蒼国来栄吉 ニュース&Wiki etc.

蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型… (出典:Wikipedia)

「蒼国来栄吉」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「蒼国来栄吉」のつながり調べ

  • 阿炎政虎

    阿炎政虎から見た蒼国来栄吉

    十両の土俵では、昇進2場所目となった2015年5月場所で初めて勝ち越したものの、7月場所からは2場所連続の負け越しとなり、同年11月場所で幕下に転落した。その後も十両復帰は遠く2016年は丸1年間幕下生活となり、11月場所では途中休場した同部屋力士に代わるピンチヒッターではあったものの、幕下力士として横綱・鶴竜の付け人も務めた。この場所からはまた勝ち越しが続き、2017年3月場所では東幕下16枚目で自身初の幕下優勝を果たした。この場所の7番相撲で負ければ6勝1敗の力士8人による優勝決定戦が行われるところであった。取組後、阿炎は「昨夜は立ち合いの変化を考えていました。師匠(元関脇・寺尾)から『思い切り前に出れば大丈夫』と言われ気持ちを切り替えました」とほっとした表情を見せ「気持ちが切れかかったこともありましたが、おいとめいが6人に増え、相撲でいいところを見せたい思いも出てきました」と心境を語った。幕下15枚目以内なら規定で十両に戻れたが「わがままは言いません。次の場所で頑張ります」と気持ちを切り替えて、5月場所の活躍を誓っていた。5月場所は東幕下筆頭で5勝2敗と勝ち越したことで翌7月場所で十両に復帰し、その場所も十両では2年ぶりの勝ち越しとした。9月場所は14日目時点で阿炎含め4人が5敗で4敗の琴勇輝を追う展開となり、千秋楽ではその琴勇輝との直接対決を制し、10勝5敗で4人が優勝決定戦に進んだ。一回戦の誉富士戦では立ち合い変化の末破ると、決勝ではこの日2回目となる琴勇輝戦を制し、十両優勝を果たして躍進の場所となった。優勝を果たしてインタビュールームに呼ばれた際には「土俵よりも緊張する」と言ったが、決定戦の土俵下で笑顔が見えたことを聞かれると「私は明るい性格なので相撲を盛り上げようと思った」と軽く答えた。しかし仲の良い阿武咲の活躍は「うれしいけど悔しい」とライバル心を見せる。「十両に戻って気持ちの面でも強くなった。来場所も、できることを精いっぱいやろうと思う」と気合を入れていた。2017年10月2日の明治神宮例祭奉祝全日本力士選士権大会第76回大会十両の部に参加して同部屋の青狼と対決、負けて準優勝。11月場所でも調子が下がることはなく、10日目終了時点で8勝2敗の好成績で、1敗の蒼国来との優勝争いを演じていたが、ここから連敗して脱落。それでも十両優勝だった前場所よりも良い11勝4敗の好成績を挙げ、続く2018年1月場所で新入幕を果たした。1月場所は6日目まで3勝3敗と五分の星であったが、最終的に10勝5敗を挙げて敢闘賞を受賞。場所前から三賞トリプル受賞を狙うと公言していた阿炎は「怖いほどうまいこといったので、この次も狙っていきたいと思います」とインタビューで答えた。この場所で阿炎と同時新入幕の竜電も10勝5敗での敢闘賞を受賞している。東前頭7枚目で迎えた3月場所は中盤までは一進一退の星勘定だったが、中日から7勝1敗と調子を上げて新入幕から二場所続けての10勝を挙げた。11日目の千代翔馬戦では39度の高熱を出しながら出場し、この日は敗れたものの、翌12日目の豊山戦ではまだ微熱が残る中で豊山を押し出しで破った。また、13日目の千代大龍戦、14日目の琴奨菊戦では二日続けて立ち合い変化を行う曲者ぶりも発揮した。(阿炎政虎 フレッシュアイペディアより)

  • 清乃華玉誉

    清乃華玉誉から見た蒼国来栄吉

    かつての自身と同じ中国人の蒼国来栄吉(内モンゴル自治区出身)が十両に昇進した際には、雑誌「相撲」(ベースボール・マガジン社、2010年1月号)の企画として、「ちゃんこ部屋」を蒼国来が訪問するという形で対談が組まれた。(清乃華玉誉 フレッシュアイペディアより)

「蒼国来栄吉」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「蒼国来栄吉」のニューストピックワード