117件中 51 - 60件表示
  • 著作権

    著作権から見た政府

    若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た社団法人

    日本における著作権に関する資格には、サーティファイ著作権検定委員会が主催し、一般社団法人知的財産教育協会が監修しているビジネス著作権検定がある。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た自民党

    現行著作権法では、上述の通り実演家、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者には著作隣接権が付与されているが、出版社には認められていない。そのため、2011年に自炊代行業者を相手どった提訴があり、2012年1月20日、衆議院第2議員会館で出版社が公明党衆院議員池坊保子文部科学部会長や自民党議員らに出版社が著作隣接権を持てるよう要望し、これは平成26年改正において電子書籍の出版権(いわゆる電子出版権)に結実した。また著作者に対し著作隣接権を求めはじめている。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た版元

    日本では、近代以前においては版木の所有者である版元が出版物に関する権利者と考えられ、著作権に相当する概念が存在しなかったとされている。明治初期に福沢諭吉らの紹介と政府への働きかけにより、「版権」として著作権の一部が保護を受けることになった。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た知的所有権の貿易関連の側面に関する協定

    著作権の保護については、『文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約』(ベルヌ条約)、『万国著作権条約』、『著作権に関する世界知的所有権機関条約』(WIPO著作権条約)、『知的所有権の貿易関連の側面に関する協定』(TRIPS協定)などの条約が、保護の最低要件などを定めており、これらの条約の締約国が、条約上の要件を満たす形で、国内の著作権保護法令を定めている。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た人格権

    著作権は財産権の一種であるが、著作者に認められる権利(著作者の権利)としては、その他に著作者の人格的利益を保護するものとして、人格権の一種である著作者人格権がある。両者の関係については考え方及び立法例が分かれる。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た書物

    主な無体財産権は、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどである。また、特性が類似する特許権や商標権も含めて、知的財産権と呼称する場合もある。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た朝鮮民主主義人民共和国

    また、北朝鮮の著作物については、日本は保護する義務を負わないとする最高裁判所の判決が2011年12月8日に出ている。→無断放映を参照著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た視覚芸術

    まず、著作権法により著作者に対して保障する権利を純粋に財産権としての著作権として把握する考え方がある。この考え方を徹底しているのがアメリカ合衆国著作権法であり、著作者の人格的権利はコモン・ロー上の人格権の範疇に含まれる。もっとも、ベルヌ条約が加盟国に対して著作者人格権の保護を要求していることもあり、1990年の法改正により、視覚芸術著作物について限定された形で著作者人格権を保護する旨の規定を設けた(106A条)。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た条約

    条約(未批准条約を含む)、外国の法令、廃止された法令も含まれる。また、政府作成の法律案、法律草案、改正試案なども、本号に含まれるものと解する。ただし、新聞社が作成した日本国憲法改正私案のように、私人が作成した法令案は本号の対象外であって、著作権の対象となりうる。著作権 フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「著作権」のニューストピックワード