前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    4月11日 - 【大相撲】日本相撲協会は理事会を開き新たに八百長に関与したとして幕内蒼国来栄吉(荒汐部屋)と十両星風芳宏(尾車部屋)に対し引退勧告処分、2人の師匠である尾車親方と荒汐親方に対し監督責任を怠ったとして1階級降格処分を発表。2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    新入幕は旭南海と蒼国来。旭南海の十両12枚目からの入幕は、十両が地位として確立して以降で最大の昇進幅による新入幕だった。また、所要場所数105は、同じ鹿児島県出身の星岩涛に次いで史上2位のスロー入幕記録。蒼国来は中国出身で初の幕内力士となった。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 仲の国将

    仲の国将から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2010年(平成22年)7月場所、幕下2枚目で4勝3敗の成績を収め、翌9月場所で新十両に昇進した。中華人民共和国出身力士の関取昇進は、2010年1月場所の蒼国来(内モンゴル自治区出身)以来3人目、中国大陸の生まれで漢民族の力士としては史上初である。また、湊部屋からは現在の師匠の湊親方である湊富士以来9年ぶりの関取誕生となった。迎えた9月場所は夏巡業で腰痛を発症させたのが原因で初日から6連敗を喫するなど3勝12敗と負けが込み、1場所で幕下に逆戻りした。仲の国将 フレッシュアイペディアより)

  • 網打ち

    網打ちから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    大相撲ではあまり見ることが無い珍しい技の一つだが、昭和時代の1987年1月場所では横綱千代の富士が巨砲に、平成時代に入ってからは1991年11月場所で大関霧島が三杉里にこの決まり手で勝利した。それから15年後の2006年7月場所に横綱の朝青龍が琴光喜戦で、最近では2010年1月場所に横綱の白鵬が豊ノ島戦で、2014年7月場所に横綱の日馬富士が勢戦で、同年11月場所に千代大龍が蒼国来戦で、それぞれこの技を決めている。網打ち フレッシュアイペディアより)

  • 素首落とし

    素首落としから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    最近では、2015年3月場所5日目の幕内で安美錦が豪風に、同年1月場所12日目の十両で貴ノ岩が栃飛龍に、2014年9月場所4日目の幕内の取組で横綱鶴竜が碧山に、同日の十両の取組で芳東が千代皇に、同年5月場所中日(8日目)の幕内の取組で関脇栃煌山が豊ノ島に、同年1月場所2日目の十両の取組で芳東が蒼国来に、2013年9月場所10日目の幕内の取組で時天空が琴勇輝に、それぞれこの技で勝利している。2017年1月場所14日目の幕内の取り組みで高安がこの技で勝利した。素首落とし フレッシュアイペディアより)

  • 駿河司章洋

    駿河司章洋から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2009年5月場所は東幕下23枚目で6勝1敗の好成績を残した。7月場所は東幕下8枚目で千秋楽に勝ち越しを決めた。十両の位置も見え始めた9月場所では東幕下4枚目で5勝2敗の成績を収めたが十両からの陥落者が二人(双大竜、徳真鵬)だけと少なく、さらに十両下位から幕下上位間で勝ち越している力士が多く、東幕下2枚目に番付を上げるにとどまった。11月場所は序盤に2連敗を喫したが後に持ち直し4勝3敗で場所を終えた。しかしこの場所も十両からの陥落者が二人(琴禮、大翔湖)だけであり、また十両には蒼国来、妙義龍が昇進し、またしても十両に昇進することはできなかった。駿河司章洋 フレッシュアイペディアより)

  • 清乃華玉誉

    清乃華玉誉から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    かつての自身と同じ中国人の蒼国来栄吉(内モンゴル自治区出身)が十両に昇進した際には、雑誌「相撲」(ベースボール・マガジン社、2010年1月号)の企画として、「ちゃんこ部屋」を蒼国来が訪問するという形で対談が組まれた。清乃華玉誉 フレッシュアイペディアより)

  • 寶智山幸観

    寶智山幸観から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    goo大相撲の大相撲名鑑では、新十両時に黒廻しまたは胸上アップの画像が掲載され、2011年ごろまでは幕内昇進時に化粧廻しを締めたものに更新されることになっていたが、寶智山のみ新十両時から変わらず黒廻しのままになっていた。再入幕時も更新されなかったため、次の更新時期の目安とされる三役昇進まで黒廻しのままであると思われていたが、十両3枚目の2010年9月場所直前に化粧回し姿の写真に差し替えられた(だが何故かその場所の新入幕力士である蒼国来と旭南海の画像は更新されず、旭南海は引退まで胸上アップから変更される事はなかった)。なお現在は十両昇進から2、3場所程度で化粧回し姿に差し替えられるようになっている。また、ページの通し番号が「2222」である(若い番号は作成開始時の現役力士に割り振られ、その後は入門順に番号が割り振られている)。この通し番号は、2013年8月にgoo大相撲のサイトが閉鎖されて日本相撲協会公式サイトに統合された後も変わっていない。寶智山幸観 フレッシュアイペディアより)

  • 後ろもたれ

    後ろもたれから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2016年1月場所13日目(1月22日)- 豊響が蒼国来に勝利。後ろもたれ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の相撲

    2013年の相撲から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    3月25日 - 【大相撲】2011年の大相撲八百長問題で八百長をしたとして解雇処分となった元幕内の蒼国来が解雇は不当として、地位確認を求めた訴訟で東京地方裁判所は八百長があったとは認められないとして、蒼国来の解雇は無効とした。2013年の相撲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「蒼国来栄吉」のニューストピックワード