859件中 61 - 70件表示
  • 露木茂のHOTほっと土曜ワイド

    露木茂のHOTほっと土曜ワイドから見た落語落語

    当時フジテレビのアナウンサーだった露木茂をメインパーソナリティに迎えて、音楽や落語を含め、様々な話題と情報を放送した。アシスタントは、タレントの岡元あつこと飯塚治(文化放送アナウンサー)露木茂のHOTほっと土曜ワイド フレッシュアイペディアより)

  • 林家九蔵

    林家九蔵から見た落語落語

    落語は勿論、日本大衆芸能の漫才・漫談・太神楽・紙切り・講談・大道芸等の寄席芸を少しでも多くの宮崎県民に体験してもらおうと活動を続ける団体。林家九蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 血判状

    血判状から見た落語落語

    落語の「三枚起請」にもあるように、江戸時代は主に吉原の遊郭等で血判状が飛び交っていた。昔の風俗店ではある種の「一夫一婦制」が敷かれており客が連日店に通っても違う女性を指名することは出来なかった。自然と親密度も増し、加熱しすぎた客をなだめる為に遊女の側が血判状を発行し、客側を巧く操っていた。もっとも一人の客のみに渡すわけも無く遊女一人当たり数十枚の血判状を出すことが当たり前だったという。血判状 フレッシュアイペディアより)

  • YOSE夢屋

    YOSE夢屋から見た落語落語

    YOSE夢屋とは、2004年3月にできた世界で初めての落語ダイニングカフェ。「地に着いた笑い」をコンセプトに定席を目指している。神戸市長田区二葉町に存在し、席亭は岡花ただひで氏が務めていた。YOSE夢屋 フレッシュアイペディアより)

  • 桂三木助

    桂三木助から見た落語落語

    桂 三木助(かつら みきすけ)は落語の名跡。もと(初代と2代目)は上方の名であったが、3代目以降は江戸に移る。なお、初代三木助は立川三木助(たちかわ みきすけ)であるが、便宜上、この項に含める。桂三木助 フレッシュアイペディアより)

  • 三越劇場

    三越劇場から見た落語落語

    定期的に行われている三越名人会や、三越落語会、毎年夏休みに行われている劇団東少の三越夏休みファミリー劇場が行われている。三越劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 六人の会

    六人の会から見た落語落語

    六人の会(ろくにんのかい)は、落語界の衰退を憂いた以下の落語家六人が、所属の流派、落語団体を超えて結成した落語家の会。2003年3月に結成した。六人の会 フレッシュアイペディアより)

  • 笑話

    笑話から見た落語落語

    笑話は主に口承による「口承笑話」の形式で伝えられてきたが、後世に伝えるのに重要な役割を果たしてきた「記載笑話」の存在も重要である。口承笑話を書き起こしたとみられる説話は鎌倉時代には見られるが、中国のような笑話集の編纂は江戸時代初期の『きのうはけふの物語』・『醒睡笑』にまで下る。江戸時代には軽口本・噺本などが出されたほか、大名の御伽衆から噺家が出現して口演が行われ、口承笑話と記載笑話が交錯しながら書物や旅人などの口伝を通じて村々にまで広がった。物語としての笑話の形式は近代以後に衰退したとされているが、落語・漫才、その他各種お笑いにその要素が引き継がれ、寄席やラジオ・テレビなどを通じて今日も新たな笑いを生み出している。笑話 フレッシュアイペディアより)

  • 古今亭志ん丸

    古今亭志ん丸から見た落語落語

    古今亭 志ん丸(ここんてい しんまる)は、落語の名跡。古今亭志ん丸 フレッシュアイペディアより)

  • 名城大学短期大学部

    名城大学短期大学部から見た落語落語

    名城大学短期大学部で活動していたクラブ活動:法学部や商学部との合同で活動していた。英語会話・演劇・会計学・海外旅行・管弦楽団・ギターマンドリン・郷土研究・グリー・芸術研究・現代文化・児童文化・シネマ・社会情勢研究・写真・証券研究・心理学研究・マーケティング研究・世界民族音楽研究・美術・文学研究・マスメディア・漫画アニメ・SF研究・ユースホステル・落語研究などがあった。名城大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

859件中 61 - 70件表示

「落語」のニューストピックワード