226件中 41 - 50件表示
  • 落語

    落語から見た柳亭左楽

    1917年8月には柳派と三遊派が合併し、4代目橘家圓蔵、初代三遊亭圓右、3代目柳家小さんら売れっ子たちが中心となり、大手の寄席二十八軒との月給制の契約を交わす演芸会社「東京寄席演芸株式会社」を旗揚げした。その月給制に反対し、従来どおりのワリ(給金制)で対抗するべく、5代目柳亭左楽は「三遊柳連睦会(通称、睦会)」を設立した。その後前者は翌年11月に分裂。「東京演芸合資会社」と名前を変え、一方では上野鈴本を中心とした一派が「落語席中立会」(通称、中立会)を結成し、これがのちに「東西落語会」(東西会)へと発展した。1923年9月1日に起こった関東大震災を契機として三派合同の気運が生まれ、のちに合併し「東京落語協会」(落語協会の前身)を設立した。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た快楽亭ブラック (2代目)

    寄席や演芸場(ホールともいう)の興行で演じるプロを落語家(噺家)と呼ぶ。ほとんどのプロの落語家は同業組合(ギルド)に加入する(が、快楽亭ブラック \(2代目\)のような例外も存在する)。内部では徒弟制度が敷かれている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た三遊亭圓右

    1917年8月には柳派と三遊派が合併し、4代目橘家圓蔵、初代三遊亭圓右、3代目柳家小さんら売れっ子たちが中心となり、大手の寄席二十八軒との月給制の契約を交わす演芸会社「東京寄席演芸株式会社」を旗揚げした。その月給制に反対し、従来どおりのワリ(給金制)で対抗するべく、5代目柳亭左楽は「三遊柳連睦会(通称、睦会)」を設立した。その後前者は翌年11月に分裂。「東京演芸合資会社」と名前を変え、一方では上野鈴本を中心とした一派が「落語席中立会」(通称、中立会)を結成し、これがのちに「東西落語会」(東西会)へと発展した。1923年9月1日に起こった関東大震災を契機として三派合同の気運が生まれ、のちに合併し「東京落語協会」(落語協会の前身)を設立した。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た鹿野武左衛門

    17世紀後半になると、江戸の町では大坂出身の鹿野武左衛門が芝居小屋や風呂屋で「座敷仕方咄」を始めた。同時期に京都では露の五郎兵衛が四条河原で活躍し、後水尾天皇の皇女の御前で演じることもあった。大坂には米沢彦八が現れて人気を博し、名古屋でも公演をした。また、『寿限無』の元になる話を作ったのが初代の彦八であると言われている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た桂歌若

    テレビアニメ 落語天女おゆい 2006年 原作:桂歌若 作画:いけだたかし落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た林家正楽

    エッセイ・テレビドラマ (エッセイ)正蔵師匠と私 1988年 著:2代目林家正楽 (テレビドラマ)晴のちカミナリ 1989年 NHK総合テレビ落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た橘家圓蔵 (4代目)

    1917年8月には柳派と三遊派が合併し、4代目橘家圓蔵、初代三遊亭圓右、3代目柳家小さんら売れっ子たちが中心となり、大手の寄席二十八軒との月給制の契約を交わす演芸会社「東京寄席演芸株式会社」を旗揚げした。その月給制に反対し、従来どおりのワリ(給金制)で対抗するべく、5代目柳亭左楽は「三遊柳連睦会(通称、睦会)」を設立した。その後前者は翌年11月に分裂。「東京演芸合資会社」と名前を変え、一方では上野鈴本を中心とした一派が「落語席中立会」(通称、中立会)を結成し、これがのちに「東西落語会」(東西会)へと発展した。1923年9月1日に起こった関東大震災を契機として三派合同の気運が生まれ、のちに合併し「東京落語協会」(落語協会の前身)を設立した。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た柳家三三

    漫画 どうらく息子 2010年 著:尾瀬あきら 監修:柳家三三落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た千葉泰樹

    映画 羽織の大将 1960年 監督:千葉泰樹落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た久米田康治

    漫画 じょしらく 2009年 原作:久米田康治 作画:ヤス落語 フレッシュアイペディアより)

226件中 41 - 50件表示

「落語」のニューストピックワード