44件中 11 - 20件表示
  • 南勝線

    南勝線から見た蒜山高原蒜山高原

    沿線には蒜山高原や湯原温泉などの観光地があり、また鳥取県中部の中核都市である倉吉市と山陽地方を結ぶ鉄道になり得たことから、今でも未開通のままに終わったことを悔やむ声が聞かれる。したがって倉吉線、南勝線共に廃線されることなく現存していたとすれば、山陽地方と倉吉市を行き来する人々もあり、倉吉市の街並み(特に当時、田んぼが一面に広がっていた倉吉市清谷周辺)は大幅に変わっていたといえよう。南勝線 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県立蒜山高等学校

    岡山県立蒜山高等学校から見た蒜山高原蒜山高原

    JR中国勝山駅より中鉄バス・蒜山高原ゆきバスで中井川停留所下車、所要時間約65分岡山県立蒜山高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 蒜山

    蒜山から見た蒜山高原蒜山高原

    南側斜面中腹に風光明媚なリゾート地である蒜山高原を抱える。蒜山および蒜山高原一帯は、岡山県下では倉敷美観地区や後楽園・岡山城と並ぶ屈指の観光地であり、観光客数では倉敷(約300万人)に次いで2番目となる約250万人となっている。蒜山 フレッシュアイペディアより)

  • 中鉄美作バス

    中鉄美作バスから見た蒜山高原蒜山高原

    湯原温泉 - 見明戸(みあけど)(現・見明戸コミュニティ) - 明 - 藤森 - 中福田 - 上福田 - 蒜山高原中鉄美作バス フレッシュアイペディアより)

  • 蒜山 (地名)

    蒜山 (地名)から見た蒜山高原蒜山高原

    真庭市北部、真庭市役所の蒜山振興局が管轄する地域である。岡山県内屈指の観光地である蒜山三座・蒜山高原を有することで有名。蒜山 (地名) フレッシュアイペディアより)

  • 銀装

    銀装から見た蒜山高原蒜山高原

    株式会社銀装(ぎんそう)は、大阪・心斎橋に本店を置く洋菓子店。販売品目はカステラが中心であり、1972年(昭和47年)からは蒜山高原のジャージー乳牛から採れた牛乳を使ったプリンも製造している。文明堂からののれん分けにより設立された。銀装 フレッシュアイペディアより)

  • 郷原漆器

    郷原漆器から見た蒜山高原蒜山高原

    郷原漆器(ごうばらしっき)とは、岡山県真庭市の、蒜山高原で生産される漆器である。郷原漆器 フレッシュアイペディアより)

  • 湯原温泉

    湯原温泉から見た蒜山高原蒜山高原

    蒜山高原、大山、中国地方一番の名瀑・神庭の滝、のれんの町「勝山の町並み保存地区」、とっとり花回廊など観光・レクリエーション地がある。車での移動なら高速道を利用して倉敷市の倉敷美観地区や岡山市の後楽園までも80分、津山市の衆楽園や鶴山公園まで40分、山陰の境港まで70分程度で移動できる。湯原温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 倉吉線

    倉吉線から見た蒜山高原蒜山高原

    廃止後は、日本交通(倉吉駅 - 打吹 - 西倉吉 - 関金温泉 - 山守間)・日ノ丸自動車(倉吉駅 - 打吹 - 西倉吉間)・中鉄バス(1986年に湯原バスへ分社、現在は中鉄美作バス、倉吉駅 - 打吹 - 関金温泉 - 蒜山高原間)の3社による代替バスに転換された。その後、2007年11月1日に中鉄美作バスの倉吉駅 - 打吹 - 関金温泉 - 蒜山高原間のバスは乗客が少ないため廃止された。倉吉線 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県のラーメン

    岡山県のラーメンから見た蒜山高原蒜山高原

    真庭市蒜山の国道482号の道の駅風の家で提供されている人気の名物ラーメン。特徴として、具材に蒜山高原で育てられたジャージー牛の牛チャーシューに、蒜山大根の大根おろしが載った、醤油豚骨味のラーメン。岡山県のラーメン フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示