前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1521件中 1 - 10件表示
  • クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンスから見た著作権著作権

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(、略称: CC license)とは、クリエイティブ・コモンズが定義する著作権のある著作物の配布を許可するの一つである。クリエイティブ・コモンズ・ライセンス フレッシュアイペディアより)

  • GNU General Public License

    GNU General Public Licenseから見た著作権著作権

    その要件とは、コピーレフト (Copyleft)として知られている。これは、ソフトウェアプログラムに関し、著作権 (copyright)を利用した法的な権能をもたらす効果がある。GPLで保護される著作物もまた、著作権で保護されているため、改変された形態でなくとも、ライセンスで規定されている場合を除き、ライセンシーはその著作物の再頒布の権利を持たない(フェアユースを除く。ただし、その記事やGPL FAQで述べられている通り、フェアユースにworld-wide principle; 世界的な原則、統一見解などない)。再頒布のような、通常著作権法で制限される権利をある人物が行使しようと考える場合、その人物はGPLの条項をただ従う必要がある。逆に、GPLの条項を遵守せず(例えば、ソースコードを開示しない)著作物の複製を頒布すると、著作権法に基づき著作権者から頒布の差止め等で提訴される可能性がある。GNU General Public License フレッシュアイペディアより)

  • 同人誌

    同人誌から見た著作権者著作権

    現行の日本の著作権法では、フランス知的保有権法典第122条の5第4項のいわゆる“パロディ条項”のようなパロディを正面から認める法理が存在せず、判例や、原作の著作権者の許諾を得ることなく二次創作物を不特定多数への販売することは、原則として著作権侵害となる。一方で、漫画というメディア自体がパロディを高度な表現手段として確立してきた経緯、商業作家が自らの作品のパロディを同人誌で作成している状況などがあり、一面的な法解釈についての疑問もある。将来的にどうなるかは別として、現状においてはその規制や取り締まり概況が権利者毎にまちまちで、後述する様に権利者自身も人材発掘などにおいてそのような状況を利用してきた面があり、いわゆるグレーゾーン的な位置にあるものということが言える。同人誌 フレッシュアイペディアより)

  • GOOD COPY BAD COPY

    GOOD COPY BAD COPYから見た著作権著作権

    Good Copy Bad Copy はインターネットやP2P、ファイル共有、音楽作成ソフト等の新しい技術が台頭する中で、著作権をとりまく環境に起きている変化や軋轢、これからの展望を取りあげたドキュメンタリーである。GOOD COPY BAD COPY フレッシュアイペディアより)

  • コピーレフト

    コピーレフトから見た著作権著作権

    コピーレフト()とは、著作権()に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方である。リチャード・ストールマンがフリーソフトウェア運動の一貫として熱心に広めた考えである。コンピュータプログラムの特にバイナリに変換されることを前提としたソースコードについてのものであったが、その後、CC BY-SAなどを用いてソースコード以外の著作物にも適用しようという動きがある。コピーレフト フレッシュアイペディアより)

  • ロボテック

    ロボテックから見た著作権著作権

    アメリカにおける日本産アニメは、1960年代から、『鉄腕アトム』、『マッハGoGoGo』、『ジャングル大帝』など、多数の作品が輸出され、これらの作品は米国事情・同国内の州法や連邦法等に基づいた事情と著作権の売却の販売形態に由来する米国側配給企業の裁量により、暴力・死・性的描写等の日本的なアニメ描写は削除された。就学児童の視聴者向けにテレビ局の放送基準や慣例を満たすよう、「不適切な部分」を削除修正された、アメリカナイズされた作品には、科学忍者隊ガッチャマン(米国版)や"Star Blazers"(宇宙戦艦ヤマト・テレビシリーズ I / II / III)がある。ロボテック フレッシュアイペディアより)

  • 文化庁

    文化庁から見た著作権著作権

    上記の文部科学省設置法に示された任務を達成するため、芸術創作活動の振興、文化財の保護、著作権等の保護、国語の改善・普及・施策、国際文化交流の振興、宗教に関する事務を所掌する。国家行政組織法および文部科学省設置法により文部科学省の外局として設置されている。文化庁 フレッシュアイペディアより)

  • 区域外再放送

    区域外再放送から見た著作権著作権

    当初、区域外再送信は地上アナログテレビジョン放送(一部ではラジオ放送についても行われている)が中心で、日本民間放送連盟(民放連)が地上デジタルテレビジョン放送ではデジタルコンテンツ等の番組著作権保護・番組出演者の肖像権保護・地上波放送の根幹である地域免許制度と相容れないことなどから、区域外再送信を全面的に認めない方針を打ち出していた。一方、日本放送協会(NHK)は総合テレビ・Eテレは区域外再放送については区域内再放送が担保された上で特別な地域事情がある場合に限り同意することがあるとしている。区域外再放送 フレッシュアイペディアより)

  • 映画の著作物

    映画の著作物から見た著作権著作権

    映画の著作物(えいがのちょさくぶつ)は、主に著作権保護に関する条約や法律における用語であり、著作権の保護対象となる著作物のうち、劇場映画作品その他動的な映像表現を伴う著作物を、他の一般著作物と区別して言い表すために使用される言葉である。映画の著作物は、その創作過程および流通過程に他の著作物にはない特徴をもつことから、その著作権の性質を規定する特別な条項が、条約および各国の法律にみられる。映画の著作物 フレッシュアイペディアより)

  • 日本工業規格

    日本工業規格から見た著作権著作権

    JISが取扱う知的財産権 (IPR) には、特許権、実用新案権、商標権、著作権などがある。日本工業規格 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1521件中 1 - 10件表示

「著作権」のニューストピックワード