170件中 61 - 70件表示
  • 葬儀

    葬儀から見たイオン

    イオンが、自ら手がける葬儀紹介サービスにて「お布施の価格目安」を打ち出したところ、全日本仏教会などの一部の仏教界が「お布施に定価はない。企業による宗教行為への介入だ」と反発している。しかし8宗派、全国約600の寺院の協力が得られることになった。今後、これが『定価』として一人歩きしてしまうことも懸念されているが、消費者の立場からすれば明瞭な布施価格の明示はありがたいとの声もある。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見たセールスマン

    互助会に加入の場合も解約などトラブルがある。これは互助会加入時に、会員獲得のセールスマンが過剰なセールストークを展開してしまい、解約時には一定の手数料を引かれること(掛け金にかかわりなく、おおよそ3?5万円)、当時の祭壇によるので、積立金分の割引にしかならない。積み立てたお金には一切の金利などがつかないことがトラブルの原因のようである。また解約もスムーズに行われない場合がある。事前に説明のない追加料金を請求する事例がある。2011年12月には、冠婚葬祭業者の互助契約を解約した際に、高額な手数料を請求することが消費者契約法に違反するとの初判断が、京都地裁で示されている。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見たプロテスタント

    プロテスタントの葬儀は欧米では日中の葬儀・埋葬礼拝のみであることが多いが、日本においては仏教の葬儀様式に慣れた参列者の便宜を図り、前夜と当日との2日にわたって典礼を行うことが少なくない。この前夜の式典は、呪術的な必要から遺体を不寝番することを意味する「通夜」を避け、「前夜式」「前夜の祈り」などと呼ぶ。前夜式は自宅で行う場合もあるが、教会堂で行うことも多い。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た国葬

    国葬・市民葬・区民葬葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た中華人民共和国

    中国や台湾では道教や風水の影響を強く受けた葬儀が行われている。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た属人器

    僧侶などによる葬儀が終わると出棺が行われ、多くの参列者とは別れるのが一般的である。出棺の際に、故人が使っていた属人器であるご飯茶碗を割ったり、座敷を掃き出したり、カゴや臼を転がしたりする風習が残っている地方がある。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見たガムラン

    水辺で火葬にし、そのまま水に流す。海が近ければ海まで、そうでなければ川まで、棺を運ぶ葬列を仕立てる。葬列では、楽器を運びながらガムラン音楽を演奏する。費用がかかるため、没後すぐに行えない場合も多い。貧しい村では数人の他界者が出るまで待ち、まとめて葬儀を行う。天国へ行くための晴れやかな儀式であり、葬儀へ参加する人々の表情は、一様に明るい。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た

    葬儀にはを基調とした色が用いられ、「白事」とも呼ぶ(逆に婚礼は赤を基調とし「紅事」とも呼ぶ)。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た魂魄

    儒教の死生観では人は死ぬと魂(こん)と魄(はく)と言う二つのたましいに別れる。魂は精神を、魄は肉体をつかさどるたましいであるとされる。魂は天の陽気からのたましいであり魄は地の陰気からのたましいである。魂は天に昇って神になり、魄は地に返る。残された者たちは魂を祀る為に位牌を作って廟に祀り、魄の戻る場所として地中に遺体を埋める。葬儀 フレッシュアイペディアより)

  • 葬儀

    葬儀から見た祭壇

    神道での葬儀は神葬祭と呼ばれる。神道では死を穢れたものと考えるため、聖域である神社では葬式は通常おこなわず、故人の自宅か葬斎場で行うことが多い。現在の形の神葬祭は、仏式の葬儀が広まった江戸時代でも神葬祭を伝えてきた神社での祭式を引き継いでいる。 式の際には、中央の祭壇の脇に遺影を置き、祭壇の奥に置かれた棺の後方に、銘旗と呼ばれる故人の名前が書かれた旗が立てられる場合が多い。そしてその周りに灯明、榊、供物などをあしらえたりする。葬儀 フレッシュアイペディアより)

170件中 61 - 70件表示

「葬儀・お葬式」のニューストピックワード