1254件中 41 - 50件表示
  • トラップストリート

    トラップストリートから見た著作権著作権

    トラップストリート (Trap street) とは、地図上に描かれた架空の道路である。虚構記事の一種で、無断複写によって地図の著作権を侵害した者が言い逃れできなくするための罠(著作権トラップ)として用いられる。トラップストリート フレッシュアイペディアより)

  • バーチャルコンソール

    バーチャルコンソールから見た著作権著作権

    著作権、肖像権が製作元に属す作品バーチャルコンソール フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 MUSASHI

    武蔵 MUSASHIから見た著作権著作権

    第1回の山場となる夜盗襲撃シーンは、茨城県にロケセット「伊吹山の庄屋の家」を製作した力の入った撮影であったが、黒澤明監督の映画『七人の侍』(1954年)に類似している部分があった。黒澤プロ側はオマージュとしては解せず、放送終了後に著作権侵害などを理由に訴訟を起こしたが、2005年に東京地方裁判所により請求は棄却された。武蔵 MUSASHI フレッシュアイペディアより)

  • HDMI

    HDMIから見た著作権著作権

    HDMIはデジタル家電向けのインタフェースであり、2002年12月にHDMI 1.0の仕様が策定された。PCとディスプレイの接続標準規格であるDVIを基に、音声伝送機能や著作権保護機能(デジタルコンテンツ等の不正コピー防止)、色差伝送機能を加えるなどAV家電向けに改良した物である。HDMIは非圧縮デジタル形式の音声と映像を伝達し音質、画質とも理論的に伝送中に劣化することはない。これがRCA端子やD端子とは大きく異なる。HDMI フレッシュアイペディアより)

  • 戦時加算 (著作権法)

    戦時加算 (著作権法)から見た著作権著作権

    著作権の戦時加算(せんじかさん)は、通常の著作権の保護期間に戦争の期間分を加算することである。戦時加算 (著作権法) フレッシュアイペディアより)

  • 著作権法

    著作権法から見た著作隣接権著作権

    著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権を付与し、これらの者の利益も保護している。同法に定められる内容は、総則(1条?9条の2)、著作者の権利(10条?78条の2)、出版権(79条?88条)、著作隣接権(89条?104条)、私的録音録画補償金(104条の2?104条の10)、紛争処理(105条?111条)、権利侵害(112条?118条)、罰則(119条?124条)に分類される。著作権法 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権法

    著作権法から見た著作権著作権

    著作権法(ちょさくけんほう、昭和45年法5月6日律第48号)は、知的財産権の一つである著作権の範囲と内容について定める日本の法律である。著作権法 フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズ

    ビートルズから見た著作権著作権

    ビートルズのメンバーによる楽曲の著作権の多くは、以下の経緯で所有者が何度も変わっている。ビートルズ フレッシュアイペディアより)

  • 虚構記事

    虚構記事から見た著作権著作権

    同様に、Esquivalienceという実在しない語が新オクスフォード米語辞典(The New Oxford American Dictionary,NOAD)のCD-ROM第1版に掲載されたこともある。これは後述のように著作権侵害の発見を容易にする仕掛けでもあった。虚構記事 フレッシュアイペディアより)

  • 石丸幸人

    石丸幸人から見た著作権著作権

    2009年8月25日、名古屋消費者信用問題研究会は、弁護士法人アディーレ法律事務所及び同代表者石丸幸人弁護士に対する損害賠償等請求訴訟を、名古屋地方裁判所に提起した。この訴訟は、アディーレ法律事務所の監修による「ひとりで出来る 過払い金回収完全ガイド」及び石丸弁護士の執筆による「知らないと損をする!過払い金回収ガイド」の各書籍が、当研究会編著の「Q&A過払金返還請求の手引・第2版」、「[過払金回収マニュアル]サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法」の著作権を侵害するものであるとして、損害賠償、書籍の発布等の差止め及び謝罪広告を同会が請求したものである。石丸幸人 フレッシュアイペディアより)

1254件中 41 - 50件表示

「著作権」のニューストピックワード