226件中 71 - 80件表示
  • 落語

    落語から見た逢坂みえこ

    漫画 たまちゃんハウス 2005年 著:逢坂みえこ落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た村野鐵太郎

    小説・映画 鬼の詩 (小説)1974年 著:藤本義一 (映画)1975年 監督:村野鐵太郎落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た豊臣秀吉

    おもしろみのある話の源流は『竹取物語』、または『今昔物語』や『宇治拾遺物語』に収められた説話にまでさかのぼる。滑稽な話を集めた本の元祖としては、誓願寺の安楽庵策伝が京都所司代の板倉重宗に語った話をもとに作られたという1623年の『醒睡笑』が挙げられる。この本を元にして『子ほめ』『牛ほめ』『唐茄子屋政談』『たらちね』など現在でも演じられるはなしが生まれた。また、豊臣秀吉の茶話相手をつとめる御伽衆の一人、曽呂利新左衛門も落語家の先祖であるといわれるが、架空の人物であるとも言われる。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た青柳信雄

    映画 落語長屋は花ざかり 1954年 監督:青柳信雄落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た岡田則夫

    現在では入手不能な、戦前の落語家たちの名演が聞けるSP盤を集める者もいる。特に著名な収集家として、レコード(SP)蒐集では 八代目都家歌六と岡田則夫が挙げられる。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た曽呂利新左衛門

    おもしろみのある話の源流は『竹取物語』、または『今昔物語』や『宇治拾遺物語』に収められた説話にまでさかのぼる。滑稽な話を集めた本の元祖としては、誓願寺の安楽庵策伝が京都所司代の板倉重宗に語った話をもとに作られたという1623年の『醒睡笑』が挙げられる。この本を元にして『子ほめ』『牛ほめ』『唐茄子屋政談』『たらちね』など現在でも演じられるはなしが生まれた。また、豊臣秀吉の茶話相手をつとめる御伽衆の一人、曽呂利新左衛門も落語家の先祖であるといわれるが、架空の人物であるとも言われる。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た暉峻康隆

    暉峻康隆『落語の年輪』(2分冊、河出文庫)落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た楠本正隆

    1876年4月、東京府権知事楠本正隆の名で、諸芸人に対し鑑札を発行し、税金を課すことを布告。これにより芸界の統一も不可欠となり、芸人仲間のうちで人望と実力のある三人が頭取として選ばれた。三遊亭圓朝、3代目麗々亭柳橋、6代目桂文治の三人が交代で月番で責任を負うシステムが作られた。くじ売りの禁止、シモがかったネタの制限など、警察による寄席の取締も徐々に厳しくなり、高座は健全化されていった。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た大倉崇裕

    小説 落語シリーズ《三人目の幽霊 他》 2001年 著:大倉崇裕落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た山藤章二

    アニメーション(ビデオソフト) 山藤章二のラクゴニメ Vol.1〜Vol.10 続1〜続2 1993年〜 イラスト:山藤章二 企画:APPカンパニー 販売:ポニーキャニオン (DVD) 2003年 Vol.1〜Vol.4落語 フレッシュアイペディアより)

226件中 71 - 80件表示

「落語」のニューストピックワード