226件中 81 - 90件表示
  • 落語

    落語から見たなかいま強

    漫画 こんこんちきち 1996年 著:なかいま強落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た結城昌治

    小説・テレビドラマ 志ん生一代 (小説)1977年 著:結城昌治 (テレビドラマ) おりんさん 1983年 制作:東海テレビ(フジテレビ系列)落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た大道具

    落語が再現芸術でありながら演劇や舞踏と一線を画して考えられるのは、演劇・舞踏といった芸能が通常扮装を伴って演技されるのに対して、落語においては扮装を排し、素のままで芸を見せるためである。すなわち落語では、噺家は登場人物や話の流れに相応しい身なりや格好をモノ(衣装・小道具・大道具・書割・照明・効果音)で表現することはなく、主として言葉と仕草によって演出効果をねらう。そのために、落語の表現要素は (1) 噺家の芸に結びつく基本的な要素(言葉、仕草)と (2) 1 を助けるためにその場に応じて何にでも変化できるようなニュートラルな最低限のモノ(小道具、衣装)とに区分することができるのである。これは、素の芸であることを前提とする落語の大きな特徴であるといえるだろう。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た佐伯幸三

    映画 幽霊繁盛記 1960年 監督:佐伯幸三落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た木村恵吾

    映画 世にも面白い男の一生 桂春団治 1956年 監督:木村恵吾落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た板倉重宗

    おもしろみのある話の源流は『竹取物語』、または『今昔物語』や『宇治拾遺物語』に収められた説話にまでさかのぼる。滑稽な話を集めた本の元祖としては、誓願寺の安楽庵策伝が京都所司代の板倉重宗に語った話をもとに作られたという1623年の『醒睡笑』が挙げられる。この本を元にして『子ほめ』『牛ほめ』『唐茄子屋政談』『たらちね』など現在でも演じられるはなしが生まれた。また、豊臣秀吉の茶話相手をつとめる御伽衆の一人、曽呂利新左衛門も落語家の先祖であるといわれるが、架空の人物であるとも言われる。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た松岡錠司

    映画・テレビドラマ 歓喜の歌 (映画)2008年 監督:松岡錠司 (テレビドラマ)2008年 制作:北海道テレビ(テレビ朝日系列)落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た雷門獅篭

    漫画 風とマンダラ 1998年 著:立川志加吾(現・雷門獅篭落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た演劇

    落語が再現芸術でありながら演劇や舞踏と一線を画して考えられるのは、演劇・舞踏といった芸能が通常扮装を伴って演技されるのに対して、落語においては扮装を排し、素のままで芸を見せるためである。すなわち落語では、噺家は登場人物や話の流れに相応しい身なりや格好をモノ(衣装・小道具・大道具・書割・照明・効果音)で表現することはなく、主として言葉と仕草によって演出効果をねらう。そのために、落語の表現要素は (1) 噺家の芸に結びつく基本的な要素(言葉、仕草)と (2) 1 を助けるためにその場に応じて何にでも変化できるようなニュートラルな最低限のモノ(小道具、衣装)とに区分することができるのである。これは、素の芸であることを前提とする落語の大きな特徴であるといえるだろう。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た扇子

    扇子、手ぬぐい、上方落語における見台と拍子木、張扇の五種に限定される。落語 フレッシュアイペディアより)

226件中 81 - 90件表示

「落語」のニューストピックワード