451件中 91 - 100件表示
  • 落語

    落語から見た前谷惟光

    漫画・まんが寄席:古典落語傑作選 1967年 著:前谷惟光落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た山本進

    山本進 『図説落語の歴史』 河出書房新社 2006年 ISBN 4-309-76079-1落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た杉江敏男

    映画 落語野郎 大脱線 1966年 監督:杉江敏男落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た千葉泰樹

    映画 羽織の大将 1960年 監督:千葉泰樹落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た魔夜峰央

    漫画 パタリロ! 1978年 著:魔夜峰央落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た田河水泡

    ごく大まかには、不特定多数の演じ手が現代にいたるまで連綿と受け継いできた、主として作者不詳のいわば「スタンダード作品」としての落語が「古典落語」、特定の演者または作家がつくる「同時代限定」で演じられるのが「新作落語」である。しかし、明治時代の三遊亭圓朝(初代)が創作した、『文七元結』『芝浜』『鰍沢』『死神』『真景累ヶ淵』『牡丹灯籠』『怪談乳房榎』『双蝶々』などの作品群は、作者が明確にわかっていても「不特定多数の演じ手が受け継いできた」という点では古典的であり、今日ではむしろ最も正統的な古典落語として位置づけられることが多い。しかし、当時にあっては圓朝はいわば、こんにちでいう「新作落語家」だったわけである。漫画『のらくろ』で知られる田河水泡作の『猫と金魚』も昭和の新作落語であるが、多くの演者に共有されているところから、「古典落語」と見なされることが多い。上方では、4代目桂米團治作の『代書』が太平洋戦争勃発直前に創作されたものである。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た久米田康治

    漫画 じょしらく 2009年 原作:久米田康治 作画:ヤス落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た川島雄三

    映画 幕末太陽傳 1957年 監督:川島雄三落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見たむっく

    漫画 オチケン 2006年 著:むっく(同人誌)落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た都々一坊扇歌

    現代では「色もの」といわれる各種の演芸もさかんになった。音曲を得意とした初代扇橋の弟子であった都々一坊扇歌(初代)は、三味線を弾きながら都々逸を歌い、人気を博した。また、可楽門下の三笑亭可上は、さまざまな表情を描いた目の部分だけの仮面をかけて人物を描き分ける「百眼(ひゃくまなこ)」という芸を披露した。落語 フレッシュアイペディアより)

451件中 91 - 100件表示

「落語」のニューストピックワード