451件中 51 - 60件表示
  • 落語

    落語から見た林家彦いち林家 彦いち

    「古典落語」という言葉は、昭和30年代から40年代にかけての「ホール落語」の定着とともに普及したのであり、それ以前には存在しなかった言葉である。同時に「古典落語こそ正統」「新作落語は邪道」という偏見も広まった。このような偏見を打破した革命児が三遊亭圓丈であり、かれは春風亭昇太・三遊亭白鳥・柳家喬太郎・林家彦いち等に影響をあたえた。また、落語の衰退を嘆いた立川談志門下からは、新作も古典も演じ、古典も現代的視点から語る立川志の輔や古典落語にコントの手法を導入し映画(洋画)の落語化を多数手がける立川志らく、「改作落語」で知られる立川談笑らが登場し、上方では6代 桂文枝が三枝時代から「創作落語」の名で自作の新作落語を多数口演し、聴衆を沸かせている。こうして、「古典」「新作」の厳しい区別や両者の不毛な対立、あるいは双方に対する先入観・偏見はしだいに過去のものになりつつある。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た草柳俊一

    「『ラジオ名人寄席』での音源不正使用」の件で川戸とともに玉置を告発した草柳俊一は、数多くの落語録音にレコーディング・エンジニアとして従事し、現在は「極楽亭プロジェクト」なる協同蒐集活動を呼び掛けている。草柳もまた、落語テープのコレクターでとくにオープンリールにこだわった収集活動をおこなってきた。草柳が集めた落語や寄席演芸の録音は22,000点におよんでいる。草柳の著書(芸能評論家矢野誠一との共著)に以下がある。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た林家三平 (初代)

    1953年(昭和28年)、テレビ放送が始まった。1960年代には落語ブームが起こるが、これはテレビ演芸ブームによってもたらされたものであった。なかでも初代林家三平は各種のテレビ番組で活躍し、「爆笑王」の異名をとった。1966年(昭和41年)には日本テレビ系で『笑点』の放送が始まっている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た桂文治 (10代目)

    演じ分けについては、言葉のニュアンスや使い方によって登場人物の個性が浮き上がる工夫が必要であり、江戸弁にきびしかった10代目桂文治は、つねづね「職人言葉と商人言葉ではまったく違うもんだ」と語っていた。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た立川談四楼

    漫画 山遊亭海彦 1997年 原作:立川談四楼 作画:さだやす圭落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た三遊亭白鳥

    「古典落語」という言葉は、昭和30年代から40年代にかけての「ホール落語」の定着とともに普及したのであり、それ以前には存在しなかった言葉である。同時に「古典落語こそ正統」「新作落語は邪道」という偏見も広まった。このような偏見を打破した革命児が三遊亭圓丈であり、かれは春風亭昇太・三遊亭白鳥・柳家喬太郎・林家彦いち等に影響をあたえた。また、落語の衰退を嘆いた立川談志門下からは、新作も古典も演じ、古典も現代的視点から語る立川志の輔や古典落語にコントの手法を導入し映画(洋画)の落語化を多数手がける立川志らく、「改作落語」で知られる立川談笑らが登場し、上方では6代 桂文枝が三枝時代から「創作落語」の名で自作の新作落語を多数口演し、聴衆を沸かせている。こうして、「古典」「新作」の厳しい区別や両者の不毛な対立、あるいは双方に対する先入観・偏見はしだいに過去のものになりつつある。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た柳家小さん (3代目)

    1917年(大正6年)8月には東京の柳派と三遊派が合併し、4代目橘家圓蔵、初代三遊亭圓右、3代目柳家小さんら売れっ子たちが中心となり、大手の寄席28軒との月給制の契約を交わす演芸会社「東京寄席演芸株式会社」を旗揚げした。この月給制に反対し、従来どおりのワリ(給金制)で対抗するべく、5代目柳亭左楽は「三遊柳連睦会(通称、睦会)」を設立した。そののち、前者は翌年11月に分裂。「東京演芸合資会社」と名前を変え、一方では上野鈴本を中心とした一派により「落語席中立会」(通称、中立会)が結成され、これがのちに「東西落語会」(東西会)へと発展した。しかし、1923年(大正12年)9月1日に起こった関東大震災を契機として三派合同の気運が生まれ、のちに合併して「東京落語協会」(現在の落語協会)が設立された。1930年(昭和5年)には「日本芸術協会」(現在の落語芸術協会)が設立されている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た柳亭左楽

    1917年(大正6年)8月には東京の柳派と三遊派が合併し、4代目橘家圓蔵、初代三遊亭圓右、3代目柳家小さんら売れっ子たちが中心となり、大手の寄席28軒との月給制の契約を交わす演芸会社「東京寄席演芸株式会社」を旗揚げした。この月給制に反対し、従来どおりのワリ(給金制)で対抗するべく、5代目柳亭左楽は「三遊柳連睦会(通称、睦会)」を設立した。そののち、前者は翌年11月に分裂。「東京演芸合資会社」と名前を変え、一方では上野鈴本を中心とした一派により「落語席中立会」(通称、中立会)が結成され、これがのちに「東西落語会」(東西会)へと発展した。しかし、1923年(大正12年)9月1日に起こった関東大震災を契機として三派合同の気運が生まれ、のちに合併して「東京落語協会」(現在の落語協会)が設立された。1930年(昭和5年)には「日本芸術協会」(現在の落語芸術協会)が設立されている。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た林家しん平

    映画 落語物語 2011年 監督:林家しん平落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た桂文團治

    上方では桂派と三友派とがしのぎを削り、初代桂文團治・2代目桂文枝・3代目笑福亭松鶴ら名人上手が輩出した。落語 フレッシュアイペディアより)

451件中 51 - 60件表示