170件中 21 - 30件表示
  • 葬儀

    葬儀から見た厚生労働省

    従事するものの技能を審査するべく、「葬祭ディレクター技能審査」が厚生労働省の認可の下で実施されている。設営、司会、進行には専門知識が必要である。また、霊柩車は特定の貨物輸送となり、運送業の許認可が必要である。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見たイエス・キリスト

    キリスト教(特にプロテスタント)では、人の死は忌むものではなく、人の霊が地上の肉体を離れ、天にいる神とイエス・キリストのところに召されることであり、イエス・キリストの再臨において復活するための準備に過ぎない(このことからプロテスタント諸教派では信徒の死を「召天」と呼ぶことがある。したがって、死とは、天国において故人と再会できるまでの一時の別れであり、地上に残された者(遺族などの生存者)にとっては、その別れが寂しく慰められるべき事であるが、死そのものは悲しむべき事ではないと説明される。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た声楽

    ギリシャ正教とも呼ばれる正教会の葬儀は、埋葬式と呼ばれ、主に連祷と、無伴奏声楽による聖歌から構成されている(正教会の聖歌は無伴奏声楽が原則である)。永眠した正教徒が、神からの罪の赦しを得て天国に入り、神からの記憶を得て、永遠の復活の生命に与ることを祈願するものである。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た景気

    従来は、景気に左右されにくい産業であったが、平成時代に至りそれまで死をタブー視する風潮に対し急速に反省や見直す風潮が広がり、葬儀の形が多様化するとともに、さらには不況が長引くに伴い、葬儀の小規模化が進んだ。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た九州地方

    なお、同じ日本でも、沖縄県では中国の文化の影響を強く受け、琉球の信仰に基づく葬儀の風習はかなり特異であり(風葬、洗骨、死亡広告の項も参照)、告別式の前に火葬を行うのが普通である。また東北地方、九州地方の一部でも告別式の前に火葬を行うことが多い。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た出棺

    僧侶などによる葬儀が終わると出棺が行われ、多くの参列者とは別れるのが一般的である。出棺の際に、故人が使っていた属人器であるご飯茶碗を割ったり、座敷を掃き出したり、カゴや臼を転がしたりする風習が残っている地方がある。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見たタブー

    上記のように、多くの日本人は確固とした宗教観、死生観を持たないことが多いため、死をタブー視し忌み嫌い、葬儀は儀式としての形式にこだわり意識過剰に陥るあまり、周囲に対し過剰にあわせようとする風潮が強い。そのため横並びの当たり障りのないような服装やマナーがそれぞれの地域によりできあがった。最近では葬祭業者がアドバイスを与えることが多いため、全国的なローカル色は消え、さらに規格化されつつある。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た花粉

    現在、発見されている歴史上初めての葬儀跡と言われている物が、イラク北部にあるシャニダール洞窟で見つかっている。この洞窟の中には約6万年前と推定されるネアンデルタール人の骨が見つかっており、その周辺にはこの洞窟から見つかるはずの無い花粉が見つかったと報告されている。この事を死者を弔うために花を死体の周りに添えたと解釈している。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た生活保護

    助葬(じょそう)とは、行旅死亡人、身寄りのない生計困難者や身元不明の人などが死亡した後、生前の縁者や関係者によって葬儀が行われず、替わって社会福祉事業や慈善事業団体またはNPOなどによって行われる形態の葬儀。ホームレスなどで生活保護などの支援を受けていなかった死者であったとしても、助葬を担う団体や葬儀屋には火葬から納骨までの費用を生活保護行政の一つとして各自治体が決めた定額内で支給され共同墓地や共同納骨堂に遺骨は納められるがこの段階までを助葬と呼んでいる。一方、遺骨を納骨堂に預け引き取り人を待つ場合も少なからずある。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た法藏館

    萩原秀三郎・須藤功『葬送と供養』日本宗教民俗図典2(法藏館、1985年12月)葬儀 フレッシュアイペディアより)

170件中 21 - 30件表示

「葬儀・お葬式」のニューストピックワード