前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1254件中 1 - 10件表示
  • GNU General Public License

    GNU General Public Licenseから見た著作権著作権

    ただし、GPLの条文自体はGPLの下配布されているわけではなく、ライセンス著作者は条文の改変(modifications)を許可していない(GPLの条文自体の著作権はフリーソフトウェア財団が持つ)。GPLはプログラムの受領者に(本ライセンスの直接の対象となる)本プログラムと共に本ライセンスの複製を(a copy of this License along with the Program)得る権利を与えているため、未改変のライセンスの複製と頒布(distribution; 配布)は許されている。GPL FAQによると、仮に改変する場合は、別の名前とし、「GNU」について言及せず、フリーソフトウェア財団から許諾を得ている場合を除いて改変版ライセンスからGPLの前文(Preamble)を削除した場合に限り、GPLの改変版を利用して新たなライセンスを作成しても良い。そのようにして作成された派生ライセンスに対し、FSFは一切の法的異議申し立てを行うことはないが、そういったライセンスは一般にGPLと両立しない(互換性が無い、incompatible)ので、FSFは推奨していない 。GNU General Public License フレッシュアイペディアより)

  • 同人誌

    同人誌から見た著作権者著作権

    現行の日本の著作権法では、フランス知的保有権法典第122条の5第4項のいわゆる“パロディ条項”のようなパロディを正面から認める法理が存在せず、判例や通説でもパロディを例外として認めていないため、原作の著作権者の許諾を得ることなく二次創作物を不特定多数への販売することは、原則として著作権侵害となる。一方で、漫画というメディア自体がパロディを高度な表現手段として確立してきた経緯、商業作家が自らの作品のパロディを同人誌で作成している状況などがあり、一面的な法解釈についての疑問もある。将来的にどうなるかは別として、現状においてはその規制や取り締まり概況が権利者毎にまちまちで、後述する様に権利者自身も人材発掘などにおいてその様な状況を利用してきた面があり、いわゆるグレーゾーン的な位置にあるものということが言える。同人誌 フレッシュアイペディアより)

  • コピーレフト

    コピーレフトから見た著作権著作権

    コピーレフト () とは、著作権 () に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方である。1984年にフリーソフトウェア財団を設立したリチャード・ストールマンによって提唱され、初めはソフトウェアに関して用いられたが、その後、ソフトウェア以外の著作物にも適用しようという動きがある(クリエイティブ・コモンズなど)。コピーレフト フレッシュアイペディアより)

  • ロボテック

    ロボテックから見た著作権著作権

    アメリカにおける日本産アニメは、1960年代から、『鉄腕アトム』、『マッハGoGoGo』、『ジャングル大帝』など、多数の作品が輸出され、これらの作品は米国事情・同国内の州法や連邦法等に基づいた事情と著作権の売却の販売形態に由来する米国側配給企業の裁量により、暴力・死・性的描写等の日本的なアニメ描写は削除された。就学児童の視聴者向けにテレビ局の放送基準や慣例を満たすよう、「不適切な部分」を削除修正された、アメリカナイズされた作品には、科学忍者隊ガッチャマン(米国版)や"Star Blazers"(宇宙戦艦ヤマト・テレビシリーズ I / II / III)がある。ロボテック フレッシュアイペディアより)

  • 文化庁

    文化庁から見た著作権著作権

    上記の文部科学省設置法第27条に示された任務を達成するため、芸術創作活動の振興、文化財の保護、著作権等の保護、国語の改善・普及・施策、国際文化交流の振興、宗教に関する事務を所掌する。国家行政組織法および文部科学省設置法により文部科学省の外局として設置されている。文化庁 フレッシュアイペディアより)

  • 区域外再放送

    区域外再放送から見た著作権著作権

    当初、ケーブルテレビ局などで実施されている区域外再放送は地上アナログテレビジョン放送(一部の局ではFM放送も行われている)が中心で、日本民間放送連盟が地上デジタルテレビジョン放送ではデジタルコンテンツ等の番組著作権保護・番組出演者の肖像権保護・地上波放送の根幹である地域免許制度と相容れないことなどから、区域外再放送を全面的に認めない方針を打ち出していた。一方、NHKではアナログ・デジタルを問わず総合テレビ・教育テレビでの区域外再放送を禁止する方針は一切出されていない。それどころか、NHK側が区域外再放送を要望しているケースまである模様。CATV局サイドは「アナログはいいのになぜデジタルはいけないのか」というCATV加入者からの質問に答えられなかったり、デジタル化で放送対象地域外の民間放送局が視聴できなくなるとCATV解約者が増える心配を持っている。この影響から、2007年末、部分合意された。区域外再放送 フレッシュアイペディアより)

  • 擬古猫

    擬古猫から見た著作権著作権

    ここでは文字絵にまつわる権利関係について記述する。擬古猫 フレッシュアイペディアより)

  • GNU General Public License

    GNU General Public Licenseから見た著作権者著作権

    GNU General Public License version 3(略称GNU GPLv3、単にGPLv3とも)は、ソフトウェア(プログラム・ライブラリなど)を含む著作物に対し、著作物の著作者・著作権保持者やライセンス受諾者の権利や、プログラムの受領者のためにライセンス許諾者が与える権利、またソフトウェアの自由と衝突するような法や法的権利の制限(DRM、特許の利用、他者を差別するような特許ライセンスの排除)などに関する基本理念を以前のバージョンのライセンスより明文化している。GNU General Public License フレッシュアイペディアより)

  • 日本工業規格

    日本工業規格から見た著作権著作権

    JISが取扱う知的財産権には、特許権、実用新案権、商標権、著作権などがある。日本工業規格 フレッシュアイペディアより)

  • テレビアニメ

    テレビアニメから見た著作権著作権

    著作権は制作プロダクションが保持し、放送権を放送局に販売する。日本初のテレビアニメ『鉄腕アトム』で、制作プロダクション主宰の手塚治虫が同時に原作者の立場であり、自身の作品のアニメ版の著作権を放送局に売り渡すことに難色を示し、放送局も同意した。その後も同じ方式が踏襲された。放送局が直接アニメ制作会社を子会社として設立する等の方法で制作に関与したり、著作権を買い取ったアニメ番組も初期には存在したが、版権ビジネスが成立しないため現在では存在しない。テレビアニメ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1254件中 1 - 10件表示

「著作権」のニューストピックワード