1052件中 61 - 70件表示
  • 滑稽清水

    滑稽清水から見た落語落語

    滑稽清水(こっけいきよみず) は落語の演目名 別名「杢の市」「新壺坂」 東京では「按摩の信心」滑稽清水 フレッシュアイペディアより)

  • 安中草三郎

    安中草三郎から見た落語落語

    安中 草三郎(あんなか そうざぶろう、生没年不詳)は、江戸時代の盗賊である。上州安中の生まれとも信州の生まれとも言われるが、実在しなかったとされることもある。落語、講談などに登場する。安中草三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 腎 (五臓)

    腎 (五臓)から見た落語落語

    伝統中国医学における腎の働きは、親から受け継いだ生命の源である先天の元気、精をやどし、食物の精気を得てそれを発展させて、人間としての成長を司る。そのため、成長をリードする骨格は、腎の働きで形成されるといわれる。さらにそれを子孫に伝える生殖の働きがあるとする。江戸時代には勃起不全のことを「腎虚」といったことはよく知られ、落語や川柳・小咄などにもよく出てくる。腎が悪くなると、「ふぬけ」または「アンニュイ」の状態になり、めまいや動悸、息切れ、排尿障害などが出るとされ、老化現象は腎の衰えととらえられることが多い。腎 (五臓) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文字助

    桂文字助から見た落語落語

    桂 文字助(かつら もじすけ)は落語の名跡。当代は4代目。桂文字助 フレッシュアイペディアより)

  • 能狂言 (落語)

    能狂言 (落語)から見た落語落語

    能狂言とは、古典落語の演目のひとつ。能狂言 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 素人鰻

    素人鰻から見た落語落語

    素人鰻(しろうとうなぎ)は、落語の演目名。八代目桂文楽の至芸が知られる。原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』。素人鰻 フレッシュアイペディアより)

  • たまちゃんハウス

    たまちゃんハウスから見た落語落語

    舞台は大阪。落語家・桜花亭春福師匠の下には春々・白春の内弟子と、今は年季明けして通いの早春の三人の弟子がいる。家人は全員、明けても暮れても落語に夢中。たまちゃんハウス フレッシュアイペディアより)

  • 秋山右楽・左楽

    秋山右楽・左楽から見た落語落語

    「兵隊漫才」が売りでこれは柳家金語楼が兵隊落語で売り出したのに触発されて出来た物と思われる。秋山右楽・左楽 フレッシュアイペディアより)

  • 張扇

    張扇から見た落語落語

    張扇(はり-おうぎ、はり-せん)は能楽や講談、落語(上方落語)においてものをたたいて音を立てるためにつくられた専用の扇子のことをいう。能楽では「はりおうぎ」、講談では「はりせん」ということが多い。張扇 フレッシュアイペディアより)

  • 巻き返し (落語)

    巻き返し (落語)から見た落語落語

    「巻き返し」は、長崎抜天作の新作落語である。巻き返し (落語) フレッシュアイペディアより)

1052件中 61 - 70件表示

「落語」のニューストピックワード