595件中 41 - 50件表示
  • 持越峠

    持越峠から見た葬儀葬儀

    雲ケ畑は鴨川の上流に位置するため、ここで鴨川に流したものは良いものも悪いものも、全て京都御所のある京に流れ込む。そのため、同集落で死人が出た場合、この峠を遺体を持ち越えて、隣の真弓集落で葬儀をしたという習慣があった。持越峠 フレッシュアイペディアより)

  • 夜泣き婆

    夜泣き婆から見た葬儀葬儀

    また水木の著書には泣き婆(なきばばあ)の名で記載されている。それによれば、遠州以外の地方でも葬儀の際に現れており、亡くなった人の家族でもないのに、まるで喪主のように大声を張り上げて泣き、参列者たちの涙を誘うという。かつてはこうした泣婆は、葬儀の場から謝礼として何升もの米を受取っていたのだという。夜泣き婆 フレッシュアイペディアより)

  • 遁世僧

    遁世僧から見た葬式葬儀

    日本史学者松尾剛次は、鎌倉新仏教論において「官僧および遁世僧」という分析視覚を設定しており、それによれば、遁世僧を祖師として個人の救済につとめた教団こそが「鎌倉新仏教」と称されるべきであり、その意味からは、戒律の復興をめざした華厳宗の明恵上人高弁や律宗の思円房叡尊らの教団も、北嶺系の遁世僧恵鎮(円観)の教団も、法然の浄土宗、親鸞の浄土真宗、一遍の時宗、日蓮の法華宗、栄西の臨済宗、道元の曹洞宗のいわゆる鎌倉6宗の教団との差異が何ら認められないところから、「鎌倉新仏教」の範疇に含めて考察すべきという説を主張している。高弁、叡尊、恵鎮は、従来は「旧仏教の改革派」とされてきたものの、在家信者をも構成員とするような遁世僧僧団を組織して新しい仏教活動を開始したのであり、そのようにしてつくられた教団は、主として、祖師信仰、女人救済、非人救済、葬式、勧進などに従事した。遁世僧 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡二十五坊

    鶴岡二十五坊から見た葬儀葬儀

    供僧の葬儀は、ほかの顕密諸大寺と同じく「不浄」であるとして、境内で葬儀・荼毘・埋葬できなかった。松源寺、浄光明寺に墓地がある。鶴岡二十五坊 フレッシュアイペディアより)

  • 青山葬儀所

    青山葬儀所から見た葬儀葬儀

    青山墓地の一角に在り、都内にある葬儀式場としては大規模な葬儀が可能な葬儀式場である。そのため、多くの人々が集まることが予想される著名人の葬儀会場として使用されることが多い。青山葬儀所 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロジー

    ユーロジーから見た弔辞葬儀

    「ユーロジー」という語は、死んだばかりの人・人々に捧げられる「追悼演説」「弔辞」を指す場合がある。「ユーロジー」は葬式の一部に含まれることもあるが、宗派によっては伝統からユーロジーを認めない場合もある。ユーロジー フレッシュアイペディアより)

  • レイ (ハワイ)

    レイ (ハワイ)から見た葬儀葬儀

    レイ(lei)は、頭・首・肩などにかける装飾品で、主にハワイにおいて用いられる。観光用に用いられる花のレイが一般的に知られているが、その種類はシダ、海草、貝殻、羽毛、果実、鮫の歯など多岐にわたる。ハワイへやってきた記念として観光客に対して渡されるだけでなく、誕生日、結婚式、卒業式、葬式など日常の様々なシーンでも用いられる。レイ (ハワイ) フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ブラウン

    デニス・ブラウンから見た弔辞葬儀

    1999年7月1日、気胸により逝去。42歳。葬儀にはP.J.パターソン首相や、エドワード・シアガ元首相も駆けつけ、弔辞を読みあげた。同年7月17日、首相経験者や偉人を葬る、キングストンのナショナル・ヒーローズ・パークへ埋葬された。デニス・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯大目

    佐伯大目から見た葬儀葬儀

    持統天皇5年(691年)9月23日に、持統天皇は佐伯大目に直大弐の位と賻物(葬儀の際の贈り物)を贈った。この日か直前に大目が死んだと考えられる。佐伯大目 フレッシュアイペディアより)

  • エセル・ムタリカ

    エセル・ムタリカから見た葬儀葬儀

    ムタリカの葬儀は国葬として公式に行われた。その後、遺体はリロングウェにある州会議事堂に置かれ、6月2日にムズズへと移された後、さらに6月5日にはブランタイヤへと移動した。その後、夫であるビング・ワ・ムタリカが所有するチョロ県の茶農園にて葬儀が営まれた。エセル・ムタリカ フレッシュアイペディアより)

595件中 41 - 50件表示

「葬儀・お葬式」のニューストピックワード