1521件中 41 - 50件表示
  • 日本大家論集

    日本大家論集から見た著作権著作権

    当時の版権(著作権)に関する法的不備を利用して、他の雑誌に掲載された論文等を無断転載し、低廉な価格で販売した。そのため、他の出版業者の顰蹙を買いながらも爆発的な売れ行きを示し、草創期の博文館の発展に寄与することになった。日本大家論集 フレッシュアイペディアより)

  • フォトライブラリー

    フォトライブラリーから見た著作権著作権

    フォトライブラリーとは、企業広告などに利用されるストック写真をあらかじめ撮影・ストックしておき、インターネットやCD、ポジフィルム等の媒体を通じてクリエイターに素材を提供する会社。プロカメラマンに代わって画像の著作権を管理し、それらのリースサービスを扱う。フォトエージェンシー、ストックフォトともいう。フォトライブラリーの魅力は膨大なストック写真の中から様々なテイストや希望にぴったりのイメージを見つけ出すことができ、注文すればすぐにストック写真が使える点も時間のない仕事の時には大きな利点となる。フォトライブラリー フレッシュアイペディアより)

  • かまくら春秋社

    かまくら春秋社から見た著作権著作権

    thumb|商標権が争われた『湘南文學』の題字 1994年3月にかまくら春秋社は文芸と福祉をテーマとする季刊誌として『湘南文學』を発刊した。同名の雑誌『湘南文學』がかまくら春秋社の制作・発売のもと湘南短期大学(神奈川歯科大学)から1991年より発行されていたが、1993年に制作予算や写真の権利をめぐって両者が対立した結果、分裂し、同大学とかまくら春秋社がそれぞれ独自に発行をはじめたものである。この対立は裁判に発展し、文芸誌の出版差し止めが求められた点で社会的関心を集めた。神奈川歯科大学による出版で雑誌名の商標権が侵害されたとして出版差し止めの仮処分を求めてかまくら春秋社は1994年に横浜地裁横須賀支部に提訴していたが、棄却された。商標はかまくら春秋社名義で登録されていたものの、登録は『湘南文學』編集代表の指示のもとで同大学刊行物としての同誌での使用を前提として行われ、かまくら春秋社は制作代行を行なっていたにすぎなかったことから、実質的な権利者は同大学だったと1994年8月12日の判決(加藤一隆裁判長)で認められた。かまくら春秋社社長の伊藤玄二郎は同月判決への不満を表明し、自社の『湘南文學』の発行を継続するとした。著作権帰属について1998年に争われた『湘南文學』掲載の写真については、カメラマンが著作権譲渡をした証拠がなく権利の帰属先がどちらとも判定できないとして双方の主張が退けられた。かまくら春秋社 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオ (写真撮影)

    スタジオ (写真撮影)から見た著作権著作権

    料金は、写真撮影料や焼き増し代として支払われる。写真の著作権は、写真館に属する(依頼者がネガなどを買い取ることは可能だが、その場合にはそれなりに高額の支払いが必要になる)。これは写真館という業態が伝統的に撮影後の加工「修整」「スポッティング」まで含めた写真の作品性を商品とし、その「焼き増し」でも利益を得ていたことからきている(例えば集合写真なら写っている人数分注文がある場合が多かった)。スタジオ (写真撮影) フレッシュアイペディアより)

  • 音楽素材サイト

    音楽素材サイトから見た著作権著作権

    音楽素材サイトは各々利用規約を設けており、それに違反するような使い方はできない。例としては、著作権表記の義務、利用報告の義務、成人向け作品での使用不可など。サイトによって設けている規約が異なるため、素材を利用する前に必ず利用規約に目を通しておく必要がある。音楽素材サイト フレッシュアイペディアより)

  • Brandnew J

    Brandnew Jから見た著作権著作権

    その後、著作権や著作隣接権を所有する団体(日本レコード協会や実演家著作隣接権センター(CPRA)など)により「(ラジオ・テレビの)放送番組の楽曲のネット利用の集中管理」として文化庁へ提出されたBrandnew J フレッシュアイペディアより)

  • 日本工業標準調査会

    日本工業標準調査会から見た著作権著作権

    その後調査会は『21世紀に向けた標準化課題検討特別委員会報告書』(平成12年5月29日)44頁で、民間主導のJISの原案作成の更なる推進を提言した上で、「我が国では、規格原案作成を専業として行っている民間団体はなく、規格作成・普及だけで独立に採算を立てられる状況にはほとんどないものと考えられる」ことから「今後規格作成における民間の役割を更に強化するためには、引き続き民間における規格原案作成を支援していく一方、民間提案((注:工業標準化法)12条提案)に係る規格原案作成者に著作権を残す等、規格作成に係るインセンティブを高める方策を探る」とした。日本工業標準調査会 フレッシュアイペディアより)

  • イラストレーター

    イラストレーターから見た著作権著作権

    イラストレーターと依頼主の間で取り交わされる契約の内訳にも左右されるが、一般的にはイラストレーターの描く図絵の著作権はイラストレーターにあり、使用範囲を限定した使用権を依頼主に与えることが多い。著作権を譲渡する場合でも、氏名表示権などの著作者人格権は譲渡できず、イラストレーターの許に残る。イラストレーターの描いたイラストやキャラクターを盗作から守るために、日本では公表済みのものにあっては文化庁管轄の『著作権登録』、未発表物に対しては行政書士の行う『存在事実証明』により著作権の保護管理下に置くことが可能である。他方で、たとえ依頼主の指示であっても他人の作品の構図トレースなどの著作権侵害を行えばイラストレーターが責任を問われる。イラストレーター フレッシュアイペディアより)

  • モナー

    モナーから見た著作権著作権

    2ちゃんねらーの見解としては、モナー等のアスキーアートは「みんなのもの」(著作権を主張しないことで、事実上のパブリックドメインとみなす)として見ている人が多く、外部利用に関してはあまりにも酷い使い方をしない限りは使用を容認する事が多い。派生型の製作についても同様である。そのため、著作権を主張したり商標権を設定して「独占」しようとする行為は厳しく非難される(c.f.のまネコ問題)。モナー フレッシュアイペディアより)

  • ぐんまちゃん

    ぐんまちゃんから見た著作権著作権

    初代ぐんまちゃんは1983年に群馬県で開催された第38回国民体育大会(あかぎ国体)のマスコットキャラクターとして馬場のぼるのデザインで登場した。国民体育大会のキャラクターとしては名前が初めて付けられた。「4本足で走る馬」をモチーフにしており、蒼色の鬣を持つ。群馬県に著作権を移すときに「デザインの変更」を含めなかったため、デザインが2通りしかない。ぐんまちゃん フレッシュアイペディアより)

1521件中 41 - 50件表示

「著作権」のニューストピックワード