117件中 41 - 50件表示
  • 著作権

    著作権から見たビジネス著作権検定

    日本における著作権に関する資格には、サーティファイ著作権検定委員会が主催し、一般社団法人知的財産教育協会が監修しているビジネス著作権検定がある。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た著作権に関する世界知的所有権機関条約

    著作権の保護については、『文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約』(ベルヌ条約)、『万国著作権条約』、『著作権に関する世界知的所有権機関条約』(WIPO著作権条約)、『知的所有権の貿易関連の側面に関する協定』(TRIPS協定)などの条約が、保護の最低要件などを定めており、これらの条約の締約国が、条約上の要件を満たす形で、国内の著作権保護法令を定めている。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た社会

    20-21世紀に入り、テクノロジーの著しい進歩及び権利ビジネスの伸張など経済社会の変化を受けた産業保護の観点からの要請と、著作物の自由な利用の要請(時には自由な言論の存続の希望を含む)との衝突が顕著な争点の一つになっている。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見たブルジョワ

    しかし、本格的に考慮されるようになったのは、15世紀にグーテンベルクによる印刷術が確立し、読者層が従来の聖職者、学者からブルジョワ階級に広がって以降である。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た著作権等管理事業法

    2000年 - 著作権等管理事業法施行にともない、仲介業務法廃止著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見たプラーゲ旋風

    1931年 - プラーゲが音楽著作権の使用料を要求(プラーゲ旋風著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た顔真卿自書建中告身帖事件

    著作権に明るくない一般人においては、しばしば、著作物を表象した有体物の所有権を取得したことにより、著作権に類する権限も取得できると誤解する場合がある。しかし、所有権を取得したからといって著作権にかかる諸権利まで取得できるわけではない。このことは美術の著作物についての判例「顔真卿自書建中告身帖事件」で明らかになっている。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見たアメリカ合衆国

    フランスでは革命時に、著作者の権利が宣言され、アメリカ合衆国では1790年に著作権法が制定されている。19世紀に入ると著作権の対象は印刷物以外(音楽、写真など)に拡大されていく。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た絵画

    主な無体財産権は、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどである。また、特性が類似する特許権や商標権も含めて、知的財産権と呼称する場合もある。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見たNapster

    1984年に判決が出た米国のベータマックス事件(ソニー勝訴)、1992年に生まれた日本の私的録音録画補償金制度、1997年に創設されたインタラクティブ送信に係る公衆送信権・送信可能化権(日本)、1999年に起こされたソニー・ボノ法への違憲訴訟(米国、2003年に合憲判決)、2001年のナップスター敗訴(米国)などである。著作権 フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「著作権」のニューストピックワード