21件中 11 - 20件表示
  • 芳東洋

    芳東洋から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    三段目で苦労したものの、1999年5月場所に幕下に上がると幕下に定着し、2004年7月場所には東幕下筆頭にまで番付を上げたが、3勝1敗からの3連敗で3勝4敗と負け越して十両昇進は果たせなかった。その後も主に幕下20枚目以内に定着し、西幕下21枚目の位置で迎えた2006年11月場所から3場所連続で勝ち越しを決め、西幕下5枚目まで番付を戻した2007年5月場所でも4勝3敗と勝ち越した。直後の十両昇進はならなかったが、翌7月場所・9月場所でも4勝3敗と連続して勝ち越した。この2場所では勝ち越しがかかった相撲で、滅多に見せない立ち合いの変化で市原や蒼国来といった若手力士を破って勝ち越しを決め、十両昇進へ向けた執念を見せた。そして、9月場所後の番付編成会議で翌11月場所での十両昇進が決定した。30歳5ヶ月での新十両は戦後6位、年6場所になってからは史上3位の年長記録である。しかしその11月場所では4勝11敗と負け越し、1場所で幕下に陥落した。芳東洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大鷹浪勝

    大鷹浪勝から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2004年9月場所で幕下に初昇格。この場所は他にも鶴竜、千昇、大河、大恩児の4人のモンゴル出身力士がいた。しかし幕下に定着することはできず、4場所で幕下の座を明け渡すと、2年間三段目に低迷した。2005年5月場所で7戦全勝の好成績をあげ、優勝決定戦で蒼国来に敗れたが、翌7月場所では自己最高位となる西幕下33枚目まで一気に昇格している。しかしその以降も幕下に定着はできておらず、現在まで幕下と三段目を往復することが続いている。大鷹浪勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1月9日

    1月9日から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    1984年 - 蒼国来栄吉、大相撲力士1月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉 - 自治区出身の大相撲力士内モンゴル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    國来 栄吉(そうこくらい えいきち、荒汐部屋):中国簡体字を使った四股名。のちに蒼国来と改名。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 大豊昌央

    大豊昌央から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2002年6月、師匠・時津風親方の停年(定年)直前に分家独立し、荒汐部屋を創設。元幕内・蒼国来などを育てた。大豊昌央 フレッシュアイペディアより)

  • ブフ

    ブフから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    朝青龍明徳(高砂部屋)の兄スミヤバザルや白鵬翔(宮城野部屋)の父ムンフバトはハルハ・ブフであり、代々木公園で毎年開催されるブフの大会に参加している蒼国来栄吉(荒汐部屋)はウジュムチン・ブフの潮流である。ブフ フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2010年1月場所の番付編成において、荒汐部屋初の関取となった新十両の蒼国来は、1974年(昭和49年)7月場所の清乃華以来36年ぶりの中国出身の関取となった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    2010年5月場所4日目、十両で蒼国来?春日王戦が組まれたが、二人は初めての対戦ということで、関取以上では史上初の中国出身力士と韓国出身力士の取組となった。また9月場所で蒼国来は新入幕、春日王は3月場所以来の再入幕で、初日早々、春日王(東13枚目)ー蒼国来(西13枚目)の割が組まれ、幕内でも同様に史上初の取組となった。取組 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た蒼国来栄吉蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉(荒汐部屋 中国・内モンゴル自治区出身) - 7戦全勝 優勝決定戦2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「蒼国来栄吉」のニューストピックワード