1254件中 21 - 30件表示
  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た著作権著作権

    経済的な利用方法として、キャラクターを使用する際に通常必要な著作権使用料を当初無料の許可制にすることで個人・企業を問わず広く参加でき、築城400年祭を盛り上げる効果を狙うという新しい試みが行われた。著作権使用料を無料にすることで小規模企業を含めた様々な企業が参加し、イベントを通じて地域おこしを図る試みとして経済界からも注目された。ひこにゃんグッズとしては、普段は目につきにくい伝統工芸品の銅細工を始め、彦根の特産品や菓子など、様々な商品が閉幕後も販売され、観光客などに喜ばれている。さらに、全国的な認知を得てインターネットなどでも商品が販売された。反面、築城400年祭自体の認知度が「ひこにゃん」に追いついていかなかったという課題も発生した。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • スキャンレーション

    スキャンレーションから見た著作権著作権

    スキャンレーションは出版社、作者など著作権者に無断で行われる明白な著作権侵害行為である。スキャンレーターはほとんどの場合自らの行為が違法であることを認識しているが、以下の理由から、スキャンレーションは日本国外における漫画の普及、および読者獲得に貢献していると主張している。スキャンレーション フレッシュアイペディアより)

  • ニフティサーブ

    ニフティサーブから見た著作権著作権

    プロフィールに限ったことではないが、当時はすべての情報をニフティサーブの会員だけが読むことを想定して書いていたこともあって、会員以外の外部の人間に読まれるという可能性についての注意が無く、また個人情報の保護という概念が無かったためこれが著作権の問題とともに過去ログなど当時の記録の再利用を困難にしている。ニフティサーブ フレッシュアイペディアより)

  • CRぱちんこ必殺仕事人III

    CRぱちんこ必殺仕事人IIIから見た著作権著作権

    著作権・肖像権の絡みから実写やラウンド時の映像や曲が省略されている。CRぱちんこ必殺仕事人III フレッシュアイペディアより)

  • 近代デジタルライブラリー

    近代デジタルライブラリーから見た著作権著作権

    国立国会図書館は、著作権が切れた(または著作権が存続しているが著作権者の許諾を得るなどの対応を行った)明治期の図書資料をスキャンしてインターネット上に公開するサービスを「近代デジタルライブラリー」として2002年(平成14年)10月1日から開始した。近代デジタルライブラリー フレッシュアイペディアより)

  • 印税

    印税から見た著作隣接権著作権

    原盤(マスターテープ)を使用する対価としてレコード製作者に対して支払われる印税。通常はここからアーティスト印税、プロデュース印税、プロモーション印税等が分配される。二次使用については、日本レコード協会によって、テレビ局、ラジオ局などの利用者から「著作隣接権使用料」として徴収され、各権利者団体に分配された後、契約に応じてレコード製作者に支払われる。なお、レコード製作者は著作権法上の演奏権を有していないため、公演主催者、カラオケ事業者などの利用者から使用料が徴収される事はない。印税 フレッシュアイペディアより)

  • 日本音楽出版社協会

    日本音楽出版社協会から見た著作隣接権著作権

    基本契約書フォーマット頒布著作権、著作隣接権などを適正に保護し、契約トラブルなどを防止するために、「著作権契約書統一フォーム」「原盤供給契約書」、英文SP契約書など、音楽の著作権使用に必要な契約書のフォーマットをウェブサイトでダウンロードできるようにしている。日本音楽出版社協会 フレッシュアイペディアより)

  • デザイン用語

    デザイン用語から見た著作権著作権

    コピーライト (Copyright) ⇒ 著作権(ちょさくけん)デザイン用語 フレッシュアイペディアより)

  • 知的所有権協会

    知的所有権協会から見た著作権著作権

    「社団法人発明学会」は1992年に「一人一発明研究登録」と称して、知的所有権(著作権)の登録事業を開始した。この事業は、認可を受けた社団法人としての定款にない事業であった。また、発明について著作権の登録をしても、特許を取得した場合のような独占的な権利が得られるわけではないにもかかわらず、間違った認識を与えて、登録料を徴収し、特許等による保護の機会を失わせる恐れもあるものであった。知的所有権協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本工業標準調査会

    日本工業標準調査会から見た著作権著作権

    その後調査会は『21世紀に向けた標準化課題検討特別委員会報告書』(平成12年5月29日)44頁で、民間主導のJISの原案作成の更なる推進を提言した上で、「我が国では、規格原案作成を専業として行っている民間団体はなく、規格作成・普及だけで独立に採算を立てられる状況にはほとんどないものと考えられる」ことから「今後規格作成における民間の役割を更に強化するためには、引き続き民間における規格原案作成を支援していく一方、民間提案((注:工業標準化法)12条提案)に係る規格原案作成者に著作権を残す等、規格作成に係るインセンティブを高める方策を探る」とした。日本工業標準調査会 フレッシュアイペディアより)

1254件中 21 - 30件表示

「著作権」のニューストピックワード