595件中 51 - 60件表示
  • 葬祭ディレクター

    葬祭ディレクターから見た葬儀葬儀

    1級:全ての葬儀における受注から会場設営、式典運営に至るまでの詳細な知識と技能葬祭ディレクター フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤求

    齋藤求から見た葬儀葬儀

    12月28日 - 東京都調布市仙川町の昌翁寺で葬儀が行われた。齋藤求 フレッシュアイペディアより)

  • ハッチメント

    ハッチメントから見た葬儀葬儀

    ハッチメント()は、紋章その他の栄誉を表示する黒い菱形(ロズンジ)のパネルである。葬儀の際に死者の住居の壁に掲げられ、生涯の「成就 (achievement) 」を示すものである。ハッチメントという語は、アチーヴメントが転訛したものであり、すべての構成要素が揃った紋章を単に示す語と区別するためにフューネラル・アチーヴメント (funeral achievement) とも呼ばれる。日本語では忌中紋章などと訳される。ハッチメント フレッシュアイペディアより)

  • 盛り花

    盛り花から見た葬儀葬儀

    開店祝いなどの慶事や、葬儀などのような弔事では、かつては店先などに大きな花環が飾られることが多かったが、現在では特に都市部で大きな花環ではなく、生花を中心とした小型の盛り花が使われることが多い。慶事では、洋花を中心とした明るい盛り花が使用され、弔事では主に白を中心とした菊花(そのほか洋花・榊など)を使用したものが多い。また、弔事では枕花用の小型の盛り花もある。最近、特に都市部の斎場などでは花環が禁止されることが多くなり、式場に飾る盛り花のみとされることもある。盛り花 フレッシュアイペディアより)

  • 罪に濡れたふたり

    罪に濡れたふたりから見た葬儀葬儀

    鈴村香純は、傷心旅行で訪れたイタリアで鈴村由貴と偶然出会い、その時は互いの名前も知らぬまま一夜を過ごす。帰国後、香純は両親の離婚で15年間会っていなかった父親の葬儀で由貴と再会。2人は自分達が姉弟であると知る。更に、NYで働く香純の母親が父親を亡くした由貴を引き取った上にNYに戻った為、2人で生活する事になってしまう。相手は自分の実の弟であり姉であると理解しながらも2人は魅かれ合い、遂にはそれが罪と知りながらも愛し合うようになる。由貴は自分達に血の繋がりがない事を願い戸籍謄本を調べるが、その願いは儚く消える。更には恭子の妊娠騒動や和樹の死、母親の反対など、様々な障害が2人を襲うが、それでも2人は互いを愛し続ける道を選ぶ。罪に濡れたふたり フレッシュアイペディアより)

  • 天照皇大神宮教

    天照皇大神宮教から見た葬儀葬儀

    更に、お葬式では「おめでとうございます」と言う。死は魂の存在になって成仏をしたことを意味しており、これは祝福すべきものであると主張しているためである。天照皇大神宮教 フレッシュアイペディアより)

  • 土津神社

    土津神社から見た葬式葬儀

    寛文12年8月11日、正之は重臣と共に見祢山へ登り、磐椅神社へ参拝した。その時にこの地を気に入り、自らの墓所と定めたという。翌年に正之が死去すると、遺言どおりにその地に葬られ、神式の葬儀によって埋葬された。この時期、江戸幕府は葬式は仏式によるものと定めていたが、吉川惟足が老中稲葉正則と交渉し、神式で執り行う旨の許可をとった。土津神社 フレッシュアイペディアより)

  • いつくしみ深き

    いつくしみ深きから見た葬式葬儀

    いつくしみ深き(いつくしみふかき、原題:What A Friend We Have In Jesus(英語))は、賛美歌のひとつ。日本でも教会での結婚式や葬式などで歌われることが多い。いつくしみ深き フレッシュアイペディアより)

  • 加波山三枝祇神社

    加波山三枝祇神社から見た葬儀葬儀

    加波山権現は現在、本宮、親宮の当神社と中宮の3神社に分かれているが、遅くとも近世にはこの形態であった。これに就き一山支配ではなく三山鼎立の現象が現れたのは、或いは加波山が筑波山の枝峰である事から筑波山神社の下でその地位も低く、独自の信仰を展開するまでに至らなかったためと見られ、事実信仰内容も略共通するのであるが、とまれ近世以降は本宮別当正幢院と親宮別当円鏡寺という宮寺一体の形態を採り、正幢院は楽法寺(桜川市)の末寺で、檀家を持たずに祈祷を専らとする寺院、円鏡寺は金剛院(現桜川市真壁町塙世の八柱神社)の末寺で、檀家を持つ滅罪寺院(葬儀を行う寺)としてそれぞれ異なる形態で経営され、両寺院は慶安元年(1646年)に幕府から加波山(樺山)権現領として朱印地100石を認められ、これを50石づつ差配した。但し各50石という少領であったために維持経営のための別の財源確保が必要とされ、古くから加波山を修行場とした修験者(山伏)をそれぞれの宮に所属させて呪術や加持祈祷を行う「山先達(やませんだつ)」として組織化し、彼等の宗教行為を媒介として周辺部落に神輿を巡幸(現御分霊渡御祭)させたり、寛政(18世紀末)頃迄に山中の修行霊場を「禅定場(ぜんじょうば)」として整備するとともに登拝を促す組織として禅定講(ぜんじょうこう)を結成させたりする等の積極的な布教活動を展開し、それが地方的にせよ嵐除や殖産といった広範な信仰を獲得する要因となったと思われる。なお、文化・文政年間(19世紀前葉)に周辺地域に禅定講が増加しているが、この時、本宮が組織化したのは主に加波山の西・南部、親宮は北部で、特に檀家を持たない本宮は神輿巡幸に際して親宮が3基を出御させたのに対して7基を出御する等のより積極的な姿勢を見せている。加波山三枝祇神社 フレッシュアイペディアより)

  • 源資賢

    源資賢から見た葬儀葬儀

    鳥羽院政が開始されると、資賢は院庁の四位別当となる。他の別当には、平忠盛・藤原忠隆など有力な近臣が名を連ねていた。この頃、資賢は雅仁親王(後の後白河天皇)に呼び出され、今様を通じて交流を深めている。保元元年(1156年)の鳥羽法皇の葬儀では、資賢は信西らと共に入棺役を務めた。源資賢 フレッシュアイペディアより)

595件中 51 - 60件表示

「葬儀・お葬式」のニューストピックワード