前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    【相撲】日本相撲協会は理事会を開き新たに八百長に関与したとして幕内蒼国来栄吉(荒汐部屋)と十両星風芳宏(尾車部屋)に対し引退勧告処分、2人の師匠である尾車親方と荒汐親方に対し監督責任を怠ったとして1階級降格処分を発表。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 清乃華玉誉

    清乃華玉誉から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    かつての自身と同じ中華人民共和国国籍の蒼国来栄吉(内モンゴル自治区出身)が十両に昇進した際には、雑誌「相撲」(ベースボール・マガジン社、2010年1月号)の企画として、「ちゃんこ部屋」を蒼国来が訪問するという形で対談が組まれた。清乃華玉誉 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河司章洋

    駿河司章洋から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2009年5月場所は東幕下23枚目で6勝1敗の好成績を残した。7月場所は東幕下8枚目で千秋楽に勝ち越しを決めた。十両の位置も見え始めた9月場所では東幕下4枚目で5勝2敗の成績を収めたが十両からの陥落者が二人(双大竜、徳真鵬)だけと少なく、さらに十両下位から幕下上位間で勝ち越している力士が多く、東幕下2枚目に番付を上げるにとどまった。11月場所は序盤に2連敗を喫したが後に持ち直し4勝3敗で場所を終えた。しかしこの場所も十両からの陥落者が二人(琴禮、大翔湖)だけであり、また十両には蒼国来、妙義龍が昇進し、またしても十両に昇進することはできなかった。駿河司章洋 フレッシュアイペディアより)

  • 荒汐部屋

    荒汐部屋から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    一時期は弟子が1人となり部屋存続の危機を迎えたが、中国・内モンゴル自治区から蒼国来をスカウトし、また荒汐夫人がホームページを通して部屋の飾らない日常を報じてアピールに努めた。その結果、弟子の過半数がホームページを見て入門を決めており、入門者不足に悩む角界におけるスカウトの成功例としてマスコミにも取り上げられて注目されている。荒汐部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 恵那司千浩

    恵那司千浩から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    八百長には関与していないと公言していたが、2012年3月1日に行われた蒼国来栄吉の地位確認訴訟に証人として登場し、5回ほど蒼国来の八百長に関与したと証言した。今後は柔道整復師を目指し、2012年11月の高等学校卒業程度認定試験に合格。4月から愛知県稲沢市の専門学校に進学する。恵那司千浩 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    新入幕は旭南海と蒼国来。旭南海の十両12枚目からの入幕は、十両が地位として確立して以降で最大の昇進幅による新入幕だった。また、所要場所数105は、同じ鹿児島県出身の星岩涛に次いで史上2位のスロー入幕記録。蒼国来は中国出身で初の幕内力士となった。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 星風芳宏

    星風芳宏から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    星風がこの勧告を受け入れなかったため、4月14日に日本相撲協会の臨時理事会は解雇処分を決定したが、星風は同日この処分を不服として北村晴男弁護士同席で記者会見を行い、北村弁護士は地位保全の仮処分・解雇無効の訴訟を予定している旨説明した。4月22日、相撲協会に対し不当解雇に対する幕内力士としての地位保全及び給与支払い仮処分を東京地裁に申請した。大相撲八百長問題で相撲協会に対し法的手段に出た。5月6日に発表された5月技量審査場所用の新地位表には、解雇された蒼国来と星風の四股名は記されていない。なお、星風は既に結婚しており子供が二人いることが明らかになった。6月15日の地位保全仮処分第2回審尋で、6月21日に行われた第3回審尋で相撲協会協会が星風に解雇前と十両と同額の月103万6千円の給料を6月から1年間支払う内容で和解した。記者会見で星風は「お金の問題ではない。1日も早く土俵に戻りたい」と訴えた。星風の代理人からは元所属の尾車部屋での稽古参加を要望したが、協会側が拒否したことも明らかにした。星風芳宏 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    ソウル出身で大相撲力士の春日王克昌は「(もし戦争になれば)俺も招集されるのかな」とコメントした。春日王の実家は延坪島から80kmほど離れたところにあり、怒りをあらわにした春日王は23日蒼国来戦に勝利。その後、連絡を取り家族全員の無事が確認された。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 仲の国将

    仲の国将から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2010年(平成22年)7月場所、幕下2枚目で4勝3敗の成績を収め、翌9月場所で新十両に昇進した。中華人民共和国出身力士の関取昇進は、2010年1月場所の蒼国来(内モンゴル自治区出身)以来3人目、中国大陸の生まれで漢民族の力士としては史上初である。また、湊部屋からは現在の師匠の湊親方である湊富士以来9年ぶりの関取誕生となった。迎えた9月場所は夏巡業で腰痛を発症させたのが原因で初日から6連敗を喫するなど3勝12敗と負けが込み、1場所で幕下に逆戻りした。仲の国将 フレッシュアイペディアより)

  • 寶智山幸勘

    寶智山幸勘から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    goo大相撲の大相撲名鑑では、新十両時に黒廻しまたは胸上アップの画像が掲載され、2011年ごろまでは幕内昇進時に化粧廻しを締めたものに更新されることになっていたが、寶智山のみ新十両時から変わらず黒廻しのままになっていた。再入幕時も更新されなかったため、次の更新時期の目安とされる三役昇進まで黒廻しのままであると思われていたが、十両3枚目の2010年9月場所直前に化粧回し姿の写真に差し替えられた(だが何故かその場所の新入幕力士である蒼国来と旭南海の画像は更新されず、旭南海は引退まで胸上アップから変更される事はなかった)。なお現在は十両昇進から2、3場所程度で化粧回し姿に差し替えられるようになっている。また、ページの通し番号が「2222」である(若い番号は作成開始時の現役力士に割り振られ、その後は入門順に番号が割り振られている)。寶智山幸勘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「蒼国来栄吉」のニューストピックワード