1052件中 71 - 80件表示
  • 仁井山征弘

    仁井山征弘から見た落語落語

    TOKISOBA(2005年5月25日)「仁井山 feat.GREAT G」名義。落語の時そばをラップにしたもの仁井山征弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大銀座落語祭

    大銀座落語祭から見た落語落語

    大銀座落語祭(だいぎんざらくごさい)とは、2004年から2008年まで東京都中央区銀座界隈で開催された落語会。大銀座落語祭 フレッシュアイペディアより)

  • 熊の皮

    熊の皮から見た落語落語

    熊の皮(くまのかわ)は落語の演目の一つ。熊の皮 フレッシュアイペディアより)

  • 豊竹屋

    豊竹屋から見た落語落語

    豊竹屋(とよたけや、とよだけや)は落語の演目の一つ。別題に『豊竹屋節右衛門(とよたけや ふしえもん)』『節右衛門』。豊竹屋 フレッシュアイペディアより)

  • 滑稽本

    滑稽本から見た落語落語

    談義本を継いで生まれたおかしみのある話。物語性を重視し漢語がちりばめられた読本に比べ、滑稽本は会話文を主体とした平易な文章で、単純な言葉の引っかけや常識から逸脱した言動、下ネタなどで大衆的な読者の笑いを誘う。半紙本で比較的高価な読本に対し滑稽本は中本で廉価なものが多く、読本ほどの漢語知識と構成力は必要とされないため仲間内で趣味的に作られることも多く、地方でも独自に出版された。当時の落語と相互に影響を与え、滑稽本に書かれた話が落とし話として演じられることもあった。滑稽本 フレッシュアイペディアより)

  • 笑府

    笑府から見た落語落語

    なお、笑府の中から落語や小咄に多くが使われているが、原本経由のものは少なく多くは訳本経由であったことが指摘されている。それらの中には「まんじゅうこわい」(原話は巻12・日用部「饅頭」)のように、原作をほとんど流用して作られた落語もある。笑府 フレッシュアイペディアより)

  • 白面夜叉

    白面夜叉から見た落語落語

    ストーリーは、徳川5代将軍、徳川綱吉の「お犬様」の話を土台にしている。ストーリーができたため、創作の方法論や構成、ラストやコマ割りもろくに考えず、ダラダラ描き、苦心しなかったとつげ自身述懐する。時代考証も行わなかったため、間違いも多い。当時、つげは祖父の影響でラジオの浪曲をよく聴いており、そのため侠客ものには詳しく、清水次郎長、飯岡の助五郎、笹川繁蔵、大前田英五郎、国定忠治、黒駒の勝蔵などをよく耳にしていた。幼少期には、祖父のかたわらで広沢虎造、相模太郎、玉川勝太郎、春日井梅鶯の「壺坂霊験記」などを聴いていた。浪曲の実演にも祖父としばしば出かけている。つげは、浪曲のセリフの語りよりも三味線のリズムを好んだ。同時期には「浪曲天狗道場」という素人が出演する番組や落語もよく聴いており、その影響も大きい。白面夜叉 フレッシュアイペディアより)

  • 手紙無筆

    手紙無筆から見た落語落語

    手紙無筆(てがみむひつ)は、落語の演目の一つである。手紙無筆 フレッシュアイペディアより)

  • 六部殺し

    六部殺しから見た落語落語

    落語の演目『もう半分』は、舞台を都市部に移した形で、六部殺しと似た流れになっている。夫婦で営む江戸の居酒屋に、老爺の客がやって来た。老爺は半杯ずつ注文してちびちびと飲み、金包みを置き忘れて帰って行った。夫婦が中を確かめると、貧しい身なりに不釣合いな大金が入っている。しばらくすると老爺が慌てて引き返し、娘を売って作った大事な金だから返してくれと泣きついた。しかし、夫婦は知らぬ存ぜぬを通して追い出した。老爺は川へ身投げして死んだ。その後、奪った金を元手に店は繁盛し、夫婦には子供も生まれた。だが、子供は生まれながらに老爺のような不気味な顔で、しかも何かに怯えたように乳母が次々と辞めていく。不審に思った亭主が確かめると、子供は夜中に起き出して行灯の油を舐めている。「おのれ迷ったか!」と亭主が声を掛けると、子供は振り返って油皿を差し出し「もう半分」。六部殺し フレッシュアイペディアより)

  • 幽霊の辻

    幽霊の辻から見た落語落語

    幽霊の辻(ゆうれんのつじ、ゆうれいのつじ)は、落語の演目の一つ。幽霊の辻 フレッシュアイペディアより)

1052件中 71 - 80件表示

「落語」のニューストピックワード