595件中 31 - 40件表示
  • 神のちから

    神のちからから見た葬式葬儀

    初出は『ビッグコミックスピリッツ』1990年10月22日号。ある一家を葬式屋が訪問し、誰も死んでいないのに「葬式をやってみたくないか」と持ちかける。妻が夫に相談すると、夫は1回1,000円と聞いて興味を示し、葬式を行うことにする。家に見知らぬ老人の遺体が入った棺桶と祭壇・花輪その他の道具が運び込まれ、お経をあげる和尚さんもやって来て、葬儀が営まれる。翌日老人の火葬が行われ…。神のちから フレッシュアイペディアより)

  • 鵜飼一郎

    鵜飼一郎から見た葬儀葬儀

    1991年(平成3年)2月から2006年(平成18年)5月までの4期15年に亘って、春日井市長を務めた。この間、愛知県市長会会長・東海市長会会長・全国市長会副会長なども歴任する。2006年(平成18年)1月5日に心室細動で倒れ、その後入院を経て一時復帰するも体調が戻らず、同年4月に自ら市長の職を辞任。同年10月16日に死去。死後その功績を称えられ、同市の名誉市民に選ばれた。そして同年11月16日、彼の葬儀は市葬で執り行われた。鵜飼一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寺社

    寺社から見た葬式葬儀

    現代では、「日本人は信仰心が薄い」とよく言われるように葬式など特別の時以外は寺社の違いはあまり意識されておらず、現世利益的・または観光対象として同列に述べられている例が多い。寺社 フレッシュアイペディアより)

  • 遺影

    遺影から見た葬儀葬儀

    通常は葬儀の時に飾られる、自宅では床の間に代々飾られる事が多い。通常は胸から上の肖像であり、特に写真の場合、スナップ写真から本人だけを抜き取る事が出来る。通常は四つ切というサイズで引き伸ばされ、社葬や団体葬など大きな葬儀の時はもっと大きなサイズに引き伸ばされる。葬儀の後は、代々のご先祖様とともに仏間に飾られる。遺影 フレッシュアイペディアより)

  • 狐の嫁入り

    狐の嫁入りから見た葬儀葬儀

    一般には夜の山中や川原などで、無数の狐火が一列に連なって提灯行列のように見えることをいい、狐が婚礼のために提灯を灯しているといって「狐の嫁入り」と呼ぶ。これらの怪火は遠くからしか見えないという特徴がある。徳島県ではこれを嫁入りではなく狐の葬式とし、死者の出る予兆としている。狐の嫁入り フレッシュアイペディアより)

  • 法眼俊作

    法眼俊作から見た弔辞葬儀

    入省後幾ばくもなくして西ベルリンに留学中に精神を病み、ビルから飛び降り自殺した。ハニートラップに掛かっていたとも囁かれていたが憶測の域をでていない。日比谷高校時代の同級生だった加藤紘一が弔辞を読んだ。法眼俊作 フレッシュアイペディアより)

  • 15弱

    15弱から見た葬儀葬儀

    少年(ジュニア)が、友人の六つ子(せいじ)のうち五人が同時に亡くなった葬儀に出席する。15弱 フレッシュアイペディアより)

  • 輿

    輿から見た葬儀葬儀

    葬儀の際に棺を乗せて担ぐための葬具も輿という。輿 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ムニエ

    ピエール・ムニエから見た葬儀葬儀

    1964年のジャン・ムーランの葬儀には妻のシモーヌ・ムニエと共に出席する。ピエール・ムニエ フレッシュアイペディアより)

  • 焼香

    焼香から見た葬儀葬儀

    線香で行う場合と抹香で行う場合がある。線香焼香は、日常のお参りに用いられるもので、一般には「線香を上げる」と言われる。抹香焼香は、細かくした香(抹香)をつまみ、香炉にパラパラと落として焚くもの。通夜、葬儀、法要などで行われる。一般には、こちらを焼香という。ここから抹香を指して焼香ともいい、むしろ抹香はこちらの呼び方が通りが良い。焼香 フレッシュアイペディアより)

595件中 31 - 40件表示

「葬儀・お葬式」のニューストピックワード