859件中 81 - 90件表示
  • 五人廻し

    五人廻しから見た落語落語

    五人廻しは落語の演目の一つ。五人廻し フレッシュアイペディアより)

  • 馬場雅夫

    馬場雅夫から見た落語落語

    横浜市出身。明治大学英米文学科卒業後、新日本放送(現在の毎日放送)に入局。1959年、日本教育テレビ(略称:NET。現在のテレビ朝日)開局のため、出向という形で転籍したが、以後もNETに在籍することになる。テレビ朝日(NET)在籍時代には、前任司会者の山田吾一の後を受け、1973年11月から1974年3月1日までアフタヌーンショーの司会者、時代劇・破れ傘刀舟悪人狩りのナレーションなどを務めたが、顕著な活動が見られたのは、落語の評論である。馬場雅夫 フレッシュアイペディアより)

  • 通天閣劇場TENGEKI

    通天閣劇場TENGEKIから見た落語落語

    2008年5月にB1角座の閉館に伴い、同年7月に通天閣の真下にあるSTUDIO210にて興行を再開の形で開館。B1角座時代とは異なり毎週土日の一日2回公演。主に漫才、落語、諸芸が中心で嘗ては東京からも落語家・漫才師がゲストが出演していた。通天閣劇場TENGEKI フレッシュアイペディアより)

  • 芦乃家雁玉

    芦乃家雁玉から見た落語落語

    幼少から芸事が好きであった。俄役者の東明幸三郎を兄に持つ。袋物商に奉公しながら、勝手に春の家雁玉を名乗り天狗連で活躍する。1916年頃に晩年の笑福亭吉右衛門(当時は5代目笑福亭吾竹)に見出され弟子に迎え入れ落語や音曲の修業を積む。1917年頃に雁玉と名乗り独立。芦乃家雁玉 フレッシュアイペディアより)

  • グラナダ -究極科学探検隊-

    グラナダ -究極科学探検隊-から見た落語落語

    日本の落語から取っていて、とても縁起のいい言葉。バカフェッサーの犬の名前であり、主人公の名前でもある。グラナダ -究極科学探検隊- フレッシュアイペディアより)

  • 秋山右楽・左楽

    秋山右楽・左楽から見た落語落語

    「兵隊漫才」が売りでこれは柳家金語楼が兵隊落語で売り出したのに触発されて出来た物と思われる。秋山右楽・左楽 フレッシュアイペディアより)

  • 桂圓枝 (2代目)

    桂圓枝 (2代目)から見た落語落語

    桂派の人らしく、ケレンのない本格派で、師匠3代目桂文枝の芸をよく写し『首吊り(夢見の八兵衛、夢八)』を得意としたため、俗に「首吊りの圓枝」ないし「夢八の圓枝」と呼ばれた。他にも『唖の釣り』『駱駝』などを得意とした。見巧者からは名人として称えられたが、欲のない人で、漫才のツマ扱い程度にしか落語が評価されなかった時代にも、吉本興業の南北「花月」で淡々と出番をこなしていた。桂圓枝 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 高砂家ちび助

    高砂家ちび助から見た落語落語

    幇間 - 落語と講談以外の寄席芸は色物といい、特に珍芸は幇間芸という分類もある。高砂家ちび助 フレッシュアイペディアより)

  • 山田久美

    山田久美から見た落語落語

    特技は落語、また、下戸でもある。山田久美 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭智之介

    笑福亭智之介から見た落語落語

    少年時代よりマジックに没頭。マジシャンを目指すも大学時代に入部した落語研究会で落語の魅力にとりつかれ、落語の世界に。落語はもちろん、タキシードを着ての「マジシャン」としての舞台も浸透しつつある。笑福亭智之介 フレッシュアイペディアより)

859件中 81 - 90件表示

「落語」のニューストピックワード