1254件中 51 - 60件表示
  • 日本文藝家協会

    日本文藝家協会から見た著作権著作権

    文芸家である会員と、著作権継承者である準会員によって構成され、会員数は約2500人。著作権管理事業については会員以外の管理も請け負っている。日本文藝家協会 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオ (写真撮影)

    スタジオ (写真撮影)から見た著作権著作権

    料金は、写真撮影料や焼き増し代として支払われる。写真の著作権は、写真館に属する(依頼者がネガなどを買い取ることは可能だが、その場合にはそれなりに高額の支払いが必要になる)。これは写真館という業態が伝統的に撮影後の加工「修整」「スポッティング」まで含めた写真の作品性を商品とし、その「焼き増し」でも利益を得ていたことからきている(例えば集合写真なら写っている人数分注文がある場合が多かった)。スタジオ (写真撮影) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地上デジタルテレビ放送

    日本の地上デジタルテレビ放送から見た著作権著作権

    B-CASカード廃止の提案策には著作権を保護するためコピー禁止(ネバーコピー)も考案されていて、その場合以前にあった「コピー・ワンス」よりも権利が強く保護されることになる。ネバーコピーは録画を一切禁止するものである。また、B-CASカードは縦55mmx横85mmと一般的なカードサイズである。そのため据え置き型のテレビでは問題にならないものの、パソコン用の周辺機器には大きさの制約から小型化が難しい。そのため大きさを優先するとカード不要のワンセグ放送専用にせざるを得ないため、改善を求める声が上がっていた。こうした要望に応え、2009年11月よりminiB-CASカード(地上デジタル専用)の運用が始まったほか、2012年7月からはB-CASカードを使用しないソフトウェア制御によるCASが段階的に導入される予定(詳細は地上放送RMP管理センターを参照)。日本の地上デジタルテレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • キッズステーション

    キッズステーションから見た著作権著作権

    東北新社は1976年にピープロ作品の権利を譲渡された契約を根拠としていたが、この契約が衛星放送での放映権まで含まれているとは認められなかった。契約時には想定していない新しく登場したメディアに関して起こった著作権トラブルとして、著作権の解説書でも取り上げられている事件である。キッズステーション フレッシュアイペディアより)

  • モナー

    モナーから見た著作権著作権

    2ちゃんねらーの見解としては、モナー等のアスキーアートは「みんなのもの」(著作権を主張しないことで、事実上のパブリックドメインとみなす)として見ている人が多く、外部利用に関してはあまりにも酷い使い方をしない限りは使用を容認する事が多い。派生型の製作についても同様である。そのため、著作権を主張したり商標権を設定して「独占」しようとする行為は厳しく非難される(c.f.のまネコ問題)。モナー フレッシュアイペディアより)

  • 著作権の保護期間

    著作権の保護期間から見た著作権著作権

    著作権の保護期間(ちょさくけんのほごきかん)とは、著作権の発生から消滅までの期間をいう。著作権の保護期間 フレッシュアイペディアより)

  • インターネットラジオ

    インターネットラジオから見た著作権著作権

    原理上、送信側も受信側と同様の条件で配信することができる。それまで最も簡便な放送手段であった、無線局免許状を必要としないミニFM局と比べても運用に必要な機器の入手や維持は容易であり、個人が全世界あてに情報を発信することも可能となった。電波の送受信を伴わないため混信は発生しないが、IPアドレスや通信経路の制限、著作権・放送権の制約等により聴取できない場合もあるなど、既存のアナログラジオ放送にはない制約も生ずる。インターネットラジオ フレッシュアイペディアより)

  • イラストレーション

    イラストレーションから見た著作権著作権

    イラストレーションに関わる職業はイラストレーター・写真家・その他の「クリエイター」だけではなく、作家や作品と最終的な顧客との関係を確保する重要な役割を担う仲介者も含まれる――アートディレクターや制作ディレクターはイラストレーションの様式やアーティストをプロジェクトに最も適するように選択し、関係を確立し、仕様書を渡し、仕事の進行を管理し、必要な訂正を行わせる。図版担当の編集者は写真・文献・版画・絵画など、既に存在するありとあらゆる形態のイラストレーションから必要なものを探し出し、個人・各種組織・図書館・美術館などの著作権所持者との交渉を行う。イラストレーション フレッシュアイペディアより)

  • 松本零士

    松本零士から見た著作権著作権

    自作品のパチンコ化にも精力的に取り組んでおり、大手パチンコメーカー三共とのコラボレーション "SANKYO×松本零士" としてCRフィーバー大ヤマト、CRフィーバー銀河鉄道物語、CRフィーバーキャプテンハーロックの3シリーズのパチンコ機が登場している。なお松本零士は『宇宙戦艦ヤマト』の著作権を保持していないことから「大ヤマト」では登場人物や乗り物をわずかに変えて、『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌を流す "類似品" としての登場となったが東北新社から訴訟を起こされ、業者が和解金2億5千万円を支払うことになった(後述の「宇宙戦艦ヤマト裁判」も参照のこと)。松本零士 フレッシュアイペディアより)

  • 高等裁判所

    高等裁判所から見た著作権著作権

    特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、著作者の権利、出版権、著作隣接権若しくは育成者権に関する訴え又は不正競争(不正競争防止法第2条第1項に規定する不正競争)による営業上の利益の侵害に係る訴えについての地方裁判所の第一審判決に対する控訴で審理に専門的な知見を要するもの高等裁判所 フレッシュアイペディアより)

1254件中 51 - 60件表示

「著作権」のニューストピックワード