用する地元劇団は多い。なお、演劇公演以外にも落語などの伝統芸能や小規模なライブ、コンサート等が時折開催されている。相鉄本多劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓子

    三遊亭圓子から見た落語落語

    三遊亭 圓子(さんゆうてう えんこ)は、落語の名跡。存在が確認できるのは、初代三遊亭圓生の門人の圓子、2代目三遊亭圓右の前名である圓子、および上方で活躍した色物系の落語家の圓子である。この項では後者について述べる。三遊亭圓子 フレッシュアイペディアより)

  • 山遊亭金太郎

    山遊亭金太郎から見た落語落語

    山遊亭 金太郎(さんゆうてい きんたろう)は落語の名跡。当代は3代目。山遊亭金太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 舟宿

    舟宿から見た落語落語

    腕のいい船頭を雇い、諸々の船を所有して借り賃を得る。今で言うタクシーのような存在だった。また、河川や穏やかな海上で釣りや舟遊びなどの遊興目当ての客を相手に商売を行い、特に花見や花火、納涼の時期の風物詩であった。落語の「船徳」や、池波正太郎の時代劇作品などにその描写が見て取れる。舟宿 フレッシュアイペディアより)

  • 山本進

    山本進から見た落語落語

    山本 進(やまもと すすむ、1931年 - )は、日本の落語研究家、芸能研究家。諸芸懇話会会員。山本進 フレッシュアイペディアより)

859件中 51 - 60件表示

「落語」のニューストピックワード