37件中 11 - 20件表示
  • 大鷹浪勝

    大鷹浪勝から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2004年9月場所で幕下に初昇格。この場所は他にも鶴竜、千昇、大河、大恩児の4人のモンゴル出身力士がいた。しかし幕下に定着することはできず、4場所で幕下の座を明け渡すと、2年間三段目に低迷した。2005年5月場所で7戦全勝の好成績をあげ、優勝決定戦で蒼国来に敗れたが、翌7月場所では自己最高位となる西幕下33枚目まで一気に昇格している。しかしその以降も幕下に定着はできておらず、幕下と三段目を往復することが続いた。2016年5月場所限りで現役引退。大鷹浪勝 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の相撲

    2007年の相撲から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉(荒汐部屋 中国・内モンゴル自治区出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利2007年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル人の名前

    モンゴル人の名前から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    エンケトゥプシン(engketübsin,恩和図布新)(大相撲力士・蒼国来モンゴル人の名前 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    ソウル出身で大相撲力士の春日王克昌は「(もし戦争になれば)俺も招集されるのかな」とコメントした。春日王の実家は延坪島から80kmほど離れたところにあり、怒りをあらわにした春日王は23日蒼国来戦に勝利。その後、連絡を取り家族全員の無事が確認された。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大豊昌央

    大豊昌央から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2002年6月、師匠・時津風親方の停年(定年)直前に分家独立し、荒汐部屋を創設。なお準備段階で、先々代時津風とその女将に反対されたり、自身が胃潰瘍で入院するなどの苦難にあった。師匠としては、幕内・蒼国来などを育てた。大豊昌央 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ノンフィクション

    ザ・ノンフィクションから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    霧の若・蒼国来 - 2011年に発覚した「大相撲八百長問題」において、八百長に関与したとして自主引退、もしくは解雇された力士。2人とも関与を否定したが、霧の若は復帰を断念しプロレスラーとして再出発。蒼国来は解雇無効を求め提訴、2013年に解雇無効判決が出たことにより、復帰を果たした。ザ・ノンフィクション フレッシュアイペディアより)

  • 荒汐部屋

    荒汐部屋から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    一時期は弟子が1人となり部屋存続の危機を迎えたが、中国・内モンゴル自治区から蒼国来をスカウトし、また8代荒汐夫人がウェブサイトを通して部屋の飾らない日常を報じてアピールに努めたことにより弟子の人数が増加して、現在では12人の力士が在籍している。実際に弟子の過半数が荒汐部屋の公式ウェブサイトを見て入門を決めており、入門者不足に悩む角界におけるスカウトの成功例としてマスコミにも取り上げられて注目されている。荒汐部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 1月9日

    1月9日から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    1984年 - 蒼国来栄吉、大相撲力士1月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 恵那司千浩

    恵那司千浩から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    その後、2012年3月1日に東京地方裁判所にて行われた蒼国来の地位確認訴訟に証人として出廷し、大相撲八百長問題の発覚以降初めて公の場に姿を現した。法廷では「蒼国来の八百長を5回以上仲介した」「(春日錦対蒼国来戦における八百長仲介について)そうだったのかなと思う。ただ(仲介が)複数回あるので記憶が定かではない」と証言した。恵那司千浩 フレッシュアイペディアより)

  • 星風芳宏

    星風芳宏から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    星風がこの勧告を受け入れなかったため、4月14日に日本相撲協会の臨時理事会は解雇処分を決定したが、星風は同日この処分を不服として北村晴男弁護士同席で記者会見を行い、北村弁護士は地位保全の仮処分・解雇無効の訴訟を予定している旨説明した。4月22日、相撲協会に対し不当解雇に対する幕内力士としての地位保全及び給与支払い仮処分を東京地裁に申請した。大相撲八百長問題で相撲協会に対し法的手段に出た。5月6日に発表された5月技量審査場所用の新地位表には、解雇された蒼国来と星風の四股名は記されていない。なお、星風は既に結婚しており子供が二人いることが明らかになった。6月15日の地位保全仮処分第2回審尋で、6月21日に行われた第3回審尋で相撲協会協会が星風に解雇前と十両と同額の月103万6千円の給料を6月から1年間支払う内容で和解した。記者会見で星風は「お金の問題ではない。1日も早く土俵に戻りたい」と訴えた。星風の代理人からは元所属の尾車部屋での稽古参加を要望したが、協会側が拒否したことも明らかにした。12月26日の尋問は東京地裁で行われ、原告側の証人として元付け人の飛燕力(押尾川→尾車、最高位は三段目、2014年7月場所現在現役)が出廷。協会代理人から反対尋問で「星風が八百長をやっているという噂を聞いたことがあるか」と問われると、飛燕力が「聞いたことがあります」と答える場面があった。星風芳宏 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示