451件中 41 - 50件表示
  • 落語

    落語から見た三越百貨店

    三越落語会(隔月1回、三越百貨店、三越劇場)落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見たテレビ朝日

    映画・テレビドラマ 歓喜の歌 (映画)2008年 監督:松岡錠司 (テレビドラマ)2008年 制作:北海道テレビ(テレビ朝日系列)落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た雲田はるこ

    また2010年代中盤には、雲田はるこ『昭和元禄落語心中』や立川談春『赤めだか』など、落語を題材にした漫画・エッセイ等が人気を呼ぶとともに、西新宿ミュージックテイトや渋谷らくごなど、従来の寄席やホール落語とは違い、初心者や若い人も気軽に足を運びやすい落語会が増えたこともあり、一部マスコミからは落語ブームと呼ばれている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た平山秀幸

    映画 やじきた道中 てれすこ 2007年 監督:平山秀幸落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た田中啓文

    小説 ハナシがちがう!?笑酔亭梅寿謎解噺 2004年 著:田中啓文落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見たラジオ

    1925年(大正14年)、ラジオ放送が始まり、落語がラジオから流れるようになった。それまでは落語を「おとしばなし」と読んでいたが、これ以降「らくご」と読むようになった。1950年代にはラジオで落語がブームとなった。また、大学のサークル活動としての落語研究会(通称「落研(おちけん)」)が生まれたのは昭和20年代頃である。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た演劇

    仕草は、落語において言葉の限界を補うための存在である。すなわち演劇のように話のすべての部分について仕草がともなっているわけではなく、言葉だけでは表現しきれない部分に補足的な意味を持って仕草が付加されているのである。落語においては、パントマイムのように、実際には無いものであっても聴衆の想像力に頼りながら「そこに在るように」見せなければならない。「言葉だけでは表現しきれない」内容については、仕草は、言葉では端的に表現できない動作や地の文の欠如を補うといった低次のものから、素の芸において聴衆の想像力を刺激するために付加されるきわめて高度のものまで含まれる。仕草においても言葉同様、一人全役が原則であり、噺家は必要に応じて次々にさまざまな役のさまざまな仕草を仕分ける。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た扇子

    能楽や歌舞伎など他の芸能と異なり、衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特の演芸であり、高度な技芸を要する伝統芸能である。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た

    ものを食べる:閉じた扇子をに見立てて、あるいは手づかみで、さまざまなものを食べる仕草が落語のなかにはある。食べものや食べる状況によって仕分けるコツがそれぞれにある。名人桂文楽が甘納豆(『明烏』)・枝豆(『馬のす』)などで見せた至芸が有名。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た桂春団治 (初代)

    上方では、大正から昭和にかけて初代桂春團治らが活躍したが、昭和期に入ると漫才に押されて一時衰退。戦中戦後、5代目笑福亭松鶴・4代目桂米團治ら「楽語荘」によって辛うじて命脈が保たれたのち、1957年(昭和32年)に上方落語協会が設立され、今日の隆盛につながっている。落語 フレッシュアイペディアより)

451件中 41 - 50件表示

「落語」のニューストピックワード