226件中 91 - 100件表示
  • 落語

    落語から見た日曜劇場

    テレビドラマ 東芝日曜劇場 第933回 「秋は浪花のため息」 1974年 朝日放送落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た枝豆

    ものを食べる:閉じた扇子を箸に見立てて、あるいは手づかみで、さまざまなものを食べる仕草が落語のなかにはある。食べものや食べる状況によって仕分けるコツがそれぞれにある。名人桂文楽が甘納豆(「明烏」)・枝豆(「馬のす」)などで見せた至芸が有名。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た手ぬぐい

    扇子、手ぬぐい、上方落語における見台と拍子木、張扇の五種に限定される。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た照明

    落語が再現芸術でありながら演劇や舞踏と一線を画して考えられるのは、演劇・舞踏といった芸能が通常扮装を伴って演技されるのに対して、落語においては扮装を排し、素のままで芸を見せるためである。すなわち落語では、噺家は登場人物や話の流れに相応しい身なりや格好をモノ(衣装・小道具・大道具・書割・照明・効果音)で表現することはなく、主として言葉と仕草によって演出効果をねらう。そのために、落語の表現要素は (1) 噺家の芸に結びつく基本的な要素(言葉、仕草)と (2) 1 を助けるためにその場に応じて何にでも変化できるようなニュートラルな最低限のモノ(小道具、衣装)とに区分することができるのである。これは、素の芸であることを前提とする落語の大きな特徴であるといえるだろう。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見たラジオ

    高座の模様が収録されたレコード、カセットテープ、CD等が市販されており、購入して収集したり、ラジオ、テレビ等で落語を放送する番組をオープンリールテープやカセットテープ、MD等に録音、ビデオテープ等に録画をするエアチェックをして記録メディアに録音・録画をし収集することも容易である。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た岐阜市

    大学のサークルとしての落語研究会(通称「落研(おちけん)」)が生まれたのは昭和20年代頃で、現在、学生落語の全国大会として、“落語の祖”といわれる安楽庵策伝の名を冠した「全日本学生落語選手権・策伝大賞」が年1回、岐阜市で開催されている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た松林宗恵

    映画 落語野郎 大泥棒 1967年 監督:松林宗恵落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た芸能

    落語(らくご)は、江戸時代の日本おいて成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。「落し話(おとしばなし)」、略して「はなし」とも言う。都市に人口が集積することによって芸能として成立した。成立当時はさまざまな人が演じたが、現在は通常、それを職業とする人が演じる。衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、身振りと語りのみで物語を進めてゆく独特の演芸であり、高度な技芸を要する伝統芸能でもある。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た連続テレビ小説

    テレビドラマ ちりとてちん 2007年 (NHK連続テレビ小説落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見たNHK教育テレビ

    テレビ番組 にほんごであそぼ「寿限無」2003年 NHK教育テレビ落語 フレッシュアイペディアより)

226件中 91 - 100件表示

「落語」のニューストピックワード