著作権 ニュース&Wiki etc.

著作権(ちょさくけん)とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した者に認められる、それらの創作物の利用を支配することを目的とする権利をいう。著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている。 (出典:Wikipedia)

「著作権」Q&A

  • Q&A

    昔のVHSビデオテープからブルーレイレコーダーに落としてDVDディスクに焼いてみよう…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月3日 17:21

  • Q&A

    著作権について質問です 中2です 今、先生が、冬休みのしおりを作っていて、その挿入…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月3日 11:43

  • Q&A

    YouTubeについての質問です。 YouTubeにサッカーのプレー集をあげている方…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月3日 09:12

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「著作権」のつながり調べ

  • インターネット百科事典

    インターネット百科事典から見た著作権

    また著作権切れの百科事典のネット上での公開も行われている。ボランティアにより運営されているプロジェクト・グーテンベルクは、1995年、著作権切れでパブリックドメインになっていたブリタニカ百科事典第11版(1911年発行)のデジタル化に取り掛かった。商標権の問題からブリタニカの名は使えず、コンテンツ名を「グーテンベルク百科事典」 (Gutenberg Encyclopedia) としたが、第1巻のみの電子化で中断した。後の2002年に、別のLoveToKnow 1911プロジェクトにより、文だけであるが全29巻が「1911 Encyclopedia Britannica」として公開された。他、著作権切れ百科事典としてデジタル化されてネット上で公開されたものとしてカトリック百科事典などがある。(インターネット百科事典 フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげる

    水木しげるから見た著作権

    初期の作品には、海外の短編小説等からストーリーを転載したものが多かったが、著作権に対する認識が浸透していない時代であり、問題とはならなかった。ただし、1966年に朝日ソノラマから刊行された『猫又』に収録された短編「太郎稲荷」は、星新一作品とのストーリーの類似が指摘され、水木は盗作を認めて謝罪。朝日ソノラマが和解金を星に支払い、単行本『猫又』は「太郎稲荷」が削除された版が刊行された。(水木しげる フレッシュアイペディアより)

「著作権」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「著作権」のニューストピックワード